旧皇族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旧皇族(伏見宮系皇族)
民族 大和民族
出身地 日本の旗 日本京都府平安京
現居住地 東京都京都府
家祖 伏見宮栄仁親王
北朝第3代崇光天皇第1皇子
著名な人物 東久邇宮稔彦王
内閣総理大臣
親族 現在の皇室
→皇室との最近共通祖先
霊元天皇(女系含む)[注釈 1]
支流
伝統 皇位継承権者の予備血統

臣籍降下し華族となった者も含めて、多数の男系子孫がいる

旧皇族(きゅうこうぞく)とは、皇族を離れた者およびその男系子孫で特に、日本国憲法・現行皇室典範施行後の1947年昭和22年)10月14日臣籍降下(皇籍離脱)した11宮家51名(うち皇位継承者26名)およびその男系子孫である世襲親王家伏見宮の子孫及びその分家の子孫を指すことが多く、本項目ではこれらの人物及びその家について解説する。近代以前からの世襲親王家としての宮家の歴史も考慮して『旧宮家』と呼称されることも多い。

概要[編集]

該当の11宮家は、崇光天皇の皇子栄仁親王を祖とする世襲親王家・四親王家の一つである伏見宮とその分家である[1]明治維新以後の10余の宮家は、大正天皇から出た直宮3家以外はほとんどこの伏見宮とその分家であった[1]。その伏見宮邦家親王とし、すべて伏見宮家の分家であることから、「伏見宮系皇族」とも通称される。1889年(明治22年)2月11日に制定された皇室典範(いわゆる旧皇室典範)には、臣籍降下の規定が無く(永世皇族制)、邦家親王の皇子を中心に、数多くの宮家が創設された。

その後、1907年(明治40年)の皇室典範増補で臣籍降下が容認され、1920年(大正9年)制定の内規で、臣籍降下がさらに推進されるなどして、増減を経て、1947年時点では11宮家が存在していた。明治、大正、昭和前期にかけ、宮廷文化の一端を担い、また皇族軍人や名代としての慰問を通じて臣民と身近に接した。特に1913年(大正2年)以降は、全ての宮家が邦家親王の子孫で構成されていた。

1947年(昭和22年)5月の日本国憲法・皇室典範(現行)施行後、同年10月14日、これらの11宮家51名が臣籍降下した。以降、これらの旧宮家の構成員は、法的には一民間人であるが、皇室のかつての成員、親戚であることから、菊栄親睦会を通じて現皇室との交流を保っている。また、いわゆる「お妃候補」としてマスコミに取り上げられるほか、特に男性は皇位継承権(男系男子)を潜在的に保有しているとされることから、皇位継承問題に関して、皇籍復帰の可能性が議論されている。これらの人々を指し「元皇族」、その家を指し「旧宮家」ともいう。

この臣籍降下以降「皇籍離脱」の語が用いられる(臣籍降下の項を参照)。「旧皇族」とは、この皇籍離脱者の子孫も含めた総称で用いられることもある[注釈 2]


歴史[編集]

昭和天皇と旧宮家の面々

伏見宮系皇族の興り[編集]

室町時代、称光天皇が崩御し、近親の皇族が不在になった時、傍系の伏見宮家から後花園天皇が皇位を継承する(実際には北朝嫡流は伏見宮であった)。この時、天皇は伏見宮家を永代宮家とし、今後、時の天皇の近親者で皇位継承者が不在となった時には伏見宮家が皇位を継承するよう命じた。

その後、江戸時代前期にかけて、皇位継承権者を更に確保する目的で、桂宮有栖川宮閑院宮の3宮家が立てられ、伏見宮家と合わせて4つの世襲親王家が成立。皇位を継承する皇統とあわせて5本の血統(いずれも男系)が、互いの継承者を融通しつつ存続した。これらの宮号の継承者は時々の天皇の名目上の養子(猶子)として親王に任ぜられ、実際に皇位を継承したものもいる。

これらの皇位および宮号を継ぐ者以外は、その多くは仏門に入って子孫を残さないか(門跡寺院制度)、一部は臣下(公家)の養子として臣籍降下した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
93代天皇
後伏見天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北朝初代天皇
光厳天皇
 
北朝2代天皇
光明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北朝3代天皇
崇光天皇
 
北朝4代天皇
後光厳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代伏見宮
栄仁親王
 
北朝5代天皇
後円融天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代伏見宮
治仁王
 
3代伏見宮
貞成親王
 
100代天皇
後小松天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
101代天皇
称光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102代天皇
後花園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代伏見宮
貞常親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
103代天皇
後土御門天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代伏見宮
邦高親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
104代天皇
後柏原天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代伏見宮
貞敦親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
105代天皇
後奈良天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代伏見宮
邦輔親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
106代天皇
正親町天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代伏見宮
貞康親王
 
9代伏見宮
邦房親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皇太子
誠仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10代伏見宮
貞清親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
107代天皇
後陽成天皇
 
 
 
 
 
初代桂宮
智仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11代伏見宮
邦尚親王
 
13代伏見宮
貞致親王
 
12代伏見宮
邦道親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
108代天皇
後水尾天皇
 
初代有栖川宮
好仁親王
 
2代桂宮
智忠親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14代伏見宮
邦永親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
109代天皇
明正天皇
 
110代天皇
後光明天皇
 
111代天皇
(2代有栖川宮)
後西天皇
 
3代桂宮
穏仁親王
 
112代天皇
霊元天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15代伏見宮
貞建親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代桂宮
長仁親王
 
3代有栖川宮
幸仁親王
 
5代桂宮
尚仁親王
 
113代天皇
東山天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代桂宮
文仁親王
 
6代桂宮
作宮
 
5代有栖川宮
職仁親王
 
16代伏見宮
邦忠親王
 
18代伏見宮
邦頼親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代有栖川宮
正仁親王
 
 
 
 
 
114代天皇
中御門天皇
 
 
 
