有栖川宮職仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
職仁親王
有栖川宮
The prince Yorihito Arisugawa.jpg
有栖川宮職仁親王
身位 親王
敬称 殿下
出生 (1713-10-28) 1713年10月28日
日本の旗 日本
死去 (1769-11-19) 1769年11月19日(56歳没)
日本の旗 日本
子女 有栖川宮織仁親王
父親 霊元天皇
テンプレートを表示

有栖川宮職仁親王(ありすがわのみやよりひとしんのう 正徳3年9月10日1713年10月28日) - 明和6年10月22日1769年11月19日))は江戸時代皇族有栖川宮第5代当主。霊元天皇第17皇子。いわゆる有栖川流書道を創始した。

享保元年(1716年)に、有栖川宮の第4代当主正仁親王が嗣子なく没したため、有栖川宮を相続した。享保11年(1726年)に親王宣下中務卿となる。寛延2年(1749年)5月に一品に叙せられる。

霊元天皇の皇子としては兄尊昭法親王に次ぎ歌道に優れ、桃園後桜町後桃園の3天皇をはじめとして300名に伝授した。父から受け継いだ書道にも造詣が深く、有栖川流書道の創始者として知られる。

妻室・子女[編集]

妃の二条淳子の父方の祖母は霊元天皇の第3皇女・栄子内親王(1673年生)で、職仁親王の40歳上の異母姉であり、職仁親王と淳子は同年生まれではあるものの、大叔父と大姪の結婚である。

嫡男・音仁親王が早世したことにより、まだ寺に入っていなかった末の王子・織仁親王が後継となった。

参考文献[編集]

  • 『新修有栖川宮系譜』 高松宮藏版、(1940年)