古河典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
典子女王
続柄 朝融王第五女子
身位 女王皇籍離脱
敬称 殿下皇籍離脱
出生 (1941-09-18) 1941年9月18日(76歳)
配偶者 古河潤之助
父親 久邇宮朝融王
母親 朝融王妃知子女王
テンプレートを表示

古河 典子(ふるかわ のりこ、1941年昭和16年)9月18日 - )は、日本の元皇族久邇宮朝融王の第五王女。旧名:典子女王(のりこじょおう)、久邇 典子(くに のりこ)。

略歴[編集]

1947年(昭和22年)10月14日に皇籍離脱[1]。後に男爵古河従純の長男古河潤之助と結婚した。

血縁[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1947年(昭和22年)10月13日宮内府告示第16号