北条氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北条氏
家紋
三つ鱗
本姓 称:桓武平氏
(諸説あり)
家祖 北条時方
種別 武家
出身地 伊豆国田方郡北条郷
主な根拠地 相模国鎌倉郡
著名な人物 北条時政
北条政子
北条義時
北条頼時(泰時)
北条時頼
北条時宗
北条高時
北条時行
赤橋登子
支流、分家 得宗
名越氏
極楽寺氏
大仏氏
金沢氏
普恩寺氏 など
凡例 / Category:日本の氏族

北条氏(ほうじょうし、旧字体: 北條氏)は、伊豆国出身の豪族で、鎌倉幕府執権職を世襲した一族である。戦国大名北条氏(後北条氏、小田原北条氏)との混同を避けるため鎌倉北条氏、もしくは代々鎌倉幕府執権職を継承したことから執権北条氏と呼ばれることもある[注釈 1]。通字は(とき)[注釈 2]。ただし北条から移住した後も実際に北条の名字で呼称されたことが確認できる者は時政、時頼などごく少数派である[1]

北条家家紋三つ鱗の伝説を描いた月岡芳年の浮世絵。北条時政江の島で参籠の際、21日目に弁財天が現われ、非道を行なえば家が滅びると告げたのち、蛇に変化して海中に消えた。そのとき残した3枚の鱗を扇に載せておしいただく時政の図[2]

概要[編集]

起源[編集]

伊豆国田方郡北条(静岡県伊豆の国市)を拠点とした在地豪族で、桓武平氏平直方を始祖と自称する[注釈 3]。後北条氏と並んで桓武平氏を本姓とされることがある。ただし、現在伝わる北条氏系図の中には時政以前の系譜において違いを見せるものもいくつか存在する。関東で成立した『源平闘諍録』では、伊勢平氏の祖・平維衡の子孫とされている。こうした史料状況から、北条氏は自家の系譜が正確に伝わる家ではなかったことを示しているとして[3]、桓武平氏の流れであることを疑問視ならびに否定視する研究者も出てきた。家紋研究家の高澤等は、同じ三つ鱗紋を用い、北条氏のように大蛇伝説[注釈 4]を持つ豊後緒方氏の祖である大和大神氏の一族ではないかと論考している。ただし時政の祖父が時家、父が時方(または時兼)という点は諸系図でほぼ一致しており、時家の『尊卑分脈』傍注には「伊豆介」とある。上横手雅敬は、土着したのはそう古い年代ではなく、幕府内で要職に就いているために、京都と極めて密接な関係にあったのではないかと推測している[4]。また、杉橋隆夫は『吾妻鏡』が時政の父の名前すら記していないのに同族とされる北条時定の卒伝には父の北条時兼が「北条介」であったことを記していることを指摘して、本来は時兼ー時定が北条氏の嫡流であったと推測する[5]佐々木紀一は『源平闘諍録』の系譜に時政の祖父である平時家を「北条介の婿」と記していること、北条氏の婚姻関係が明らかになるのは時家以降であることから、時家を11世紀後半から12世紀初めの実在の人物で画期とみている[6]野口実は杉橋や佐々木の見解を受けて、時定が時政の弟か従弟か甥かは確定できないものの、時政と異なって早くから京都に出仕していたこと、北条氏が平直方の子孫であるとする系譜に関しては

  1. 源頼朝が北条時政の婿である事実と源頼義が平直方の婿である故事を結びつけるために北条氏を直方の子孫である系譜を捏造した可能性は排除できない。
  2. 京武者・平時家が何らかの事情で伊豆の在地官人である北条氏の婿として家を継いだもので、時家が直方の子孫であった可能性は排除できないが、受領に就くことが可能な他の京武者の出身であった可能性もある(野口は時政が頼朝から伊勢の地頭職を与えられていることから、その祖である時家が伊勢平氏の出身であった可能性を推定している)。

