久邇邦昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
邦昭王
久邇宮家
続柄 朝融王第一男子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下皇籍離脱
His Imperial Highness
出生 (1929-03-25) 1929年3月25日(89歳)
日本の旗 日本東京府東京市
配偶者 弘世正子
子女 朝尊
邦晴
晃子
父親 久邇宮朝融王
母親 朝融王妃知子女王
テンプレートを表示

久邇 邦昭(くに くにあき、1929年昭和4年)3月25日 - )は日本の旧皇族。久邇家当主。皇籍離脱前は邦昭王(くにあきおう)と名乗った。弟に久邇朝建久邇朝宏

経歴[編集]

1929年(昭和4年)3月25日東京府東京市生まれ。1935年(昭和10年)4月、学習院初等科に入学、戦時中は海軍兵学校77期)へ進むが、途中で終戦となる。

戦後はGHQ臣籍降下令により皇籍を離れる。1951年(昭和26年)3月、学習院大学政治経済学部卒業後、川崎汽船に勤務し取締役を務めた。同社退職後は伊勢神宮大宮司となり(1990年 - 2001年)、その後神社本庁統理を務めた(2001年 - 2011年)。前霞会館理事長(1991年 - 2007年)。

伊勢神宮の大宮司に就任するにあたり、雅楽を研究するため武蔵野音楽大学に入学、卒業した。

血縁[編集]

祖父は久邇宮邦彦王伏見宮博恭王であり、曽祖父には徳川慶喜伏見宮貞愛親王久邇宮朝彦親王島津忠義がいる。また、香淳皇后の甥であり、今上天皇とは従兄弟にあたる。

娘の久邇晃子は、かつて皇太子徳仁親王の妃候補の一人に挙げられたこともある。

著書[編集]

  • 『少年皇族の見た戦争―宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯』 PHP研究所、2015年。