朝融王妃知子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝融王妃 知子女王
Kuni Tomoko.jpg
身位 女王王妃
敬称 殿下
出生 (1907-05-18) 1907年5月18日
日本の旗 日本東京府 伏見若宮御邸
死去 (1947-06-28) 1947年6月28日(満40歳没)
日本の旗 日本東京都
埋葬 1947年7月5日
配偶者 久邇宮朝融王
子女 正子女王
朝子女王
邦昭王
通子女王
英子女王
朝建王
典子女王
朝宏王
父親 伏見宮博恭王
母親 徳川経子
テンプレートを表示

朝融王妃 知子女王(あさあきらおうひ ともこじょおう、1907年明治40年)5月18日 - 1947年昭和22年)6月28日)は、日本皇族伏見宮博恭王の第3女子、久邇宮朝融王の妃。香淳皇后の義姉。

生涯[編集]

1907年明治40年)5月18日午前10時45分に誕生。15分先に生まれた敦子女王清棲幸保伯爵夫人)とは一卵性の双生児姉妹である。なお、後から生まれたほうを兄または姉とする風習もあるが、出生順通り、先に生まれた敦子女王が姉である[1]。双生児であることは誕生当初から公表され[2]、二人は引き離されることなく、ともに養育された。

1925年大正14年)に結婚して朝融王妃となる。1947年(昭和22年)、皇籍離脱の約4ヶ月前に40歳で薨去

栄典[編集]

血縁[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1925年1月7日 朝日新聞「知子女王御帰京 お慶びの日も近づいて」
    "姉宮敦子女王"との記述あり
  2. ^ 1907年5月25日 朝日新聞「伏見若宮王女子御命名」
  3. ^ 『官報』第3723号、「叙任及辞令」、大正14年01月22日
  4. ^ 『官報』第2430号、「叙任及辞令」、昭和10年02月09日

外部リンク[編集]