という見解を提示している[7]。その一方で、三嶋大社とも縁があり、伊豆国造とつながりがある日下部氏一族ではないかという推察もある。

吾妻鏡文治5年(1189年)6月6日条によれば、田方郡内には南条・北条・上条・中条と呼ばれる地域が並んでいたという。平安時代中期以降、律令制名田または(みょう)といった徴税単位に細分化され、方位や区分を示す「条」と呼ぶ例が多く見られた。他の東国有力武士団である三浦氏千葉氏小山氏秩父氏などは、何代か前から多くの有力な一族を各地に分派させて同族集団を形成しているが、北条氏には時政以前の分流が甥といわれている北条時定の系統の他は見られない(時政の兄弟の存在すら不明である)こと、『吾妻鏡』が40歳を越えた時政に「介」や都の官位などに就かず、ただ「北条四郎」「当国の豪傑」とのみ記していること、保有武力に関しても石橋山の戦いの頼朝軍の構成を見る限り突出した戦力を有していたとは言いがたいことなどから、北条氏の勢力は決して大きくなく、伊豆においても中流クラスの存在であったとするのが一般的な見解である。一方で、北条氏の本拠は国府のある三島狩野川流域に近接して軍事・交通の要衝といえる位置にあることから、国衙行政や交易などに長けており、所領は小さくても富強であったとする見解もある[8]

鎌倉幕府の執権[編集]

北条時政は、娘北条政子源頼朝の妻となったことから頼朝の挙兵に協力して鎌倉幕府の創立に尽力、頼朝が征夷大将軍に任じられると、有力御家人としての地位を得る。亀の前事件で頼朝に抗議して伊豆に閉居していた時期もあったが、やがて頼朝の命で京都守護として京都の治安回復や朝廷との交渉にあたった。特に独裁権をふるった頼朝の死後は源氏以外で初の国守に任官したり、政策機関としての十三人の合議制に親子で名を連ねるなど、並び御家人から一歩抜きん出た勢力となっている。頼朝の子源頼家源実朝の外戚として幕府内で強い影響力を持ち、初代執権となった。そして2代将軍頼家を追放し、修禅寺に幽閉した上で謀殺した。さらに、第3代将軍・実朝をも暗殺して娘婿の平賀朝雅を将軍に立てようとしたが、娘の政子や息子の義時に反対され出家させられた。

北条氏は2代執権義時から数代にわたって他の有力御家人を次々と排除し、執権政治を確立した。実朝が暗殺されると、義時は京都から九条頼経を第4代将軍に迎え(摂家将軍)、将軍の地位を名目的なものとし、後鳥羽上皇が北条氏排除を企てた承久の乱に勝利し、幕府を安定させることに成功した。3代執権北条泰時御成敗式目を制定し、幕府の御家人支配をゆるぎないものにした。

北条氏は、得宗と呼ばれる嫡流を中心に名越、赤橋、常葉、塩田、金沢、大仏などの諸家に分かれ、一門で執権、連署六波羅探題などの要職を独占し、評定衆や諸国の守護の多くも北条一族から送り出した。なお、これらの分流はすべて時政以降のものであり、一族が膨れ上がる中でも、それ以前の北条氏の流れはまったく歴史に登場していない。得宗家の家臣は御内人と呼ばれ、しばしば得宗の代官として得宗家の所領や守護所などに派遣されている。また、得宗家の家政を取り仕切る最高責任者は内管領と呼ばれ、長崎円喜のように権力を振るうものも現れた。

摂家将軍・頼経、頼嗣は成長すると独自の政権運営を指向し、執権に反抗的な態度を取る。第5代執権・北条時頼は第5代将軍・頼嗣を追放し、宗尊親王を第6代将軍に迎えることで、この危機を乗り切り朝廷との関係を固めた(皇族将軍)。

第8代執権・北条時宗からの国書を黙殺して、御家人を統率して元寇と戦う。これを機に鎌倉幕府は非御家人への軍事指揮権も獲得したほか、西国での支配権が強化され、北条一門が鎮西探題長門探題として派遣された。また、北条一門の諸国守護職の独占も進む。時宗の息子・第9代執権・北条貞時平禅門の乱内管領平頼綱を滅ぼして得宗専制を確立する。これらにより、御家人層の没落が進行し、没落した御家人の中には御内人になる者もあらわれる。

貞時の子・第14代執権・北条高時後醍醐天皇の挙兵計画である正中の変を未然に防ぐが、後醍醐が2度目の計画である元弘の乱に続いて1333年元弘3年/正慶2年)に再度挙兵すると、御家人筆頭の足利高氏(尊氏)がこれに呼応して京都六波羅探題を滅ぼし、上野国新田義貞も挙兵し、高氏の嫡子千寿王(足利義詮)が合流すると関東の御家人が雪崩を打って倒幕軍に寝返り、鎌倉を陥落させる。最後は、東勝寺合戦において敗戦し北条一族のほとんどは討死、また直後に自害し北条氏は滅亡する。

鎌倉幕府滅亡後・子孫[編集]

