平民苗字必称義務令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平民苗字必称義務令(へいみんみょうじひっしょうぎむれい、平民苗字必唱義務令)は、日本の法令である(明治8年太政官布告第22号)。1875年明治8年)2月13日公布。すべての国民に苗字(名字・姓)を名乗ることを義務付けた。

江戸時代まで、日本において公的に苗字を使用したのは、原則として、公家及び武士などの支配階層に限られ、一種の特権とされていた[1]明治維新により、従来の身分制度の再編が図られ、明治3年9月19日(1870年10月13日)に「平民苗字許可令」(明治3年太政官布告第608号)[2]が定められた。この布告では初めて「平民」の語を用いて、華族及び士族(この両者は公家・武士の家柄がほとんどである)に属さない平民に「苗字」の使用を許した。しかし、当時の国民(平民)には、あえて苗字を使用しない者も多かった。そのため、1875年(明治8年)に改めて名字の使用を義務づける「苗字必称義務令」を出した[3]

本令では、苗字を称える(唱える)ことを義務づけ、「祖先以來苗字不分明ノ向」は新たに苗字を設けることとした。

1875年明治8年)2月13日に平民苗字必称義務令が出されたことから、2月13日を「苗字制定記念日」という。また、明治3年9月19日(1870年10月13日)に平民苗字許可令が出されたことから、9月19日は「苗字の日」とされている。

なお、仏教僧侶は本来は俗縁を絶って出家した身であることから戒名を出家前の姓(俗姓)に続けて名乗ることはなかったが、平民苗字必称義務令の際に僧侶が例外とされることはなかったため、現在に至るまで日本の僧侶は俗姓に戒名を続けて名乗っている(江戸時代までの慣習に従えば、たとえば有馬家の出身で僧侶になって頼底と名乗った有馬頼底であればただ「頼底」と名乗ることになる)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、庶民が公に苗字を名乗ることが控えられていたのであって、苗字自体は庶民の多くも保持伝来していたとされる。「平民苗字必称義務令」でも、新たに苗字を設けることは例外とされていることから、原則として、「先祖以来」の苗字を称えることが想定されている。
  2. ^ 明治3年9月19日(1870年10月13日)、「平民苗氏ヲ許ス」、国立国会図書館近代デジタルライブラリー 。
  3. ^ 1875年明治8年)2月13日、「平民自今必苗字ヲ唱ヘシム」、国立国会図書館近代デジタルライブラリー。

外部リンク[編集]