 
 
初代閑院宮
直仁親王
 
8代桂宮
家仁親王
 
 
 
 
 
6代有栖川宮
織仁親王
 
 
 
 
 
19代伏見宮
貞敬親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
115代天皇
桜町天皇
 
 
 
 
 
2代閑院宮
典仁親王
 
9代桂宮
公仁親王
 
 
 
 
 
7代有栖川宮
韶仁親王
 
 
 
 
 
20/23代伏見宮
邦家親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
117代天皇
後桜町天皇
 
116代天皇
桃園天皇
 
 
 
 
 
3代閑院宮
美仁親王
 
119代天皇
光格天皇
 
 
 
 
 
8代有栖川宮
幟仁親王
 
21代伏見宮
貞教親王
 
22/24代伏見宮
貞愛親王
 
6代閑院宮
載仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
118代天皇
後桃園天皇
 
17代伏見宮
貞行親王
 
4代閑院宮
孝仁親王
 
120代天皇
仁孝天皇
 
10代桂宮
盛仁親王
 
9代有栖川宮
熾仁親王
 
10代有栖川宮
威仁親王
 
25代伏見宮
博恭王
 
7代閑院宮
春仁王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代閑院宮
愛仁親王
 
121代天皇
孝明天皇
 
12代桂宮
淑子内親王
 
11代桂宮
節仁親王
 
栽仁王
 
博義王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
122代天皇
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26代伏見宮
博明王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
123代天皇
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
124代天皇
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
125代天皇
明仁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
126代天皇
徳仁
 
皇嗣
文仁親王


宮門跡[編集]

室町時代から江戸時代にかけては皇嗣、世襲宮家の継承者、臣籍降下したもの以外の皇親(皇族)はゆかりの門跡寺院に入寺得度することが常例となった(門跡制度)。

幕末期、慶応4年5月(1868年7月)の上野戦争の際、旧幕臣とともに寛永寺(現:東京都台東区)に立てこもった輪王寺宮公現法親王(のちの北白川宮能久親王)が著名である。

近世[編集]

歴代当主はその時々の天皇の名目上の養子(猶子)として親王に任ぜられ、皇位継承権を有した。江戸中期から幕末にかけて、実際に天皇の候補とされた当主も2人いた。

また、宮家に当主不在の時は天皇の皇子(貞行親王)が伏見宮家に入ったり、天皇の皇女(福子内親王秋子内親王)が伏見宮家に降嫁している[3]

幕末の宮廷においても伏見宮は伏見殿と呼ばれ代々の天皇家の出身宮家として天皇と同様な存在とみなされていたという[4]

嘉永七年に御所で火事が起きると青蓮院門跡となっていた(伏見宮)朝彦はいち早く孝明天皇が避難していた下賀茂神社に駆け付け、青蓮院を内親王の仮住まいに提供し、天皇の信頼を得た[5]。以降、朝彦は青蓮院門跡のまま孝明天皇の相談相手、政治顧問となり文久二年には「国事御用掛」に任命された[6]。文久三年には還俗して内旨により「中川宮」を賜り[7]、天皇の意を呈して八・一八政変を主導し過激な尊攘派の公家達を宮廷から追放した(七卿落ち[8]。この後、孝明天皇から「朝彦」の名前を賜り、引っ越し先の屋敷の栢(かや)の木から「賀陽宮」とあらため宮廷内の公武合体派の重鎮として[9]孝明天皇を補佐した。 なお朝彦親王は伏見宮を南朝の血筋と語っていたこともあるという[10]

幕末には伏見宮出身の輪王寺宮公現法親王奥羽越列藩同盟の盟主として「東武皇帝」として即位していたという説もある[11]

近代[編集]

明治維新と前後して、伏見宮家の第19代貞敬親王および第20代・第23代邦家親王の王子が還俗して、新たな宮号を下賜され、あるいは継嗣のいない宮家を相続した。ただし、この時期に新立した宮家に関しては1代限りとして、2代目からは臣籍降下させて華族に列することとし、世襲は想定されていなかった。しかし、明治天皇の男子で成長したのが嘉仁親王(のちの大正天皇)だけであったことから、安定的な皇位継承を果たすべく、明治天皇自身の意向もあり新規にたてられた宮家が存続されることになった[12]。この後、四宮家のうち閑院宮家桂宮家有栖川宮家が相次いで断絶、対して伏見宮系統の宮家からは分家による新宮家の創設が相次いだことにより、皇室に残った血統が、明治天皇の直系のそれと、伏見宮邦家親王の子孫のそれとの二本になったことから、特に後者に属する皇族を指して「伏見宮系」と称されるようになった。

その後、大正天皇は無事に成人、四人の男子に恵まれ、明治天皇の直系による皇位継承の目途がひとまずついたことから、伏見宮系の宮家の増加に抑制が加えられ、傍系の男性皇族の臣籍降下が行われていた。

近代の皇族には王政復古の影響やヨーロッパの王侯貴族に倣い男性皇族には軍務に就いて国家に貢献することが義務付けられていた(「皇族身位令」)。

1945年の終戦時には、昭和天皇の求めにより、皇族一同が平和達成の目的のため協力、各地の戦地に派遣されて天皇の意思を伝え、日本軍降伏の任にあたった[13]。また12月には天皇の意を受けて歴代天皇陵に各皇族が分担して終戦の報告、代拝を行った[14]。同月には梨本宮守正王が連合国から戦犯指定を受けて巣鴨拘置所に収監された(1947年3月に釈放)[15]。梨本宮の戦犯指定は天皇にも戦争責任が及ぶのではないかという危惧を日本国民に与え、当時の日本社会に大ショックをもたらしたという。本人も天皇の名代であると認識していた[16]。 いずれも敗戦という国難に旧皇族が天皇の名代として「ノブレス・オブリージュ」の責務を果たしたと評価される[17]。 連合国の占領政策により天皇にもしものことがあった場合に備えて陸軍中野学校出身者によって北白川宮道久王を新潟県某所に匿う皇統護持作戦も計画されていた[18]

