酒井通子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
通子女王

身位 女王皇籍離脱
敬称 殿下 → 皇籍離脱
出生 (1933-09-04) 1933年9月4日(88歳)
日本の旗 日本東京府東京市渋谷区
(現:東京都渋谷区広尾)久邇宮邸
配偶者 永岡義久
  酒井省吾
父親 久邇宮朝融王
母親 朝融王妃知子女王
テンプレートを表示

酒井 通子(さかい みちこ、1933年昭和8年〉9月4日 - )は、日本の元皇族である。久邇宮朝融王第3王女子。母は朝融王妃知子女王1947年(昭和22年)10月14日皇籍離脱までの名と身位通子女王今上天皇の従伯母にあたる。皇籍離脱後、大協石油(現・コスモ石油)に勤務。学習院大学時代の同級生だった永岡義久と結婚するも、4年で離婚。その後、酒井省吾と知り合い結婚[1][2]。河原敏明『昭和の皇室を揺るがせた女たち』の中で、「人間の幸福が、金や権力だけにあるなら、上流階級の人たちは、皆、幸福いっぱいのはずですが、現実はむしろ逆。私は贅沢したいと思わないから、夫との平和で精神にも満ちた生活は、最高の幸福です。心から満足しています」と述べている[3]

栄典[編集]

血縁[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2万坪の豪邸から、新居は飯田橋の2部屋アパート! “主婦”になったプリンセスの結婚・離婚・再婚のお相手男性(全4ページ)談・堀江宏樹サイゾーウーマン
  2. ^ 眞子さまと酷似…62年前に“駆け落ち婚”した元皇族がいた!『女性自身』2021年7月27日・8月3日合併号
  3. ^ 河原 敏明『昭和の皇室をゆるがせた女性たち』講談社、2004年。ISBN 978-4062126052[要ページ番号]
  4. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。