酒井通子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒井 通子(さかい みちこ、1933年昭和8年)9月4日 - )は、日本の元皇族久邇宮朝融王の第三女子。母は朝融王妃知子女王1947年(昭和22年)10月14日の皇籍離脱までは通子女王(みちこじょおう)を名乗る。永岡氏と結婚、離婚の後酒井省吾と結婚。

血縁[編集]