皇籍離脱へ[編集]

これらの宮家の全員が臣籍降下(皇籍離脱)することになった直接的な契機は、1945年(昭和20年)の敗戦である。敗戦直後に短期間首相をつとめた東久邇宮稔彦王は、辞任した直後に敗戦の道義的責任として自らの臣籍降下を昭和天皇に願い出ており、さらにそのことをマスコミにも語り、他の皇族も自分にならうことを求めたために、宮内省があわてて否定の声明を出した。また、賀陽宮恒憲王も天皇に同様の申し入れをしている。

より直接的な原因は、GHQの指令により皇室財産国庫に帰属させられることになり、従来の規模の皇室を維持できなくなったことである。皇室の活動にかかる予算は基本的に政府の一般会計から支出されていたが、その額は明治43年度(1910年度)に450万円で固定され、昭和22年まで変更されなかった。その間、財政規模の拡大にともなう差額は山林有価証券農地などの皇室独自の財源からまかなわれており、終戦前後の皇室の財政規模は約2500万円と、予算の大部分を占めるまでになっていた。これらの独自の財源が国庫に帰属したことにより、皇室はその活動費の大半を失ったのである。さらに戦争とはほとんど関りがなかった梨本宮戦争犯罪人に指定されて逮捕されると、天皇本人が戦争犯罪人指定されることに危機感を強めた宮内府官僚らは重臣らの反対があったものの天皇を守るためとして十一宮家の皇籍離脱、臣籍降下の計画を進めた[19]

この時点で、宮家は昭和天皇の弟宮である秩父高松三笠の3宮家(直宮家)と、伏見宮系統の11宮家があった。直宮は残すとして、その他にも、香淳皇后の実家である久邇宮家や、昭和天皇の第一皇女成子内親王の婚家である東久邇宮家などの一部の宮家に関しては皇室に残す案も重臣からは出た。しかし最終的には、伏見宮系の11宮家は全て皇籍離脱させることになった。

万が一にも皇位を継ぐべきときが来るかもしれないとの御自覚の下で身をお慎しみになっていただきたい[20] — 昭和22年、加藤進宮内次長の言葉

1947年(昭和22年)1月16日皇室典範(現行)が公布、同年5月3日日本国憲法と同日に施行された。そして、同年10月14日、皇室典範の規定に基づいて11宮家51名の皇籍離脱が行われた。これは、

  • 第11条第1項「その意思に基き、皇室会議の議により」
  • 第11条第2項「やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により」

及び

  • 第14条「その意思により」
  • 第13条「皇族の身分を離れる親王又は王の妃並びに直系卑属及びその妃は、他の皇族と婚姻した女子及びその直系卑属を除き、同時に皇族の身分を離れる」

によって、形式上、離脱する皇族それぞれの自発的な意思によるものとして行なわれた。

旧皇族たちは10月18日に宮中三殿を拝礼し、その後、昭和天皇香淳皇后貞明皇后への朝見の儀[21]とお別れの夕食会が行われた[22]


皇籍離脱後の旧皇族[編集]

民間人としての動静[編集]

「旧皇族」の人々は、皇籍離脱後は、それぞれ宮号から「宮」の字を除いたものを名字として名乗り、民間人としての生活を始めた。旧皇族は世間の注目を避けて静かに生活してきた者がほとんどだった。1950年(昭和25年)には、久邇通子、伏見章子、北白川肇子の3名が光文社の少女誌『少女』1月号中「元女王さまの座談会」で質素な近況を話している。

財産税の賦課を受けてほとんどの者が資産の多くを失い、経済的な困窮に苦しんだ者もいる。臣籍降下から10年余りが経過した1958年(昭和33年)時点では、瓜生順良宮内庁次長は国会で、旧皇族は宮内庁が特別の世話をする対象ではないとした上で「相談相手になるということもございます」「元皇族の方で相当経済的にもお困りの方もあるようでございます」と答弁しており[23]、宮内庁側も認知していたことを明らかにしている。

一方、自らの努力やその人脈・婚姻により社会的・経済的に高い地位を維持する者(家)もある。

神道関係者では、北白川房子(明治天皇第七皇女)は女性初の神宮祭主に就任し、以後、神宮祭主は皇籍を離れた皇女が務めることが慣例となった。また、伊勢神宮大宮司には久邇邦昭北白川道久が就任している。

竹田恒治のように外交官として公的な要職に就いた者もいる。さらに旧皇族の子孫として、竹田恒和はオリンピック選手(のちJOC会長)として、その息子竹田恒泰は著作や講演・テレビ出演等により、積極的に活動をしている者もいる(詳細は後述→#著名な活動がある旧皇族(戦後))。

一方、久邇朝融(香淳皇后の兄)は1947年(昭和22年)に時事新報による皇后の単独会見記事の捏造に関与し、皇后が自ら取材を否定する事態となった[24]。また元首相の東久邇稔彦は住居地を巡って、1962年(昭和37年)6月27日に政府を相手に所有権確認の訴訟を行い、このことは国会でも取り上げられた[25]

「お妃候補」[編集]

1952年(昭和27年)に明仁親王(当時、のち第125代天皇、現上皇)が立太子を迎えて以降、1950年代には旧皇族の複数の少女たちが「お妃候補」であるとしてマスコミ取材を受けた[26]

うち北白川肇子は最有力者として、特に世間の注目を受けている(本人の項目を参照)。東宮侍従だった黒木従達によれば、実際に先例及び旧皇室典範に倣い、旧皇族(11宮家)及び五摂家から「お妃候補」を選定しようとしたが、血縁の近さや、遺伝性の病気の有無等がネックになり、結局誰も候補者が残らなかった[27]。また黒木は、有力な候補者だった「元皇族令嬢」は近縁であることを理由に、早期に候補者から外していたとしている[28]

