名字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名字(みょうじ、苗字)は、日本の家(家系家族)ののこと。法律上は民法750条、790条など)[1]、通俗的には(せい)ともいう。

概説[編集]

世界を見渡すと、アメリカドイツのように移民が集まる国では名字の数が多くなり、世界中の名字が集まっているような状態になっており[2]アメリカ人の名字は100万種以上とも言われている[2]。それに対して中国韓国では一文字姓が原則とされているので種類が少なく、韓国では約280種類しかないと言われている[2]

日本の名字[編集]

日本の名字は、元来「名字(なあざな)」と呼ばれ、中国から日本に入ってきた「(あざな)」の一種であったと思われる。公卿などは早くから邸宅のある地名を称号としていたが、これが公家武家における名字として発展していった。近世以降、「苗字」と書くようになったが、戦後当用漢字で「苗」の読みに「ミョウ」が加えられなかったため再び「名字」と書くのが一般になった[要出典]

「名字」と「姓」又は「氏」はかつて別ものであった。たとえば、清和源氏新田氏流を自称した徳川家康の場合は、「徳川次郎三郎源朝臣家康」あるいは「源朝臣徳川次郎三郎家康」となり、「徳川」が名字(苗字)、「次郎三郎」が通称、「源」が(「姓」、本姓とも呼ばれる)、「朝臣」が姓(かばね)(古代に存在した家の家格)、「家康」が(いみな、つまり本名)ないし実名(じつみょう)になる。

日本での名字の数は、たとえば「斎藤」と「斉藤」を別として数え、たとえば「河野」の読み方を「こうの」と「かわの」で区別して別に数えるなどという方法をとれば、一説には「20万種にも達する」などとも言われるが[2]、「20万種は多すぎる、実際には10万種ほどだろう」という見解を示す人もいて、正確な推定は難しい[2]。それでも世界的に見れば多いほうである。これほど名字の数が増えた理由の一つとして、日本人は他国・他地域の人々と比べて「同族」という意識よりも「家」の意識を重要視したので、同族であってもあえて名字を変えて「家」を明確にしたり、地名を用いて「家」を明らかにしたりしたことがある。また明治時代の明治新政府が、国民に名字を持つことを義務付け、その結果、庶民はそれまでもともと通称として持っていた名字をその機会に名乗ったり、またそれまでの名字を変えて名乗ったりしたので、明治時代に一気に名字の数が増えた、ということもある[2]。一説によると、幕末期と明治期を比べると、一気に数倍に増えたと言う[2]

日本人の名字の由来は、様々な分類法があるが、次のように分類することもできる[2]

渡辺高橋佐々木石川長谷川三浦千葉など[2]
山本山田池田など[2]
西喜多辰巳、乾など[2]
服部鍛冶庄司東海林犬飼鵜飼公文など[2]
  • 藤原氏に由来[2](ただしその多くは藤原氏と血縁的関係にないと考えられる[3]
佐藤伊藤安藤加藤など[2]

明治時代以前の名字[編集]

公家の名字[編集]

古代の氏族制度が律令制へ移行した後に、氏族格式そのものよりもその本人が属する家系や家族の方が重要になり、従来の(うじ)の中でもその家を区別する必要が現れた。たとえば、同じ藤原氏でも藤原南家藤原北家藤原式家藤原京家の藤原北家の中でも道長頼通流とそれ以外といった様に同じ氏の中でも格の違いが現れている。

そのため、その家を現すためにその出身地を付けたのが名字の始まりと言われている。平安時代の貴族は母親の邸宅で育つため、その母方の邸宅のある地名などを名字につけた。貴族の初期の名字は一代限りのもので、号といい家名を現すものではなかったが、平安時代後期から家名となりその家系を示す様になってくる(近衛家九条家西園寺家など)。この家名が武家社会以降の公家の名字となり、明治維新以降も受け継がれることとなる。

武士の名字[編集]

平安時代後期になると律令制が崩壊し、荘園の管理や自ら開拓した土地や財産を守るために武装集団である武士が出現する。武士は自らの支配している土地の所有権を主張するために自分の所有する土地(本貫地)( - みょう)の地名を名字として名乗り、それを代々継承した。また荘官であれば荘園の名称を、郡司であれば郡の名称を名字とする者も現れた。

