長谷川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川(はせがわ、ごく稀に「ながたにがわ」)

人名[編集]

日本人ののひとつ。「はせがわ」と読む。

なぜ「長谷川」と書いて「はせがわ」と読むのか…? 普通に読めば「ながたにがわ」になりそうなのに…? と不思議がる人もいるわけだが、「長谷川」を「はせがわ」と読む理由はその発祥にあり、(歴史を遡れば古墳時代にまで遡り、古墳時代、日本の政治の中心地は大和国(現在の奈良県)あたりであったわけだが、第21代天皇の雄略天皇が一時、都(みやこ)として朝倉宮大和国(現在の奈良県)に置いたわけだが)その地にあった初瀬はつせ)という地名が「長谷川」の由来である[1]。(当時の日本では、陸上の路があまり整備されておらず、「運送」(物の運搬)と言うと水運(船による運送)が主力だったわけであるが、当時「はつせ」という言葉には、「船着場(船の発着場)」という意味があり、「はつせ」という言葉に当てる漢字としては、初瀬、泊瀬[2]、発瀬、などがあった。 「瀬(せ)」とは「(川の)水深が浅くなった場所」などという意味。)。「初瀬」と名付けられた大和国にあるこの場所は、大和川が東から大和盆地に流れ下る場所にあたり、(この地に都を置いた天皇や皇族たちや、昔から住んでいた豪族たちにとって)この地を流れる川付近の場所はいわば 水運のための「船着場」であったので「はつせ」と名付けられたのである。この地には「はつせ がわ」「初瀬川」という川が流れていた[1]。(順序としてはむしろ、この地を流れる川を、豪族や皇族が船着場として使うようになったので、ある時から「はつせがわ」つまり現代風に言うと「船着場 - 川」という意味の言葉で呼ぶようになった、と言ったほうがよい。なお前述のように「はつせ」に当てる漢字は数種類あったので、「はつせ がわ」に漢字を当てる方法は実際にはいくつかあり、(あくまで)そのひとつが「初瀬川」。)

この川「はつせがわ」は長い谷(の中を)流れていたので、いつしか「長谷」という漢字を「はつせ」の当て字とするようになった[1]。そして、やがて「はつせ」の「つ」が省略されて発音されなくなり、「はせがわ」となったとされる[1]

なお(異説もあり)、初瀬とは別に「長谷(はせ)」という地名があり「長谷の発瀬川(はせのはつせがわ)」という呼称が出来[1]、それが縮まって「長谷川(はせがわ)」となった、とする説もある[1]

三文字姓としては、佐々木に次いでメジャーな姓である[1]

長谷川氏も参照。

地名[編集]

河川[編集]

河川の名称。

地名[編集]

日本の地名(河川以外)。

企業[編集]

日本にある企業の名称。人名に因む。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 高澤等、森岡浩 著『日本人の名字と家紋』プレジデント社、2017、p.13。
  2. ^ 「船を停泊(ていはく)させる」と言う時の「泊」の漢字を当てている。

関連項目[編集]