昭和末期、浩宮徳仁親王(当時、現今上天皇)が成年を迎えた1980年代以降も、旧皇族の末裔にあたる女性たちが「お妃候補」として名指しで報じられていた[29]

皇室との関わり[編集]

皇籍を離脱した後も「皇室の親戚」という立場には変わりがなく(後述)、宮中祭祀や宮中行事に各家の当主が出席するなど[注釈 3]、天皇や皇族と同席する場面が多々ある[30]。また、北白川祥子賀陽正憲など、宮内庁に勤務して時の天皇に仕えた者もいる。

公的な行事以外にも、私的な付き合いは続いており、現皇族・旧皇族をメンバーとして結成された親睦団体の菊栄親睦会を介して、皇室の慶事などで交流する機会をもっている。 特に東久邇家は、昭和天皇の第一皇女照宮成子内親王の婚家であったことから交流が深かった[31][32][31]

久邇朝融(香淳皇后の兄)や、東久邇成子東久邇盛厚夫妻の比翼塚[33]など、一部の旧皇族は豊島岡墓地に葬られている。

皇室・旧宮家との近親関係

天皇の男系子孫であると同時に、女系で現在の皇室と近しい或いは非常に近しい親族関係にある。

旧皇族の皇籍復帰をめぐって[編集]

1965年(昭和40年)の秋篠宮文仁親王の誕生以来、2006年(平成18年)の悠仁親王の誕生までの41年間、男子の誕生がなかった。一方、現行の皇室典範の規定では、男系の男子しか皇位を継承することができないため、近い将来に皇位継承資格者が存在しなくなる皇位継承問題が予想されている。この問題へのひとつの対処として、旧皇族から男系男子を補充して皇族の数を維持しようという案が提示されている。昭和22年10月14日に皇籍離脱した旧皇族については現行皇室典範の下での皇位継承者であったが、その実現には特別法の制定あるいは法改正が必要である。具体的な方法については、①旧皇族男性を現在の皇族の養子とする。②旧皇族中の男系男子を未婚の皇族女子と結婚させる。③旧皇族を法律により直接皇族とする。などの案が提示されている。

小泉純一郎首相の私的諮問機関皇室典範に関する有識者会議」は旧皇族男性を養子にする案については「当事者の意思により継承順位が左右され、一義性に欠ける」として否定的見解が出された。立場上の問題から、旧皇族が積極的に皇位継承問題に関する意見を表明することはなく、メディアからの質問に対しては、無回答で返すのが常になっている[34]

ただし近代以前の朝廷では、皇籍復帰例が複数ある(臣籍降下#皇籍復帰)。直近最後の例は清棲家教であり、旧皇族と同じく伏見宮邦家親王の子である。幼少期に臣籍降下し澁谷家教となっていたが、1888年(明治21年) 6月28日に伏見宮家に復帰し、同日付で清棲家教伯爵となった。旧皇室典範では、離脱も復帰も定義されていなかったが、先述の通り1907年(明治40年)の皇室典範増補によって皇籍復帰は禁じられた。現行の皇室典範でも、第11~14条で離脱は定義されているが、復帰は規定されていない(第15条により「皇族以外の者」は婚姻の他、皇族となることができない)。

かつての皇族の中に社会的に尊敬される人がおり、それを国民が認めるならその人が皇位についてはどうでしょうか[35]。しかし、適任の方がおられなければ、それはが皇室を不要と判断されるのでしょう。 — 加藤進・宮内次長。11宮家の皇籍離脱についての重臣会議において、「皇統が絶えることになったなら」と懸念する鈴木貫太郎元首相に対して[36]

令和3年(2021年)、菅義偉内閣の下で『「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議』が開催され、全13回の会議の後、報告書が作成され岸田文雄内閣に提出された。この有識者会議の開催により2004年(平成16年)の小泉内閣時代に行われた「皇室典範に関する有識者会議」における皇位継承の議論の内容は全面的に更新され、①内親王・女王が婚姻後も皇族の身分を保持する、②皇族には認められていない養子縁組を可能とし、皇統に属する男系の男子を皇族とする、③皇統に属する男系の男子を法律により直接皇族とすること、の3案が政府案として決定されている。

*なお、旧皇族が臣籍降下前に公布された現行皇室典範第二条二項の「最近親の系統の皇族」とは旧皇族のことを指しており、法的経緯を踏まえると、旧宮家の男性を皇位継承の「特別な有資格者」とみなすことができるという見解もある[37]

※令和5年11月15日、内閣法制局は衆院内閣委員会で、皇統に属する男系男子を皇族とするのは、門地(家柄)による差別を禁じた憲法14条に抵触しないとの見解を示した。安定的な皇位継承策を巡り浮上する皇族の養子縁組を認め、旧皇族男系男子が皇族復帰する案に関し「憲法14条の例外として認められた皇族という特殊な地位の取得で、問題は生じないと考えている」と答弁した。

旧皇族の構成[編集]

宮家一覧[編集]

