久邇宮朝融王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久邇宮朝融王
HIH Kuni Asaakira.jpg
続柄 久邇宮邦彦王第一王子
身位
敬称 殿下
His Imperial Highness
出生 1901年2月2日
日本の旗 日本 東京府
死去 (1959-12-07) 1959年12月7日(満58歳没)
日本の旗 日本 東京都
配偶者 知子女王
子女 正子女王
朝子女王
邦昭王
通子女王
英子女王
朝建王
典子女王
朝宏王
父親 久邇宮邦彦王
母親 邦彦王妃俔子
役職 海軍中将
テンプレートを表示

久邇宮朝融王(くにのみや あさあきらおう、1901年明治34年)2月2日 - 1959年昭和34年)12月7日)は、日本皇族、官位は海軍中将大勲位功三級

昭和天皇の義兄。第125代今上天皇伯父にあたる[1]

経歴[編集]

元帥海軍大将伏見宮博恭王第3王女の知子女王を妃とする。1929年(昭和4年)1月27日の父王の薨去を受けて久邇宮家を継承する。

1947年(昭和22年)10月14日に久邇の姓を賜り皇籍離脱し、久邇朝融と称す。公職追放となり[2]1952年解除[3])、戦後は『久邇香水』の製造販売を手掛ける等幾つかの事業を興すがいずれも失敗に終わり、赤字の穴埋めのために熱海赤倉の別邸や麹町の本邸を次々と売りに出し、渋谷常磐松の母俔子の隠居所に5人の子供と転がり込んだが、ここも飯野海運社長・俣野健輔の手に渡り、住まいをことごとく失う。生活に窮した朝融は、東本願寺に嫁いでいる妹の智子裏方に頼み、当時米国に留学中だった大谷光紹の住まいである成護院別邸に入り込むことも考えていたが、門徒代表の猛反対で失敗。門徒は、発展家として知られる朝融の派手な女性関係に反感を持っていたともいわれている[4]。1959年(昭和34年)12月7日死去。

婚約破棄事件[編集]

王妃決定までには『婚約破棄事件』と称される混乱があった。1917年(大正6年)、久邇宮邦彦王の子朝融王と酒井忠興の娘酒井菊子は婚約する。しかし、久邇宮家側が一方的に婚約解消を望み、宮内省をまきこむ騒動となる。菊子との婚約は既に勅許を得たものであり、また久邇宮家と言えば先の裕仁親王(のちの昭和天皇)と良子女王の婚約の際には婚約解消を断固拒否したばかりであった(これを宮中某重大事件という)。

今次の婚約破棄は一方的で理由が不明瞭であり、天皇の裁可を覆すことは前例がない等、大きな問題となった。皇族の結婚は天皇の許可を得て行われることが通例で、たとえ皇族といえど覆すのは難しかった。正式な婚約ではなかったものの、勅許を得たものであり、そもそも先の宮中某重大事件とはこれがために無事婚約と至ったのである。宗秩寮総裁の徳川頼倫宮内大臣牧野伸顕らの説得にも関わらず、久邇宮邦彦王は婚約破棄の方針を貫く。結局、1924年11月、宮内省は酒井家側から婚約辞退の申し出をさせることで事態を収拾させた。当時摂政であった裕仁親王(昭和天皇)は、邦彦王に訓戒の言葉を伝えている。

血縁[編集]

年譜[編集]