鎌倉時代になると武士の所領が拡大し、大きな武家になると全国各地に複数の所領を持つようになった。鎌倉時代の武家は分割相続が多かったため、庶子が本家以外の所領を相続すれば、その相続した所領を名字として名乗るようになる。またさらなる土地の開墾によって居住域が増え、新たな開墾地の地名を名字とし、ますます武士が名乗る名字の数は増大していった。ただし、注意すべきは、名字(苗字)は異なろうとも姓(本姓)は同じということである。

例えば、新田義貞の弟は脇屋義助だが、本姓で言えばどちらも源姓であり、源義貞、源義助である。新田という名字(苗字)は、源義家(八幡太郎義家。八幡太郎とは義家の通称)の四男の源義国(足利式部大夫義国。足利は義国の母方の里の地名、式部大夫は役職)の長男の源義重が、新田荘を開墾し、そこを所領とし、藤原忠雅に寄進して荘官に任命されたことから新田荘の荘名を名字にしたことに始まる。義助は兄の義貞が相続した嫡宗家から独立して新田荘内の脇屋郷を分割相続して住んだことから、脇屋を自己の名字とし、脇屋義助と名乗った。ただし、新田氏は源頼朝から門葉として認められなかったため、鎌倉時代には幕府の文書に「源○○」と署名、記載されることはなかった。[要出典]

この頃の名字は家名としての性格が弱く、いわゆる北条泰時は江間太郎を称した後、父の相模守就任後は「相模太郎」(相模守の嫡男の意)を称し、任官後はもっぱら官名で呼ばれており、 「相模修理亮泰時」と称することはあっても実際に北条(條)の名字で呼称された事実は無い。北条時宗も同様であり、実際に北条の名字を名乗った北条氏は少数派である[4]三浦氏も同じ。これを重視する見地からは、当時の「北条」や「三浦」は居住地を表すものに過ぎず家名としての名字ではない、南北朝時代以降嫡子単独相続が主流となり、ほかの兄弟が改称せず配下としてとどまるようになったことで、単独相続を前提とした家産が成立すると、父から嫡男へと家産を継承する永続性を持った「家」が出現することになる。永続する家は個々人から独立した組織体であり、そのような組織体を指し示す呼称として名字が成立した[5]

そして、室町時代から江戸時代になると、本姓は、もっぱら朝廷から官位を貰うときなどに使用が限られるようになり、そのような機会を持たない一般の武士は、本姓を意識することは少なくなった。事実、江戸幕府の編纂した系図集を見ると、旗本クラスでも本姓不明の家が散見される。一方で、一般の人であっても朝廷に仕えるときは、源平藤橘といった適切な本姓を名乗るものとされた。また、一部の学者等が趣味的、擬古的に名乗ることもあった。したがって、名字は支配階級の象徴として固定化されたが、本姓の有無は支配階級の象徴として本質的なものではなかったのである。

公家・武士ともども、名字の下に直接接続するのは通称であり、諱を直接つなげる場合は、本姓に対してが通常であった。ただし苗字と諱を直接つなげることも、皆無ではなかった[6]。下級武士においては、通称のみで諱を持たない者も少なくなかった。

庶民の名字[編集]

古代の庶民は主に、豪族の所有民たる部曲の「○○部」という姓を持っていた。例えば「大伴部」「藤原部」というようなものである。しかし部曲の廃止や支配者の流動とともにその大半は忘れられ、勝手に氏を名乗ることもあった。

名字(苗字)は、姓(本姓)と違って天皇から下賜される公的なものではなく、近代まで誰でも自由に名乗ることができた。家人も自分の住む土地を名字として名乗ったり、ある者は恩賞として主人から名字を賜ったりもした。

1577~1610年まで日本に滞在したジョアン・ロドリゲスは、漁師や身分の低い職人のような最下層の人々を除き、大衆は皆名字も持っていると報告している[7]