宮家 読み 創始年 初代当主 離脱時
の当主
現在
の当主
備考
初代の続柄 初代の
世数[注釈 4]
伏見宮 ふしみ 1456年[注釈 5] 崇光天皇第1皇子 1世 栄仁親王 博明王 博明王に男子がおらず、断絶見込み。(参照
閑院宮 かんいん 1718年 東山天皇第6皇子 1世 直仁親王 春仁王 春仁王に男子がおらず、すでに断絶。(参照
山階宮 やましな 1864年 伏見宮邦家親王第1王子 15世 晃親王 武彦王 武彦王に男子がおらず、すでに断絶。(参照
北白川宮 きたしらかわ 1870年[注釈 6] 伏見宮邦家親王第13王子 15世 智成親王 道久王 道久王に男子がおらず、すでに断絶。(参照
梨本宮 なしもと 1871年[注釈 7] 伏見宮貞敬親王第10王子 14世 守脩親王 守正王 守正王に男子がおらず、すでに断絶。(参照
久邇宮 くに 1875年 伏見宮邦家親王第4王子 15世 朝彦親王 朝融王 邦昭 男系の子孫としては、邦昭の孫世代に男子1人あり。(参照
賀陽宮 かや 1892年 久邇宮朝彦親王第2王子 16世 邦憲王 恒憲王 正憲 男系の子孫としては、正憲に2男あり。(参照
東伏見宮 ひがしふしみ 1903年 伏見宮邦家親王第17王子 15世 依仁親王 依仁親王妃周子 依仁親王に男子がおらず、すでに断絶。
朝香宮 あさか 1906年 久邇宮朝彦親王第8王子 16世 鳩彦王 誠彦 男系の子孫としては、誠彦に1男あり。(参照
東久邇宮 ひがしくに 1906年 久邇宮朝彦親王第9王子 16世 稔彦王 征彦 男系の子孫としては、征彦の子世代に男子4人あり。(参照
竹田宮 たけだ 1906年 北白川宮能久親王第1王子[注釈 8] 16世 恒久王 恒徳王 恒正 男系の子孫としては、恒正の子世代に男子5人あり。(参照

旧皇族の系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
93代天皇
後伏見天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北朝初代天皇
光厳天皇
 
北朝2代天皇
光明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北朝3代天皇
崇光天皇
 
北朝4代天皇
後光厳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
栄仁親王
 
北朝5代天皇
後円融天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
治仁王
 
伏見宮
貞成親王
 
100代天皇
後小松天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
101代天皇
称光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102代天皇
後花園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
貞常親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
〔現皇室〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
邦家親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山階宮
晃親王
 
 
 
 
 
久邇宮
朝彦親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北白川宮
能久親王
 
伏見宮
貞愛親王
 
閑院宮
載仁親王
 
東伏見宮
依仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山階宮
菊麿王
 
賀陽宮
邦憲王
 
久邇宮
邦彦王
 
梨本宮
守正王
 
朝香宮
鳩彦王
 
東久邇宮
稔彦王
 
竹田宮
恒久王
 
北白川宮
成久王
 
伏見宮
博恭王
 
閑院宮
春仁王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山階宮
武彦王
 
賀陽宮
恒憲王
 
久邇宮
朝融王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹田宮
恒徳王
 
北白川宮
永久王
 
伏見宮
博義王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北白川宮
道久王
 
伏見宮
博明王
註:曙色背景は皇籍離脱時の当主。東伏見宮家は依仁親王はすでに薨去しており、未亡人の周子妃が当主。

皇室典範増補による臣籍降下の規定のうち、当てはまる皇族が準則の廃止まで一人も存在しなかったため、「皇玄孫の系統四世(5~8世)以内の長子孫以外」の降下の例はない[注釈 9]

1947年(昭和22年)に臣籍降下した51名の一覧
宮家 読み 身位 年齢 備考
伏見宮 博明 ひろあき 2/ 16 1/第26代当主
博義王第1男子。
朝子 ときこ 4/王妃 46 博義王妃。
光子 みつこ 女王 19 博義王第1女子。
章子 あやこ 女王 14 博義王第2女子。
閑院宮 春仁 はるひと 2/ 46 1/第7代当主
載仁親王第2男子。
直子 なおこ 4/王妃 40 春仁王妃。
山階宮 武彦 たけひこ 2/ 50 1/第3代当主
菊麿王第1男子。
北白川宮 道久 みちひさ 2/ 11 1/第5代当主
永久王第1男子。
房子 ふさこ 3/内親王
王妃
58 3代当主の成久王妃。
明治天皇第7皇女。
祥子 さちこ 4/王妃 32 4代当主の永久王妃。
肇子 はつこ 女王 9 永久王第1女子。
梨本宮 守正 もりまさ 2/ 74 1/第3代当主
久邇宮朝彦親王第4男子。
伊都子 いつこ 4/王妃 66 守正王妃。
久邇宮 朝融 あさあきら 2/ 47 1/第3代当主
邦彦王第1男子。
俔子 ちかこ 4/王妃 69 邦彦王妃。
静子 しずこ 4/王妃 64 多嘉王妃。
朝子 あさこ 女王 21 朝融王第2女子。
邦昭 くにあき 2/ 19 朝融王第1男子。
通子 みちこ 女王 15 朝融王第3女子。
英子 ひでこ 女王 11 朝融王第4女子。
朝建 あさたけ 2/ 8 朝融王第2男子。
典子 のりこ 女王 7 朝融王第5女子。
朝宏 あさひろ 2/ 4 朝融王第3男子。
賀陽宮 恒憲 つねのり 2/ 48 1/第2代当主。
邦憲王第1王子。
敏子 としこ 4/王妃 45 恒憲王の妃。
邦寿 くになが 2/ 26 恒憲王第1男子。
治憲 はるのり 2/ 22 恒憲王第2男子。
章憲 あきのり 2/ 19 恒憲王第3男子。
文憲 ふみのり 2/ 17 恒憲王第4男子。
宗憲 むねのり 2/ 16 恒憲王第5男子。
健憲 たけのり 2/ 6 恒憲王第6男子。
東伏見宮 周子 かねこ 4/王妃 72 初代当主依仁親王妃。
朝香宮 鳩彦 やすひこ 2/ 61 1/初代当主
久邇宮朝彦親王第8男子。
孚彦 たかひこ 2/ 36 鳩彦王第1男子。
千賀子 ちかこ 4/王妃 27 孚彦王妃。
冨久子 ふくこ 女王 7 孚彦王第1女子。
誠彦 ともひこ 2/ 5 孚彦王第1男子。
美仍子 みのこ 女王 3 孚彦王第2女子。
東久邇宮 稔彦 なるひこ 2/ 61 1/初代当主
久邇宮朝彦親王第9男子。
聡子 としこ 3/内親王
王妃
52 稔彦王妃。
明治天皇第9皇女。
盛厚 もりひろ 2/ 32 稔彦王第1男子。
成子 しげこ 3/内親王
王妃
23 盛厚王妃。
昭和天皇第1皇女。
信彦 のぶひこ 2/ 3 盛厚王第1男子。
文子 ふみこ 女王 2 盛厚王第1女子。
俊彦 としひこ 2/ 19 稔彦王第4男子。
竹田宮 恒徳 つねよし 2/ 39 1/第2代当主
恒久王第1男子。
光子 みつこ 4/王妃 33 恒徳王妃。
恆正 つねただ 2/ 8 恒徳王第1男子。
恒治 つねはる 2/ 4 恒徳王第2男子。
素子 もとこ 女王 6 恒徳王第1女子。
紀子 のりこ 女王 5 恒徳王第2女子。