鎌倉幕府滅亡後に建武の新政が開始された後も、北条氏の残党は津軽日向国伊予国など各地で散発的に反乱を起こした。1335年建武2年)に京都に潜伏していた高時の弟・北条泰家(時興)が公家西園寺公宗と政権転覆を計画するが未然に発覚する。公宗は後醍醐天皇暗殺に失敗し誅殺されたが、泰家は逃亡して各地の北条残党に挙兵を呼びかける。北条氏の守護国のひとつであった信濃国で高時の子・時行らが挙兵し、中先代の乱を起こす。時行軍は足利方の信濃守護・小笠原貞宗を破り、鎌倉を占領する。鎌倉にいた足利尊氏の弟・足利直義は、幽閉されていた護良親王が時行に担がれる事を警戒し、家臣の淵辺義博護良親王を殺害させる。尊氏は後醍醐天皇の勅状を得ないまま乱の討伐に向かい、時行を駆逐してそのまま鎌倉へ留まり建武政権から離反する。その後、時行は南朝から朝敵免除を受け、観応の擾乱の際に武蔵国で再度挙兵するが、尊氏に敗れて捕らえられ斬られた。

時行の子孫は横井氏を称し、南朝方について戦ったと言われているが、詳細ははっきりせず、定説および確証はない。この横井氏の子孫は尾張国海西郡(現・愛西市赤目城主となり、江戸時代尾張藩家老を務めた。また一族からは俳人として著名な横井也有、幕末の肥後熊本藩士で越前福井藩松平家に派遣され活躍した横井小楠などが出ている。また、戦国大名である後北条氏の家臣である横井氏もこの一族とされ、伊勢(北条)氏綱の正室である養珠院殿は同氏の出身とする説[9][10]も出されている。また賤ヶ岳の七本槍平野長泰も横井氏の末裔と名乗り、その子孫は交代寄合を経て明治時代男爵を賜った。

北条氏の女系血筋は足利氏ら武家や阿野家ら公家などに受け継がれている。

北条氏の一族[編集]

太字は得宗家当主

系譜[編集]

※ 数字は宗家(得宗家)当主継承順
※ 丸数字は執権就任順
※ ローマ数字は連署就任順
※ 太字宗家(得宗家)当主
※ 得宗家以外は執権・連署就任者とその係累のみを記載。それ以外傍流の系譜については当該記事を参照。

流派[編集]

太字は嫡流である得宗家。細字は支流(流祖ではない男子は省略)。

名越流はその嫡流意識の強さから、たびたび得宗家と対立し、数度の討伐を受けた。金沢流は最古の武家文庫と知られる金沢文庫を設立した。極楽寺流北条重時は『極楽寺殿御消息』『六波羅殿御家訓』の作者として知られる。

北条氏の嫡流にあたる得宗家[注釈 5]では、泰時(初め頼時)が源頼朝経時時頼の兄弟が九条頼経時宗宗尊親王貞時惟康親王烏帽子親元服していることが史料から明らかになっており[注釈 6]義時と貞時・高時父子を除く歴代当主(当主にはなっていない高時の嫡子・邦時も含む[注釈 7])が烏帽子親である征夷大将軍よりその偏諱(名の一字)を受けていた[注釈 8]ことがうかがえる[18]

得宗家はそのように本来ならば将軍の下で一御家人という立場にありながら、烏帽子親関係による一字付与を利用して、他の有力御家人を統制したことが指摘されており[19][20]、その統制の主体である烏帽子親、すなわち有力御家人が一字を賜る相手が将軍から得宗家へ移行したという見解も示されている[21][20]

また、将軍を烏帽子親として一字を与えられるのが得宗家と赤橋流北条氏の当主に限定されていたのに対し、大仏流北条氏金沢流北条氏の当主は、得宗家を烏帽子親として一字を拝領している[注釈 9]ことから、それよりも一ランク低い家と位置づけられていたことがうかがえる[18]。このように、北条氏一門の中でも家格の違いがあることは、この当時、烏帽子親のランクに応じた家格が存在していたことを示唆するものであるとの指摘もなされている[18]