1901年(明治34年)2月2日 誕生
1921年大正10年)2月 貴族院議員(皇族議員)
1921年(大正10年)7月16日 海軍兵学校卒業(49期)・海軍少尉候補生・「出雲」乗組
1922年(大正11年)4月8日 霧島」乗組
1922年(大正11年)5月25日 海軍少尉・「山城」乗組。勲一等旭日桐花大綬章受章。
1922年(大正11年)11月1日 伊勢」乗組
1923年(大正12年)12月1日 海軍砲術学校普通科学生
1924年(大正13年)4月1日 海軍水雷学校普通科学生
1924年(大正13年)7月4日 山城乗組
1924年(大正13年)12月1日 海軍中尉
1925年(大正14年)1月26日 伏見宮知子女王と成婚
1925年(大正14年)5月1日 長門」乗組
1925年(大正14年)12月1日 阿蘇」分隊長
1926年(大正15年)12月1日 海軍大尉海軍砲術学校高等科学生
1926年(大正15年)12月2日 第1王女正子女王誕生
1927年(昭和2年)10月23日 第2王女朝子女王誕生
1927年(昭和2年)12月1日 陸奥」分隊長
1928年(昭和3年)12月10日 軍令部出仕
1929年(昭和4年)3月25日 第1王子邦昭王誕生
1930年(昭和5年)12月1日 海軍大学校甲種学生
1932年(昭和7年)5月25日   大勲位菊花大綬章受章
1932年(昭和7年)12月1日 海軍少佐・「榛名」副砲長兼分隊長
1933年(昭和8年)9月4日 第3王女通子女王誕生
1933年(昭和8年)9月15日 軍令部出仕
1933年(昭和8年)11月15日 木曾」砲術長
1934年(昭和9年)7月19日 八雲」砲術長
1935年(昭和10年)8月1日 軍令部員
1936年(昭和11年)12月1日 軍令部第一部第一課員
1937年(昭和12年)7月21日 第4王女英子女王誕生
1937年(昭和12年)11月20日 大本営海軍部参謀
1937年(昭和12年)12月1日 海軍中佐・「長門」砲術長
1938年(昭和13年)12月1日 横浜海軍航空隊副長
1939年(昭和14年)10月10日 第1連合航空隊参謀
1939年(昭和14年)10月18日 支那方面艦隊司令部附
1939年(昭和14年)11月15日 海軍大佐
1940年(昭和15年)1月10日 横須賀鎮守府
1940年(昭和15年)4月29日 功三級金鵄勲章受章
1940年(昭和15年)5月11日 第2王子朝建王誕生
1940年(昭和15年)7月9日 「八雲」艦長
1940年(昭和15年)11月1日 木更津海軍航空隊司令
1941年(昭和16年)9月18日 第5王女典子女王誕生
1942年(昭和17年)3月20日 高雄海軍航空隊司令
1942年(昭和17年)10月1日 第七五三海軍航空隊司令[5] (高雄海軍航空隊が改称したもの)
1942年(昭和17年)10月5日 南西方面艦隊司令部附
1942年(昭和17年)10月21日 軍令部出仕
1942年(昭和17年)11月1日 海軍少将
1943年(昭和18年)4月1日 第19連合航空隊司令官
1944年(昭和19年)9月29日 練習連合航空隊司令部附
1944年(昭和19年)10月1日 第20連合航空隊司令官
1944年(昭和19年)10月7日 第3王子朝宏王誕生
1945年(昭和20年)5月1日 海軍中将
1945年(昭和20年)8月25日 軍令部出仕
1945年(昭和20年)10月15日 海軍省出仕
1945年(昭和20年)11月30日 予備役
1946年(昭和21年)5月23日 貴族院議員辞職[6]
1947年(昭和22年)6月28日 妃知子女王薨去
1947年(昭和22年)10月14日 皇籍離脱
1947年(昭和22年)10月15日 公職追放
1952年(昭和27年)3月24日 公職追放解除
1959年(昭和34年)12月7日 死去

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小田部雄次 『皇族』 中央公論新社〈中公新書〉、2011年ISBN 978-4-12-102011-6
  2. ^ 『朝日新聞』1947年10月17日二面。
  3. ^ 『朝日新聞』1952年3月24日夕刊一面。
  4. ^ 本田靖春『現代家系論』p.274(文藝春秋社1973年
  5. ^ 昭和17年10月5日付 海軍辞令公報 (部内限) 第957号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072087200 で閲覧可能。
  6. ^ 『官報』第5822号、昭和21年6月13日。
  7. ^ 『官報』第1499号、「叙任及辞令」1931年12月28日。p.742

外部リンク[編集]

日本の皇室
先代:
邦彦王
久邇宮
第3代:1929 - 1947
次代:
(廃止)