臣籍降下時点における皇位継承順位[編集]

大正天皇とする
伏見宮邦家親王とする
順位 皇位継承資格者 読み 性別 生年月日/当時の年齢 続柄
 
第1位 継宮明仁親王 つぐのみや あきひと 男性 1933年12月23日
(昭和08年)
13歳 親等1/昭和天皇第1皇男子
第2位 義宮正仁親王 よしのみや まさひと 男性 1935年11月28日
(昭和10年)
11歳 親等1/昭和天皇第2皇男子
第3位 秩父宮雍仁親王 ちちぶのみや やすひと 男性 1902年06月25日
(明治35年)
45歳 親等2/皇弟 / 大正天皇第2皇男子
第4位 高松宮宣仁親王 たかまつのみや のぶひと 男性 1905年01月03日
(明治38年)
42歳 親等2/皇弟 / 大正天皇第3皇男子
第5位 三笠宮崇仁親王 みかさのみや たかひと 男性 1915年12月02日
(大正04年)
31歳 親等2/皇弟 / 大正天皇第4皇男子
第6位 寬仁親王 ともひと 男性 1946年01月05日
(昭和21年)
1歳 親等3/ / 三笠宮崇仁親王第1男子
第7位 伏見宮博明王 ふしみのみや ひろあき 男性 1932年01月26日
(昭和07年)
15歳 伏見宮博義王第1男子
第8位 山階宮武彦王[注釈 10] やましなのみや たけひこ 男性 1898年02月13日
(明治31年)
49歳 山階宮菊麿王第1男子
第9位 賀陽宮恒憲王 かやのみや つねのり 男性 1900年01月27日
(明治33年)
47歳 賀陽宮邦憲王第1男子
第10位 邦寿王 くになが 男性 1922年04月21日
(大正11年)
25歳 賀陽宮恒憲王第1男子
第11位 治憲王 はるのり 男性 1926年07月03日
(大正15年)
21歳 賀陽宮恒憲王第2男子
第12位 章憲王 あきのり 男性 1929年08月17日
(昭和04年)
18歳 賀陽宮恒憲王第3男子
第13位 文憲王 ふみのり 男性 1931年07月12日
(昭和06年)
16歳 賀陽宮恒憲王第4男子
第14位 宗憲王 むねのり 男性 1935年11月24日
(昭和10年)
11歳 賀陽宮恒憲王第5男子
第15位 健憲王 たけのり 男性 1942年08月05日
(昭和17年)
5歳 賀陽宮恒憲王第6男子
第16位 久邇宮朝融王 くにのみや あさあきら 男性 1901年02月02日
(明治34年)
46歳 久邇宮邦彦王第1男子
第17位 邦昭王 くにあき 男性 1929年03月25日
(昭和04年)
18歳 久邇宮朝融王第1男子
第18位 朝建王 あさたけ 男性 1940年05月11日
(昭和15年)
7歳 久邇宮朝融王第2男子
第19位 朝宏王 あさひろ 男性 1944年10月07日
(昭和19年)
3歳 久邇宮朝融王第3男子
第20位 梨本宮守正王 なしもとのみや もりまさ 男性 1874年03月09日
(明治07年)
73歳 久邇宮朝彦親王第4男子
第21位 朝香宮鳩彦王 あさかのみや やすひこ 男性 1887年10月20日
(明治20年)
59歳 久邇宮朝彦親王第8男子
第22位 孚彦王 たかひこ 男性 1912年10月08日
(大正元年)
35歳 朝香宮鳩彦王第1男子
母:鳩彦王妃允子内親王(明治天皇第8皇女)
第23位 誠彦王 ともひこ 男性 1943年08月18日
(昭和18年)
4歳 孚彦王第1男子
第24位 東久邇宮稔彦王 ひがしくにのみや なるひこ 男性 1887年12月03日
(明治20年)
59歳 久邇宮朝彦親王第9男子
第25位 盛厚王 もりひろ 男性 1916年05月06日
(大正05年)
31歳 東久邇宮稔彦王第1男子
母:稔彦王妃聡子内親王(明治天皇第9皇女)
第26位 信彦王 のぶひこ 男性 1945年03月10日
(昭和20年)
2歳 盛厚王第1男子
母:盛厚王妃成子内親王(昭和天皇第1皇女)
第27位 俊彦王 としひこ 男性 1929年03月24日
(昭和04年)
18歳 東久邇宮稔彦王第4男子
母:稔彦王妃聡子内親王(明治天皇第9皇女)
第28位 北白川宮道久王 きたしらかわのみや みちひさ 男性 1937年05月02日
(昭和12年)
10歳 北白川宮永久王第1男子
第29位 竹田宮恒徳王 たけだのみや つねよし 男性 1909年03月04日
(明治42年)
38歳 竹田宮恒久王第1男子
母:恒久王妃昌子内親王(明治天皇第6皇女)
第30位 恒正王 つねただ 男性 1940年10月11日
(昭和15年)
7歳 竹田宮恒徳王第1男子
第31位 恒治王 つねはる 男性 1944年08月03日
(昭和19年)
3歳 竹田宮恒徳王第2男子
第32位 閑院宮春仁王 かんいんのみや はるひと 男性 1902年08月03日
(明治35年)
45歳 閑院宮載仁親王第2男子

