愛知県立明和高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
愛知県立明和高等学校
Aichi Prefectural Meiwa High School (south gate).jpg
過去の名称 【藩校】
明倫堂
学校
武揚学校
【旧制中学校】
私立明倫中学校
愛知県立明倫中学校
愛知県明倫中学校
愛知県立明倫高等学校
【高等女学校】
愛知県立高等女学校
愛知県立第一高等女学校
愛知県第一高等女学校
愛知県立第一女子高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
学区 普通科:尾張2群Aグループ
音楽科:専門学科Aグループ
併合学校 愛知県立明倫高等学校
愛知県立第一女子高等学校
設立年月日 1899年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
音楽科
学期 2学期制
高校コード 23102K
所在地 461-0011
愛知県名古屋市東区白壁二丁目32番6号は
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛知県立明和高等学校(あいちけんりつ めいわこうとうがっこう, Aichi Prefectural Meiwa High School)は、愛知県名古屋市東区白壁二丁目に所在する県立高等学校

概要[編集]

歴史
1749年寛延2年)創設の「学問所」、1783年天明3年)尾張藩創設の藩校明倫堂」の流れをくむ旧制中学校「明倫中学校」を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革により、新制高等学校「愛知県立明倫高等学校」(男子校)となった後すぐに、高等女学校を前身とする「愛知県立第一女子高等学校」と統合され、現校名となった。なお校名「明和」の由来は、旧制・明倫の「明」と第一高等女学校の同窓会「和楽会」の「和」を組み合わせたものである。
設置課程・学科
全日制課程 2学科(1学年あたりの定員 9学級360名)
  • 普通科 - 8学級320名、高校3年次に文理選択が行われ、例年文系3-4学級、理系4-5学級に分かれる。
  • 音楽科 - 1学級40名
定時制課程 1学科
  • 普通科(夜間)
校地
立地は名古屋都心で、周辺には官庁街やオフィスビルが多数立地する中にある。校地は尾張藩家老成瀬隼人正の中屋敷跡、旧愛知一中(現愛知県立旭丘高校)、旧愛知県立第一高女(前身校のひとつ)の校地であり、名古屋城を望むこともできる。
教育目標
「広い視野からものを考え、自主的精神に満ち、自律的に生活できる、心身ともに健康にして情操豊かな国民の育成を期する」者を育成するために
  1. 広く学び、深く考える態度を培い、純真な感性を養う。
  2. 強い克己心を持ち、社会的存在としての自己の責任を自覚し、遂行できる能力を養う。
  3. 自己の特性を自覚し、自発的に学習できる態度を育てる。
  4. 自ら身体を鍛え、生命を尊ぶとともに、たくましく生き抜く気力を養う。
  5. 親和と友愛を持って敬信・慈愛の気溢れる学校生活の実現に努める。
なお、明確な「校訓」というものが存在しない。
校歌
作詞は深尾須磨子、作曲は中田喜直[1]による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「明和」が登場する。なおこれとは別に応援歌なる物も存在する。
制服
  • 全日制課程 - 男子冬服は黒の詰襟学生服(学ラン)、女子冬服は太い一本ラインが県一高女時代の名残。
  • 定時制課程 - ない。
授業・教育課程など
  • 全日制課程
    • 二期制。夏休みはあり秋休みはない。2008年(平成20年)度から全授業50分授業となり、火・金の2日が6時間、月・水・木の3日が7時間。
    • 2006年(平成18年)度よりクーラーが設置され、毎年7月初旬から始動される(設定温度は28度)。それに伴い全学年で長期休暇中に任意の「学力補充講座」が開くことが出来るようになった。
    • 土日祝日、長期休暇中などは軽装(私服)で登校する生徒が多い。
    • 体育の授業では毎回「明和体操」を行う。
    • 校内の中心にある購買は2時限目の放課から昼食時まで開いている。昼休みは校外へ出ることが許可されている。
  • 定時制課程
    • 三期制。夜間定時制で45分授業の4時間。最初に給食(夕食)があり、食堂で食べる。
    • 修業年限は4年であるが、通信制課程を設置している高校で合わせて併修(定通併修)したり、高校卒業程度認定試験を利用したりすることによって、全日制課程と同じように3年で卒業することもできる。

