安田亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安田 亨(やすだ とおる、1953年 - )は、日本数学教師

経歴[編集]

愛知県生まれ愛知県立明和高等学校卒業。東京大学工学部機械工学科卒業。1979年から1994年まで代々木ゼミナール講師。1994年から駿台予備学校講師。東進ハイスクール講師(一部の講習講座のみ担当)。大阪桐蔭高校客員講師。大数ゼミ講師[1]。『大学への数学』(東京出版)執筆者、『全国大学入試問題正解 数学』(旺文社)解説委員。2006年12月には、朝日新聞夕刊の「ニッポン人脈記」で紹介された。精神科医のゆうきゆうは甥である。

2019年現在は「安田亨とそのグループによる本の夢を作る会社 株式会社ホクソム」を立ち上げ、数学に関する書籍を多数販売している。

書籍[編集]

著書[編集]

  • 代々木ゼミ方式 『安田の微分.積分』;[初級]・[中級]・[上級](代々木ライブラリー)*2012年5月現在、廃刊
  • 『東大数学で1点でも多く取る方法』;[理系編]・[文系編](東京出版)
  • 『ハッとめざめる確率』(東京出版)
  • 『入試数学伝説の良問100―良い問題で良い解法を学ぶ』 (ブルーバックス)
  • 『安田亨が選ぶセンスをみがく良問54 数学Ⅰ・A』(旺文社)

共著[編集]

  • 『なっとくの高校数学―図形編』(日本評論社)/松本 眞共著
  • 月刊・『大学への数学』(東京出版)

監修[編集]

  • 『2011年受験用センター試験実戦問題集 数学Ⅰ・A』(旺文社)
  • 『2012受験用センター試験実戦問題集』;[数学Ⅰ・A]・[数学Ⅱ・B](旺文社)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「大数ゼミ」合格報告”. www.tokyo-s.jp. 2019年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]