上記出典[40][41][42][43]

著名な活動がある旧皇族(戦後)[編集]

旧皇族
旧皇族の子孫
旧皇族の親族等

旧皇族邸[編集]

すべて都心6区に所在している。京都に別邸もある。

朝香宮邸(現:東京都庭園美術館)
京都御苑内、旧閑院宮邸
邸宅 建物 現在 所在地 位置
朝香宮邸 現存 東京都庭園美術館 東京都港区白金台 北緯35度38分12.8秒 東経139度43分8.7秒
賀陽宮邸 千鳥ケ淵戦没者墓苑 東京都千代田区三番町 北緯35度41分24秒 東経139度44分49秒
閑院宮邸 [注釈 11] 衆議院議長公邸参議院議長公邸  東京都千代田区永田町 北緯35度40分40.6秒 東経139度44分21.7秒
北白川宮邸 グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール 東京都港区高輪 北緯35度37分53.7秒 東経139度43分59.1秒
久邇宮邸 一部現存[注釈 12] 聖心女子大学構内パレス 東京都渋谷区広尾 北緯35度39分08.1秒 東経139度43分08.8秒
竹田宮邸 現存 グランドプリンスホテル貴賓館 東京都港区高輪 北緯35度37分54.3秒 東経139度44分08.3秒
梨本宮邸 東京都児童会館 東京都渋谷区渋谷 北緯35度39分42.9秒 東経139度42分13.1秒
東久邇宮邸 放火焼失 ホテルパシフィック東京 東京都港区高輪 北緯35度37分47.6秒 東経139度44分9.9秒
東伏見宮邸 現存 常陸宮 東京都渋谷区東 北緯35度39分27秒 東経139度42分46.5秒
伏見宮邸 ホテルニューオータニ 東京都千代田区紀尾井町 北緯35度40分51.123秒 東経139度44分2.2821秒
山階宮邸 ふじみこどもひろば 東京都千代田区富士見 北緯35度41分48.2秒 東経139度44分39.7秒

なお、プリンスホテルの社名は、ホテルの建物が旧皇族の手放した土地に立地していることに由来している。


フィクションにおける旧皇族・宮号[編集]

女王蜂横溝正史
1951年(昭和26年、連載当時の現代)の日本を舞台とした推理小説。作中のキーパーソンが連なる架空の旧宮家として「衣笠宮(きぬがさのみや)」が登場する。
豊饒の海三島由紀夫
第1巻『春の雪』に、「春日宮(かすがのみや)」「洞院宮(とういんのみや)」が登場する。
むらぎも(中野重治
主人公の東京帝国大学の同窓生として「村田ノ宮(むらたのみや)」が登場する。作者自身の自伝的小説であり、実際に中野と同学年に山階宮家の藤麿王が在学していた。

参考文献[編集]

  • 編集委員:北條誠酒井美意子、霜山操子『皇女照宮』秋元書房、1973年7月。ASIN B000J9GT2U 
  • 高橋紘『陛下、お尋ね申し上げます 記者会見全記録と人間天皇の軌跡』文藝春秋文春文庫〉、1988年3月。ISBN 978-4167472016 
  • 女性自身編集部 編『昭和の母皇太后さま : 昭和天皇と歩まれた愛と激動の生涯 : 保存版』光文社、2000年7月。ISBN 4334900925 
  • 原武史『皇后考』講談社、2015年2月。ISBN 978-4062193948 
  • 小松大秀監修『明治150年記念 華ひらく皇室文化 −明治宮廷を彩る技と美−』青幻社、2018年4月。ISBN 978-4861526442 
  • 根岸豊明『新天皇 若き日の肖像』新潮社新潮文庫〉、2019年2月1日。ISBN 978-4101004365 
  • 伏見博明『旧皇族の宗家・伏見宮家に生まれて』中央公論新社、2022年1月26日。ISBN 978-4120054952 
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成上』吉川弘文館、1996年。ISBN 978-4642036702 
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成下』吉川弘文館、1996年。ISBN 978-4642036719 
  • 浅見雅男『闘う皇族 ある宮家の三代』角川書店〈角川選書〉、2005年。ISBN 4047033804
  • 浅見雅男『皇族誕生』角川文庫 平成23年10月25日
  • 加瀬英明『天皇家の戦い』新潮社〈新潮文庫〉、1983年。ISBN 4101309019
  • 広岡裕児『皇族』中央公論新社〈中公文庫〉、2002年。ISBN 4122039606
  • 大蔵省財政史編纂室編『昭和財政史-終戦から講和まで-』第4巻 東洋経済新報社、1977年、144-163頁(第3章 新財政制度の発足 第3節 皇室財政の改革)。
  • 新潮社『週刊新潮』2011年12月15日号
  • 高橋紘/鈴木邦彦『天皇家の密使たち』文春文庫、1989年3月10日。 
  • 浅見雅男『伏見宮-もうひとつの天皇家』講談社社〈講談社〉、2012年11月26日。 
  • 朝尾直弘/宇野俊一/田中琢『日本史辞典』角川書店、1996年11月20日。 

