章憲王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
章憲王
続柄 賀陽宮恒憲王第三王子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下→皇籍離脱
出生 1929年8月17日
日本の旗 日本 東京府東京市麹町区賀陽宮邸
死去 (1994-11-04) 1994年11月4日(65歳没)
日本の旗 日本 東京都多摩市
配偶者 山本良子
子女 賀陽章子
賀陽正憲
父親 賀陽宮恒憲王
母親 恒憲王妃敏子
テンプレートを表示

章憲王(あきのりおう、昭和4年(1929年8月17日 - 平成6年(1994年11月4日)は日本旧皇族賀陽宮恒憲王の第3王子。

生涯[編集]

1929年昭和4年)8月17日誕生。戦時中の1943年昭和18年)6月15日、明倫中(愛知県立明和高等学校)在学時に、三年の同期生700人と名古屋陸軍幼年学校を訪問した記録が残る。

1947年昭和22年)10月14日、11宮家の皇籍離脱が行われた際、王も皇籍を離脱、賀陽章憲となる(『官報』 第六二二六号 昭和二十二年十月十四日 告示 宮内府告示第十六号)。

戦後に学習院大学を卒業し、第一勧業銀行に勤務した。1994年平成6年)11月4日、心不全のため東京都多摩市内の病院で死去。

皇籍離脱後も皇室との繋がりは深く、長男賀陽正憲は、皇太子徳仁親王(第126代今上天皇)の御学友であった。正憲は民間企業に勤務した後宮内庁に入庁し、のち外務省に出向して在デンマーク日本大使館一等書記官を務め、その後、宮内庁の指示により外務省に転籍した。

血縁[編集]

関連項目[編集]

  • 賀陽宮
  • 家の光 - 戦前の雑誌。昭和19年11月号に疎開先で鍬を振るって農作業をする王の写真が掲載されている。