進学状況[編集]

進路としては、地元の名古屋大学に例年名古屋市内の高校で最多の合格者数を出すなどきわめて地元志向が強いが、関東圏・関西圏の大学へ進学するものもいる。

2016年度の合格者数は、地元の名古屋大学が78名、(関東圏)東京大学が9名、慶應義塾大学が16名、早稲田大学が30名、(関西圏)京都大学が22名、大阪大学が12名であった(含浪人)。

沿革[編集]

旧藩校・旧制中学校・新制高等学校(男子校)時代
  • 1749年寛延2年)11月15日 - 徳川宗勝、「学問所」を創設する。
  • 1783年天明3年)5月1日 - 徳川宗睦、「明倫堂」を創設し細井平洲を初代督学(校長)とする。
  • 1869年(明治2年) - 明倫堂の呼称を改め、単に「学校」と称する。
  • 1871年(明治4年)10月10日 - 明倫堂聖堂が売却される。
  • 1889年(明治22年)- 「武揚学校」が開校(詳細不明)。
  • 1899年(明治32年)11月20日 - 私立明倫中学校の設立が認可される。初代校主は徳川義礼
  • 1900年(明治33年)4月1日 - 「私立明倫中学校」が開校。初代校長は海部昂蔵。修業年限を5年、入学資格を12歳以上の高等小学校2年修了者とする。
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 小学校令の改正により、入学資格を12歳以上の尋常小学校(6年)卒業者とする(尋常小学校の課程が2年延長されたため)。
  • 1919年(大正8年)2月21日 - 愛知県へ移管され、「愛知県立明倫中学校」と改称。
  • 1922年(大正11年)5月1日 - 「愛知県明倫中学校」に改称(「立」が除かれる)。
  • 1921年(大正10年)8月 - 第7回全国中等学校優勝野球大会夏の甲子園大会の前身)に出場。
  • 1934年(昭和9年)4月1日 - 夜間中学校(夜間定時制の前身)を設置。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、入学資格を12歳以上の国民学校初等科修了者とする。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限を従来の5年から4年に短縮する。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月 - 5年生(1940年(昭和15年)入学生)と4年生(1941年(昭和16年)入学生)の合同卒業式を挙行。
    • 4月1日 - 戦時教育令により、昭和20年度の授業が(1年間)停止される。後に戦況の更なる悪化で、無期限での授業停止が命じられる。ただし勤労動員は継続。
    • 9月 - 終戦により、教育二関スル戦時非常措置方策や戦時教育令等が廃止され、平時授業が再開されることになる。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限が5年に戻る(4年修了時点で卒業することもできた)。学制改革を1年後に控え、この時の入学生が旧制中学校最後の入学生となる。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革が行われる(旧制中学校1~3年を廃止し、新制中学校1~3年を設置)。
    • 旧制中学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設(以下:併設中学校)し、旧制中学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 旧制中学校3・4年修了者はそのまま在籍し、4・5年生となった(4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革が行われる(旧制中学校4・5年を廃止し、新制高等学校1~3年を設置)。
    • 旧制中学校が廃止され、新制高等学校愛知県立明倫高等学校」(男子校)が発足。
      • 旧制中学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業生(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
      • 併設中学校は新制高校に継承され(名称:愛知県立明倫高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に旧制中学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
高等女学校・新制高等学校(女子校)時代
  • 1903年(明治36年)3月1日 - 「愛知県立高等女学校」が設置される。
  • 1915年(大正4年)4月1日 - 県内に高等女学校が新設されたため、「愛知県立第一高等女学校」と改称。
  • 1922年(大正11年)5月1日 - 「愛知県第一高等女学校」に改称(「立」が除かれる)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革が行われる(高等女学校1~3年を廃止し、新制中学校1~3年を設置)。
    • 高等女学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設(以下:併設中学校)し、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 高等女学校3・4年修了者はそのまま在籍し、4・5年生となった(4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革が行われる(高等女学校4・5年を廃止し、新制高等学校1~3年を設置)。
    • 高等女学校が廃止され、新制高等学校愛知県立第一女子高等学校」が発足。
      • 高等女学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業生(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
      • 併設中学校は新制高校に継承され(名称:愛知県立第一女子高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に高等女学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
統合・新制高等学校(男女共学)
  • 1948年(昭和23年)10月1日 - 公立高校再編により、上記2校が統合され、「愛知県立明和高等学校」となる。男女共学を開始。
    • 旧・第一女子高校の校地・校舎(現在地)を継承。
    • 旧・明倫高校の校地は1952年(昭和27年)より愛知県立愛知商業高等学校が使用している[2]
    • 併設中学校も統合された(名称:愛知県立明和高等学校併設中学校)。
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月31日 - 併設中学校が廃止される。
    • 4月1日 - 高校三原則(学区制・総合制・男女共学制)に基づく公立高校再編により、総合制高等学校となる。
      • 通常課程(普通課程・商業課程・家庭課程)、夜間課程(普通課程)を設置[3]
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 通常課程に音楽課程を新設。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 商業科の募集を停止(1955年(昭和30年)3月31日廃止)。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 家庭科の募集を停止(1956年(昭和31年)3月31日廃止)。
  • 1956年(昭和31年)4月 - 名古屋市と尾張部一円が普通科の学区となる。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 学校群制度による1期生入学。中村高校と名古屋6群、松蔭高校と名古屋7群を組む。
  • 1989年(平成元年)4月 - 複合選抜入試制度による1期生入学。普通科は尾張2群Aグループに、音楽科は専門学科Aグループに属する。
  • 2011年(平成23年)4月 - SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受ける。