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 伏見宮邦家親王は霊元天皇の女系来孫にあたる。
  2. ^ 竹田恒泰によれば、宮内庁は1947年に皇籍離脱した11宮家51人の王、王妃、女王を「元皇族」、その中で当時宮家の当主だった王を「旧皇族」と定義しているという[2]
  3. ^ 旧皇族や旧宮家の当主は昭和の皇太子(明仁)結婚式(「昭和天皇実録」昭和27年11月10日早朝「賢所皇霊殿神殿親告の儀)や平成、令和の即位の礼、大嘗祭などの皇室の重要儀式にも招待されて出席している(解説資料⑦旧宮家の方々は、現在も皇位継承の重要儀礼などに招かれている | 皇室の伝統を守る国民の会【公式】(kdentou.com)https://kdentou.com/archives/3029
  4. ^ 直系尊属の天皇から数えた数。
  5. ^ 貞常親王が後花園から後崇光の紋所を代々使用することと永世「伏見殿御所(伏見殿)」と称することを勅許された年。
  6. ^ 照高院宮と称したのは1868年。
  7. ^ 梶井宮と称したのは梶井宮。
  8. ^ 庶長子
  9. ^ 1947年(昭和22年)当時、すでに宮家の当主であった北白川宮道久王伏見宮博明王並びに各宮家の嗣子である邦昭王・誠彦王・信彦王・恒正王(=附則による4世王)はいずれも幼少であり、その子(=附則による5世王に相当)は父親の臣籍降下(皇籍離脱)後に誕生している。
  10. ^ 1920年代以降、精神疾患のため海軍も休職を経て予備役であり、皇族会議にも出席できる状態になかった(本人の項を参照)。
  11. ^ 東京奠都(1896年)の前に住んでいた屋敷は京都府京都市上京区に復原されている。
  12. ^ 御常御殿。

出典[編集]

  1. ^ a b 朝尾直弘/宇野俊一/ 田中琢 1995, p. 905.
  2. ^ ブログ開設しました! 産経新聞朝刊に注目! 竹田恒泰blog 2006年2月1日
  3. ^ 「『安定的な皇位継承の在り方を検討する有識者会議』(第4回・令和3年5月10日)議事次第・配付資料・議事録 国士舘大学特任教授 百地章氏説明資料 資料②」
  4. ^ (下橋敬長『幕末の宮廷』平凡社 1995年9月30日 231頁)
  5. ^ 浅見雅男 2012, p. 89.
  6. ^ 浅見雅男 2012, p. 103.
  7. ^ 浅見雅男 2012, p. 105.
  8. ^ 浅見雅男 2012, p. 106‐108.
  9. ^ 浅見雅男 2012, p. 109.
  10. ^ 浅見雅男 2012, p. 72.
  11. ^ 令和3年度 筑波大学附属図書館特別展 時を数よむ -紀年・暦法・元号-18頁 コラム幻の元号「大政」
  12. ^ 「皇族誕生」角川文庫 平成23年 29‐54頁
  13. ^ 朝香宮鳩彦王は中国大陸の支那派遣軍閑院宮春仁王はベトナムの南方派遣軍、、竹田宮恒徳王は満州の関東軍にそれぞれ派遣されて天皇の意思を伝え日本軍降伏の任にあたった。(清水節「終戦と宮家・皇族」歴史読本 特集天皇家と宮家 2006年十一月号 新人物往来社 240‐241頁)
  14. ^ 清水節「終戦と宮家・皇族」歴史読本 特集天皇家と宮家 2006年十一月号 新人物往来社 242頁
  15. ^ 大平和典「宮家人物系譜総覧」歴史読本 特集天皇家と宮家 2006年十一月号 新人物往来社 179頁
  16. ^ 塩田道夫「天皇と東条英機の苦悩」三笠書房 1989年 55‐60頁
  17. ^ (所功「皇室史上の宮家制度」歴史読本 特集天皇家と宮家 2006年十一月号 新人物往来社 106頁)
  18. ^ 秦郁彦「裕仁天皇五つの決断」講談社 昭和59年 84‐155頁
  19. ^ 高橋紘/鈴木邦彦 1989, p. 171.
  20. ^ 「戦後日本の出発:元宮内次官の証言」『祖国と青年』第71号
  21. ^ 『官報』第6231号「宮廷録事」、昭和22年10月21日(NDLJP:2962752/8
  22. ^ 伏見博明 2022 p.108-110
  23. ^ 参議院内閣委員会. 第28回国会. Vol. 第22号. 8 April 1958.
  24. ^ 陛下、お尋ね申し上げます 1988 p.397
  25. ^ 参議院内閣委員会. 第43回国会. Vol. 第4号. 21 February 1963.
  26. ^ 1951年(昭和26年)7月29日 夕刊読売「皇太子妃候補の令嬢たち」
  27. ^ 陛下、お尋ね申し上げます 1988 p.88-89
  28. ^ 陛下、お尋ね申し上げます 1988 p.89
  29. ^ 根岸 2019 p.153
  30. ^ 伏見博明 2022 p.116
  31. ^ a b 昭和の母皇太后さま 2000 p.28
  32. ^ 陛下、お尋ね申し上げます 1988 p.125
  33. ^ 皇女照宮 1973 p.270-272
  34. ^ 八幡 和郎 (2019年5月1日). “NHKが旧宮家に皇族復帰の希望を書面で回答要求”. アゴラ. 2019年6月2日閲覧。
  35. ^ 朝日新聞 2005年11月19日付朝刊38面
  36. ^ 八木秀次皇室制度に関する有識者ヒアリング (PDF) 」(平成24年7月5日)
  37. ^ 東京新聞 <代替わり考 皇位の安定継承>(2)旧宮家男子の皇籍取得を 日大名誉教授(憲法)・百地章氏 2020年5月18日 02時00分https://www.tokyo-np.co.jp/article/16775
  38. ^ 『皇族 天皇家の近現代史』 小田部雄次 中公新書 2009 p300
  39. ^ a b c d e f g 皇室典範 (1889年)第3条~第7条。
  40. ^ p. 2-5, "Japanese Royalty" Japan Year Book 1939, Kenkyusha Press, Foreign Association of Japan, Tokyo
  41. ^ Genealogy of the House of Fushimi
  42. ^ Genealogy of the Fushimi-no-miya (jp)
  43. ^ Bix, Herbert P. (2001). Hirohito and the making of modern Japan (Book) (1st Perennial ed.). New York: Perennial. pp. 382–383. ISBN 978-0060931308 

関連項目[編集]