江戸時代には苗字帯刀が制限されたことから、庶民の多くには「苗字がなかった[8]」と語られることがある。だが、1952年の洞富雄の研究を契機に、そのような時代でも私的には貧農すらも苗字を持ち、行事等で使用していた事例が全国から大量に報告され、庶民に苗字がなかったというのが否定された[9]。明治以降、苗字を持っていなかったか不明となっていた場合には新たに「創氏」しなければならなかった際に歴史上有名な人物の名字や魚、野菜の名などを戸籍に登録した例がおもしろおかしく伝えられたので、庶民は名字を持っていなかったという「俗説」が生まれたのだと説明されている[10]。特に農村上層部では苗字とは別に姓を名乗る者もあり、甲斐国の地主「依田民部源長安」(1674~1758)のように、源姓と百官名を自称する者さえいたことが確認されている[11]

女性の名字[編集]

戸籍が作られなくなった中世からは、居住地を取って「稲毛女房」などという呼称が見られるようになる。これを名字+仮名 (通称)とみるときは、夫婦別姓だが夫婦同名字だということになる[12]

また当時の文書の比較検討から、鎌倉時代には「藤原氏女」のように実家の姓(本姓)を名乗る人名表記が依然主流だったが、南北朝時代には衰退し、個人名のみを名乗るか、既婚女性は「~後家」のようにもっぱら妻としての名称を名乗ることが一般化していったことが明らかにされている(細川涼一[13]。摂関家でも正室は婚家の主要な一員と認識され、婚家の苗字+妻の社会的地位で呼ばれるようになり(例:九条尚経の娘、二条尹房正室経子=二条北政所伏見宮貞敦親王の娘、二条晴良正室位子女王=二条北政所など)、夫婦同苗字だったと主張されている(後藤みち子[14]

しかし、女房、妻、後家などをその人自身の名前の要素と認めない立場[15]も主張されている。もっとも、仮名(けみょう)は本来固有名詞ではなく続柄を表すもので、「太郎」は長男、「大姫」は長女、「小太郎」は太郎の長男の字義である[16]

それらの呼称によらずに婚家の苗字を名乗った室町時代の妻の例として、1471年(文明3年)の丹波国山国荘に残された資料によると、井戸村の江口家が菩提寺に「江口沙弥道仙禅門、同妙珠禅尼夫婦」と記したケース、1528年(大永8年)、同荘枝郷の下黒田村の坊家において、坊姫・坊又二郎の夫婦が娘に田地を与える譲り状に署名したケース、1545年(天文14年)同村の鶴野兵衛二郎が井本家に嫁いだ姉の「井本さいま」に山林を譲ったケースが確認され、少なくとも同地では夫婦同苗字が一般的だったことが論証されている[17]

また江戸時代の例として野村望東尼[18]梁川紅蘭[19]勾田香夢只野真葛など。もっとも、本人の意識しだいでどちらを名乗っても良かったので、竹村多勢子のように婚姻後も実家の苗字を署名した例がある[20]。どちらが主流だったかは学説上争われているが、苗字+実名の例が少な過ぎるため決め手を欠いている[21]

中世が夫婦同苗字だったとすると、なぜ近世に別苗字の事例も登場したか問題となるが、源平藤橘などの姓(せい)が廃れる中で、家名としての苗字が父系血統の標識たる姓の役目も吸収して同化したことへの表れではないかという説がある(大藤修)。この立場からも、近世後期には婚家への帰属意識から妻が夫の苗字を称する女性も現れていたことは否定されない[22]

近代以後の名字[編集]

明治政府も幕府同様、当初は名字を許可制にする政策を行っていた。幕府否定のため幕府により許可制で認められていた農民町人の苗字を全て禁止し(慶応4年9月5日1868年10月20日))、賜姓による「松平」の名字を禁止したり(慶応4年1月27日(1868年2月20日))する一方、政府功績者に苗字帯刀を認めることもあった。明治2年7月(1869年8月)以降、武家政権より天皇親政に戻ったことから、「大江朝臣孝允木戸」のように本姓を名乗ることとした時期もあった。

明治3年(1870年)になると法制学者の細川潤次郎や、戸籍制度による近代化を重視する大蔵省の主導により、庶民への名字を原則禁じる政策は転換された。同年9月19日10月13日)の平民苗字許可令、明治8年(1875年2月13日平民苗字必称義務令により、国民はみな公的に名字を持つことになった。この日にちなんで、2月13日は「名字の日」となっている。明治になって名字を届け出る際には、自分で名字を創作して名乗ることもあった(たとえば与謝野鉄幹の父・礼厳は先祖伝来の細見という名をあえて名乗らず、故郷与謝郡の地名から与謝野という名字を創作した)。僧侶や神官などに適当につけてもらうということもあった[23]が例は少ない。