有力御家人のうち、代々北条氏と婚姻関係を結び、のちに室町幕府将軍家となった足利氏を例にとると、鎌倉期の嫡流家の歴代当主のは「得宗の当主の偏諱+通字の」で構成されている[24](具体的には、泰氏が泰時[25]頼氏が時頼[25]貞氏が貞時[26]、貞氏の三人の息子(高義高氏高国)が高時[27]からそれぞれ偏諱の授与を受けたとする)[28][29]。足利氏は代々北条氏一門の女性を正室に迎え、その間に生まれた子が嫡子となり、たとえその子より年長の子(兄)が何人あっても、彼らは皆庶子として扱われ家を継ぐことができないという決まりがあった[25]が、正室(北条時盛の娘)が子を生む前に早世した頼氏の跡は、その庶子であった家時(貞氏の父、母は上杉重房の娘)が家督を継いだ。家時に「氏」が付かないのはこのためであるようだ[25]が、代わりに用いられた「時」の字は本項の冒頭で示したように北条氏の通字であり、やはり北条氏から偏諱を受けたものであるとみられる[30]。また、足利高義の名の2文字目に清和源氏通字である「義」の字が使われている背景にはこの当時の足利氏と北条得宗家の良好な関係の象徴であり、得宗家が足利氏の将軍および得宗家への忠節と引換に「源氏嫡流」として認められたとする見方もある(→「門葉」)[24]。ちなみに、泰氏の父・義氏の「義」の字に関しても同様の考えで北条義時から賜ったと考えることもできなくはないが、それについては現状の研究では言及されておらず、ひとまずは前述の清和源氏より続く、義氏までの足利氏の通字とみなすのが良いと思われる。

そのように北条氏から一字を受けた御家人は足利氏のみならず、紺戸論文では二階堂氏(行光流)、大江長井氏佐々木氏六角氏京極氏義清流)、千葉氏河越氏大仏流北条氏小山氏小田氏もその例に当てはまるとしており[31]、特に足利・二階堂・長井・六角・京極・千葉・河越の各氏から以下の共通点を見出している。

  1. すべての系統が泰時の「泰」、経時の「経」、時頼の「頼」、時宗の「宗」、貞時の「貞」、高時の「高」を順次諱の一字としており、これらの文字が使われない場合でも北条氏の通字である「時」が使われている。
  2. すべての系統が概ね嫡流である(一部例外あり)。
  3. 各系統のどの世代においても、同じ字を持つ得宗家当主がその地位にあった時期に元服していると見られる[注釈 10]
  4. 以上の現象が縦の父子関係で繰り返されており、原則横の兄弟の関係では見られない(二階堂氏など例外あり)。

北条氏が他の御家人に一字を付与するにあたり、特に泰時以降においては基本的に通字の「時」でない方を与えるようであったが、前述の足利家時のように「時」の字の方を与えられるケースもあった[32]金沢実時(泰時より)や金沢顕時(時宗よりのように北条氏一門ではその通字とみなせるが[注釈 11]、述べたように家時の場合、足利氏では「氏」の字を通字としていたため、「時」の字は北条氏から与えられたものであることが指摘されており[30]平賀惟時(時頼より)[注釈 12]安達時顕小山時長大友親時武田信時武田時頼武田時綱千葉時胤長井時秀毛利時親結城時広六角時信なども同様に「時」の字を与えられた者と考えられる。しかし、「時」の字の方を与えられた理由についてはまだ分かっていない。

室町時代以降、主君へのはばかりから、主君からの偏諱は受ける側の上の字(1文字目)となる場合がほとんどとなったのに対し、鎌倉時代においては下の字(2文字目)につけるケースも多く見られるが、こちらもその理由や基準については明らかになってはいない。しかしながら、烏帽子親子関係が歴史の表面に現れることは稀なことであり、それを明らかにするべくより詳細に分析しようとしても史料的な限界に達してしまうことが予期される[34]ため、今後の更なる研究が必要な分野でもある。