学校行事[編集]

全日制課程
2学期制
明和祭
毎年、9月上旬に「体育祭」と「文化祭」がおこなわれる。2つをあわせて「明和祭」と称される。全学年とも夏休み前から準備に励む。体育祭は平日の一日をかけて、文化祭は土日も含めて3日間かけて行われる。企画・運営はすべて生徒主体で行われる。全て一般公開されており、招待状などは必要ない。
体育祭
1・2年によるマスゲームが行われる。また2m×2m×2mのオブジェの登場も大きな目玉である。各学年から1クラスずつ、計3クラスからなる組を1ブロックとし、A~Iまでの9つのブロックに分かれ、各ブロックはブロックカラー(赤・橙・黄・青・水色・白・緑・黒・桃)をテーマに様々な競技で点数を競い合う。3年生はブロックのテーマを象徴するブロック旗を作る。
文化祭
1・2年生はHR企画を、3年生は劇企画を披露することとなっている。また有志活動として部活動などの模擬店運営もある。また平成18年度からは生徒会による学校紹介も行われた。
クラスマッチ
7月と3月に2日間かけて行われる球技大会。各クラスごとにブロックカラー色のお揃いのクラスTシャツを着て競う。また、夏休みには卒業2年目の同窓生によって「ハタチマッチ」なるものが本校体育館にて伝統的に開催されている。

部活動[編集]

全日制課程
運動部
文化部
定時制課程
運動部
  • バスケットボール部
  • 陸上部
文化部
  • 演劇部
  • 合唱部

著名な出身者[編集]

政界[編集]

官僚・軍人[編集]

財界[編集]

学者[編集]

法曹[編集]

文芸[編集]

マスコミ・芸能[編集]

音楽[編集]

皇族[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の生徒会が強く懇願して作曲が実現した。
  2. ^ 愛知県立愛知商業高等学校ウェブサイト - 本校の沿革概要 2011年(平成23年)10月01日閲覧
  3. ^ 現在でいう全日制課程(普通科・商業科・家庭科)、定時制課程(夜間部)普通科。

外部リンク[編集]