明治4年10月12日1871年11月24日)には姓尸(セイシ)不称令が出され、以後日本人は公的に本姓を名乗ることはなくなった。氏・姓は用語も混乱していたが、この時点で太政官布告上は、源平藤橘や大江などのいわゆる本姓は「」、朝臣、宿禰などのカバネは「尸」というように分類したのである。明治5年5月7日1872年6月12日)の「通称実名を一つに定むる事」(太政官布告第149號)により公的な本名が一つに定まり、登録された戸籍上の氏名は、同年8月24日9月26日)の太政官布告により、簡単に変更できなくなった[24]

また婚姻後の妻の苗字については、明治8年(1875年)、石川県より「嫁いだ婦女は、終身その生家(実家)の氏とするか。嫁が家督などを継ぐなど、夫家の氏とせねばならぬ場合はどう示すか」との伺があり、同年11月9日、内務省は判断に困り太政官伺を出した。その結果、明治9年(1876年3月17日の太政官指令として、妻の苗字は「所生ノ氏」つまり婚前のものとされた[25]。幕末の志士たちの愛読書だった頼山陽の『日本外史』などが源頼朝の正室を「平氏」、織田信長の正室を「斎藤氏」と実家の姓または苗字で記述していたことの影響である可能性が指摘[26]されている。この指令には全国の地方官庁から不当な慣習違反であるとして異論が噴出[27]。戸籍実務の扱いも地方ごとに対応が分かれたが、同指令に反し、妻の氏を記載しないものが多数派であった[28]

しかし、その後の民法草案では夫婦同氏(同苗字)を採用しており、幕末生まれの井上操は、明治23年の論文において、確かに古代とは異なるが、「然れども幕府以来実際は夫の氏を称し、現に今も夫の氏を称し戸籍実務の如きも別に実家の氏を示さず」と指摘し、草案が日本の慣習に従ったものであることを論証している[29]。後続の明治民法(明治31年法律第9号)を立案した法典調査会委員の富井政章横田国臣[30]梅謙次郎[31]奥田義人[32]も同様の主張をしているが、近世の夫婦同氏(同苗字)については、「法律家の誤判[33]」だという後世の批判もあり争われている。

一方、西郷隆盛未亡人西郷イトをはじめ、維新の元勲の妻は皆夫の苗字を名乗っていたようである[34]。また天理教教祖中山みきも、実家の前川家は苗字帯刀を許された豪農だったが[35]、死去翌年の明治21年(1888年)の時点で「奈良県平民 故中山美支[36]」と婚家の苗字で表記されている。反面、慶応4年/明治元年(1868年)の会津戦争で戦死した「神保雪子さん」(神保修理の妻)や、会津藩娘子軍中野こう子さん」が同輩に婚家の苗字で呼称されているのに対し、新島八重は娘子軍から「山本八重子さん」と呼称されている[37]。明治4年の戸籍では「川崎尚之助妻」となっており婚姻の事実は確認できる一方、離婚及び夫婦ともに配偶者側の苗字を名乗った事実が未確認である。新島襄との結婚後は新島を称したが、ニイジマでなくNeesimaとサインする、墓石の字体が夫婦で異なるなど謎が多い[38]。しかし、明治23年の『女学雑誌』242号に掲載された「問答(細君たるものの姓氏の事)」によると、「およそ夫あるの婦人は、多くその夫の家の姓を用ひおる様に侍るが、右はいかがのものにや」とされており、実態として多くの妻が夫家の氏を用いるようになってきていることが明らかにされている[39]

結局、当時の社会慣習を尊重する観点から、明治23年法律第98号(旧民法)人事編第243条2項は「戸主及び家族は其家の氏を称す[40]」としており、この条文は明治31年法律第9号(明治民法)第746条にそのまま継承された[41]。日本民法が仏法または独法の模倣だという説は施行直後からあったが、条文を見ない者の言うことだと批判[42]されている。外国人に適用されない家族法は不平等条約改正の必須条件ではないため、外国法を模倣する必要がないことは早くから認識されていた[43]。特に明治23年法律第98号が全然ドイツ法を参考にしていないことは梅謙次郎ほか多くの学者が認めるところである[44]

