久邇宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久邇宮家
No image available.svg
家祖 久邇宮朝彦親王
伏見宮邦家親王の第4王子)
種別 皇族宮家
出身地 京都
主な根拠地 山城国京都
東京都
著名な人物 朝彦親王
邦彦王
朝融王
良子女王(香淳皇后)
支流、分家 賀陽宮
朝香宮
東久邇宮
久邇家(侯爵
東伏見家(伯爵
宇治家(伯爵)
龍田家(伯爵)
凡例 / Category:日本の氏族
1920年(大正9年)頃、久邇宮邦彦王一家

久邇宮(くにのみや)は、明治時代前期に伏見宮邦家親王の第4王子・朝彦親王が創立した宮家

系譜[編集]

久邇宮朝彦親王[編集]

初代朝彦親王は、文政7年(1824年)に誕生。初名は成憲。奈良一乗院の門主となり、親王宣下の後、出家して京都青蓮院門跡となり、天台座主を兼ね尊融入道親王と称した。文久3年(1863年)、還俗して中川宮の宮号を賜り、名を朝彦と改める。元治元年(1864年)、宮号を賀陽宮と改める。国事御用掛として孝明天皇を補佐し、天皇が嫌悪した尊王攘夷派を朝廷から追放することに努めた。そのため、明治維新後は、反政府陰謀の疑いで逮捕され、親王の身分を剥奪されて安芸広島藩に預けられた。明治3年(1870年)に伏見宮に復帰。

1875年(明治8年)に久邇宮の宮号を賜った。宮号の由来は、恭仁京にちなんだといわれている(伏見宮の当主が1代おきに「邦」の1字を偏諱としていたことによるという説もある)。その後、朝彦親王は神宮祭主として古儀復興に取り組み、1891年(明治24年)に68歳で薨去

朝彦親王には王子女が多く、賀陽宮邦憲王、邦彦王、梨本宮守正王多嘉王朝香宮鳩彦王東久邇宮稔彦王などがいる。

久邇宮邦彦王[編集]

2代邦彦王(くによしおう)は、1873年(明治6年)に誕生。1891年(明治24年)に父宮薨去によって、宮家を相続した。陸軍士官学校陸軍大学校を卒業し、陸軍大将にまで昇る。1899年(明治32年)に公爵島津忠義の娘俔子(ちかこ)と結婚。1928年(昭和3年)、台湾滞在中に朝鮮人テロリストによる暗殺未遂事件に遭ったがけがはなかった。1929年(昭和4年)、潰瘍性腹膜炎により56歳で薨去。

王子女には、朝融王邦久王1923年(大正12年)臣籍降下)、邦英王1931年(昭和6年)臣籍降下)、良子女王(香淳皇后)信子女王三条西公正に嫁す)、智子女王大谷光暢に嫁す)がいる。

多嘉王[編集]

邦彦王の弟多嘉王は、京都に在住し、独立した宮家を興すことも臣籍降下することも無かった。しかしながら例外的に婚姻の上一家を有しており、久邇宮本家とは独立した生活を送った。これは当初、西久邇宮を名乗る予定だったという説がある[1]。妃静子との間に3男3女を儲け、神宮祭主を務めた。1937年(昭和12年)、63歳で薨去。

久邇宮朝融王[編集]

3代朝融王(あさあきらおう)は、1901年(明治34年)に誕生。婚約破棄事件もあったが、1925年(大正14年)に伏見宮博恭王の娘である知子女王と結婚。1929年(昭和4年)に宮家を相続する。海軍兵学校卒業。終戦時には、海軍中将。終戦後の1947年(昭和22年)に妃知子が薨去。

同年、GHQの指令により10月14日皇籍離脱久邇朝融となった。いろいろな事業に手を染めるが、戦後の荒波を受けてうまくはいかなかった。1959年(昭和34年)に58歳で逝去した。

妃との間に邦昭王、正子女王、朝子女王、通子女王、英子女王、朝建王、典子女王、朝宏王の三男五女を儲ける。

系図[編集]

 
(20/23)伏見宮邦家親王
 
(1)山階宮晃親王
 
(2)山階宮菊麿王[2]
 
(3)山階宮武彦王
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)梨本宮守脩親王
 
 
(1)久邇宮朝彦親王
 
(1)賀陽宮邦憲王
 
(2)賀陽宮恒憲王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)久邇宮邦彦王
 
(3)久邇宮朝融王
 
 
 
 
 
 
 
(3)梨本宮守正王
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
 
 
 
 
 
(21)伏見宮貞教親王
 
 
(1)朝香宮鳩彦王 昭和天皇
 
 
 
 
 
 
(1)東久邇宮稔彦王
 

邸宅[編集]

江戸時代

京都御苑内に“賀陽宮家旧地”として案内版がある。賀陽宮邸は女院御所跡の一部に設けられた。

明治初期以降

麻布にあった久邇宮邸の敷地は、現在は聖心女子大学のキャンパスとなっており、御常御殿(日常の居所)は久邇ハウスと呼ばれ現存している。久邇宮邸は香淳皇后の生家であり、聖心女子大学は今上天皇の皇后である皇后美智子の出身校でもあるため、くしくも二代にわたり皇后と縁のある地となっている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞社 鹿島茂編著『宮家の時代』P.96より
  2. ^ 梨本宮2代目

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、久邇宮に関するカテゴリがあります。