久邇正子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正子女王
続柄 朝融王第一女子
身位 女王臣籍降下
敬称 殿下→臣籍降下
Her Imperial Highness
出生 (1926-12-08) 1926年12月8日(90歳)
東京府東京市
配偶者 前夫梨本徳彦
子女 龍田徳久
龍田豊子
龍田鑑代子
父親 久邇宮朝融王
母親 朝融王妃知子女王
テンプレートを表示

久邇 正子(くに まさこ、1926年大正15年)12月8日 - )は日本の元皇族久邇宮朝融王の第一王女。母は朝融王妃知子女王多嘉王の第三男子伯爵梨本徳彦の元妻。旧名 正子女王。旧姓:龍田、梨本。

略歴[編集]

1945年(昭和20年)4月22日伯爵龍田徳彦(旧名徳彦王)に降嫁し、徳久豊子鑑代子の一男二女を儲ける。1967年(昭和41年)に、徳彦と共に梨本宮守正王の妃伊都子の養子となり、梨本姓を名乗る。1980年(昭和55年)に調停離婚。

血縁[編集]

外部リンク[編集]