なお明治民法では、女戸主(跡継ぎ限定)との婚姻(入夫婚姻)にとどまらず、婿養子(次女以下も可)による苗字の女系継承も認められており(788条2項[45])、当時の西洋法の主流と異なる日本独自の慣習の法制化だと説明されている(第146回法典調査会)[46]。夫が妻側の苗字を名乗った例として、大本教の開祖出口なお・政五郎夫婦(幕末)、およびその五女と結婚して婿養子に入った出口王仁三郎(民法施行後)[47]や、岩倉家の婿養子になった岩倉具視など。

外来名字[編集]

近代になって国際化がすすむにつれて日本に帰化する外国人が必ずしも「日本風」の氏名でなくても許可されるようになり[48]、アメリカ人だったドナルド・キーンは「キーン ドナルド」で日本国籍を取得している。逆に鼓呂雲恵理駆三都主アレサンドロのように新たに作った者もいる。

外国人と結婚して氏を改める(1984年戸籍法改正)例も増え、外国由来の名字を持つ日本人が増えてきている。中でも中東圏は父親の名字を継承する習慣があるため、日本人女性と結婚し日本国籍を取得しても、アラビア語やペルシャ語の名字をそのままカタカナ表記で使用している事が多い(ダルビッシュ有の父親など)。

幽霊名字[編集]

近年刊行されている雑学本や名字関連の本に記載されている珍姓・奇姓・難読姓には、架空のものや江戸時代戯書から引用されたものが多い。このように実在が確認できない名字の存在は佐久間英が「お名前風土記」(読売新聞社、1971)で指摘していたが、森岡浩はそれに「幽霊名字」という名称を与えた[49]。森岡は、これらの幽霊名字がないことを証明するためにはすべての戸籍を調べる必要があるため困難であり、また名字関連の本に自分の名字が記載されていなければ読者から苦情が来るが、存在しない名字が掲載されていても苦情が来ることはないため、なかなか消すことができない、としている[50]

森岡によれば、一番長い名字は5文字の「左衛門三郎」(さえもんさぶろう)と「勘解由小路」(かでのこうじ)の二つだけで、これ以外の「十二月三十一日(ひづめ)」などは実在しない、つまり幽霊名字だという[51]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 現行民法における氏の性格については「家の名」だけでなく、学者の間で議論がある。井戸田博史『夫婦の氏を考える』世界思想社、2004年 ISBN 4790710750
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 高澤等、森岡浩 著『日本人の名字と家紋』プレジデント社、2017、p.8-10 ISBN 4833476509
  3. ^ 宝賀寿男藤原氏概観」『古樹紀之房間』、2007年。
  4. ^ 加藤晃「日本の姓氏」井上光貞ほか『東アジアにおける社会と習俗』学生社、1984年、109-111頁
  5. ^ 坂田(2006)32-34頁
  6. ^ たとえば、s:太平記/巻第十四では新田義貞という表記が何度も現れる。
  7. ^ 大藤(1998)191頁
  8. ^ 井戸田博史「序に代えて 夫婦別姓か夫婦別氏か」増本敏子・久武綾子・井戸田博史『氏と家族』大蔵省印刷局、1999年、5頁
  9. ^ 久武綾子『夫婦別姓 その歴史と背景』世界思想社、2003年、64頁、奥富敬之『名字の歴史学』角川書店、2004年、7-8頁、坂田聡『苗字と名前の歴史』吉川弘文館、2006年、43頁、豊田武『苗字の歴史』吉川弘文館、2012年、161-163頁、洞富雄『庶民家族の歴史像』校倉書房、1966年、160-180頁
  10. ^ 大藤(2012)190頁
  11. ^ 大藤(2012)53頁
  12. ^ 高橋秀樹『日本史リブレット20 中世の家と性』山川出版社、2004年、14頁
  13. ^ 細川涼一「女性・家族・生活」歴史学研究会・日本史研究会『日本史講座4中世社会の構造』東京大学出版会、2004年、204頁
  14. ^ 後藤みち子『戦国を生きた公家の妻たち』吉川弘文館、2009年、138-139頁
  15. ^ 大藤(1998)193頁、熊谷(1970)136-138頁
  16. ^ 奥富敬之『苗字と名前を知る事典』東京堂出版、2007年、178頁
  17. ^ 坂田(2006)149頁
  18. ^ 雄山閣編集局編『異説日本史・女性篇下』雄山閣、1932年、347頁
  19. ^ 熊谷(1970)239頁
  20. ^ 柳谷慶子「日本近世の「家」と妻の姓観念」『歴史評論』636号、校倉書房、2003年、18-20頁
  21. ^ 大藤(1998)179頁
  22. ^ 大藤(2012)58-59頁
  23. ^ 丹羽基二『日本人の苗字 三〇万姓の調査から見えたこと』(光文社 2002年)193頁、201頁
  24. ^ 井戸田(2004)23頁
  25. ^ 『法令全書(明治9年)』 内閣官報局1890年、明治8年11月9日の内務省伺 第十五、1453頁。井戸田(2004)52-3頁
  26. ^ 奥富敬之『日本人の名前の歴史』新人物往来社、1999年、234頁
  27. ^ 井戸田(1986)152頁
  28. ^ 熊谷(1970)241-242頁
  29. ^ 井上操「法典編纂ノ可否」星野通編著、松山大学法学部松大GP推進委員会増補『民法典論争資料集』復刻増補版、日本評論社、2013年、72頁
  30. ^ 法典調査会『民法議事速記録 第四拾参卷』、62丁
  31. ^ 梅謙次郎『民法要義 巻之四親族編』訂正増補20版、私立法政大學ほか、1910年、43頁
  32. ^ 奥田義人『民法親族法論全』4版、有斐閣書房、1899年、62頁
  33. ^ 洞富雄『庶民家族の歴史像』校倉書房、1966年、190頁
  34. ^ 角田文衞『日本の女性名 歴史と展望』国書刊行会、2006年、472頁
  35. ^ 小澤浩『日本史リブレット人065 中山みき「心直し」から「世直し」を説いた生き神教祖』山川出版社、2012年、14-15頁
  36. ^ 国文学研究資料館 画像データベース、2021年11月26日閲覧
  37. ^ 平石弁蔵『会津戊辰戦史』改訂増補第四版、会津戊辰戦史編纂会、1928年、487、497、499頁
  38. ^ 吉海直人『新島八重 愛と闘いの生涯』角川学芸出版、2012年、119-120頁、71-72頁
  39. ^ 近藤佳代子夫婦の氏に関する覚書(2) 法史学的考察」『宮城教育大学紀要』50巻、宮城教育大学、2016年、363頁, ISSN 1346-1621, 宮城教育大学
  40. ^ 『官報 明治二十三年十月七日』45頁
  41. ^ 中村菊男『近代日本の法的形成』有信堂、1956年、277-278頁
  42. ^ 梅謙次郎「我新民法ト外國ノ民法」『法典質疑』8号、法典質疑會、1896年、780頁
  43. ^ 大久保泰甫『ボワソナアド 日本近代法の父』岩波書店、1977年、136頁
  44. ^ 岩田新『民法起草と日本精神 梅先生の「条理」を中心として』日本法理研究會、1943年、24頁
  45. ^ 梅謙次郎『訂正増補第二十版 民法要義 巻之四 親族編』144頁
  46. ^ 法典調査会『民法議事速記録』48巻73丁(梅謙次郎)
  47. ^ 島田裕実『日本の新宗教』株式会社KADOKAWA、2017年、110-112頁
  48. ^ 帰化申請・良くある質問”. 行政書士菊池事務所. 2019年8月26日閲覧。
  49. ^ 森岡浩. “幽霊名字とは”. オフィス・モリオカ. 2019年8月26日閲覧。 - 『日本人の名字なるほどオモシロ事典』(森岡浩、日本実業出版社 ISBN 4534028660(1998) 98ページが初出
  50. ^ 森岡浩『名字のヒミツ 決定版!』朝日新聞出版、2009年、32-38頁。ISBN 978-4022505477
  51. ^ 日本で一番長い名字は漢字5文字のもの 一番短い名は1文字”. NEWSポストセブン (2014年1月7日). 2019年11月25日閲覧。

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]