この北条氏の得宗家による一字の付与は、婚姻関係に代わる御家人層に対しての政策であったと考えられ[35]、その対象となったのは、北条氏に対抗し得る勢力を持った特定の氏族(=幕府創設以来の伝統的な御家人)の嫡流(宗家)であった[35]。前述の例に示した足利氏はその筆頭格であり[35]、「特定の氏族」の中には二階堂氏のように幕府の機能の中枢を担う官人も含まれていた[35]。但し、この烏帽子親子関係のみならず、足利氏に対しては一族の女性を嫁がせ[35]、一門の大仏流北条氏に対しては嫡流のみならず他の一族(宗宣の弟たちや高直など)とも烏帽子親子関係を結ぶ[35]など他の政策と併用しながら、時には比企能員の変和田合戦宝治合戦などといった排除政策を行いながら[35]、得宗政治体制を維持していったのである[35]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 早雲・氏綱時代の後北条氏と重複するが、伊豆国を発祥地とするために、伊豆北条氏と呼ばれる場合もある。また、北条氏は源平合戦の時期から頭角を現していたが、執権の設立は3代将軍源実朝の就任以降であり、それ以降も執権以外の著名人物も多く、「執権北条氏」という名称もやや限定的となる。
  2. ^ 桜田時厳のように、法名の場合は「じ」。
  3. ^ 後述にもあるが、最近の研究では平直方の子孫とする説は疑問視されている。
  4. ^ 北条時政が榎ノ島弁財天に参籠したところ竜女が示現し、北条家の繁栄を予祝し3枚の鱗を残して姿を消したという因縁説話(太平記巻第5など)。
  5. ^ ただし、時政の嫡男は初めは長男の宗時、その没後は末の息子ながら後室牧の方の唯一の男子であった政範であったと考えられ、『吾妻鏡』でも頼朝時代には義時や泰時は「江間」の名乗りで登場することが多い。政範の死の直後に発生した牧氏の変において義時が父・時政を追放した結果、実力をもって北条氏当主の地位を得て本来の支流江間流が嫡流得宗家へと変化したと考えられている[11]
  6. ^ 貞時の元服は『建治三年記』、その他は『吾妻鏡』による[12][13]佐藤和彦樋口州男両氏も時頼が頼経から[14]、時宗が宗尊親王から[15]一字を受けたとする説を提唱している。
  7. ^ 北条邦時の「邦」の字も将軍・守邦親王から受けたものである[13]
  8. ^ 元服にあたっては、それまでの童名幼名)が廃されて、烏帽子親から仮名(通称名)と実名)が与えられるが、その際にその実名の一字(偏諱)の付与がなされることが多い[16]。言い換えれば、偏諱を賜うということは烏帽子親子関係を結ぶことを意味していた[17]
  9. ^ 永井晋[22]や山野龍太郎[23]は、金沢貞顕の「貞」の字が北条貞時からのものとしている。
  10. ^ 元服の年齢を10~15歳と仮定した場合。実際はこの範囲はもう少し前後に広がるため、これに合わない場合は10歳以下或いは15歳以上に元服したとみなせば良い[32]
  11. ^ 『吾妻鏡』に基づく[23]
  12. ^ 平賀氏系譜』によれば北条時頼の邸宅で元服したとのことである[33]。六角頼綱も同様に時頼の邸宅で元服したことが『吾妻鏡』に見られ、やはり「頼」の字を受けていると考えられる。

出典[編集]

  1. ^ 加藤晃「日本の姓氏」井上光貞ほか『東アジアにおける社会と習俗』学生社、1984年、109-111頁
  2. ^ 芳年武者无類 遠江守北条時政刀剣ワールド
  3. ^ 細川 2011, pp. 26–27.
  4. ^ 上横手 1958.
  5. ^ 杉橋隆夫「北条時政の出身-北条時定・源頼朝との確執-」『立命館史学』500号、1987年。
  6. ^ 佐々木紀一「北条時家略伝」『米沢史学』第15号、1999年。
  7. ^ 野口実「〈京武者〉の東国進出とその本拠地について」『研究紀要』第19号、京都女子大学宗教・文化研究所、2006年。/所収:野口実 『東国武士と京都』同成社、2015年、136-146頁。ISBN 978-4-88621-711-0 
  8. ^ 関 2009.
  9. ^ 黒田基樹「伊勢宗瑞論」 『伊勢宗瑞』戎光祥出版〈シリーズ・中世関東武士の研究 第一〇巻〉、2013年。ISBN 9784864030717 
  10. ^ 黒田基樹「北条氏綱論」 『北条氏綱』戎光祥出版〈シリーズ・中世関東武士の研究 第二一巻〉、2016年。ISBN 9784864032001 
  11. ^ 細川重男『鎌倉北条氏の神話と歴史―権威と権力』日本史史料研究会、2007年、P18-20.
  12. ^ 山野 2012, p. 164.
  13. ^ a b 山野 2012, p. 182, 脚注(27).
  14. ^ 佐藤 & 樋口 2000, p. 253.
  15. ^ 佐藤 & 樋口 2000, p. 11.
  16. ^ 山野 2012, p. 162.
  17. ^ 田中 2013, p. 19, 田中大喜「総論 中世前期下野足利氏論」.
  18. ^ a b c 山野 2012, p. 182, 脚注(27)
  19. ^ 紺戸 1979.
  20. ^ a b 山野 2012, p. 163.
  21. ^ 角田朋彦「偏諱の話」『段かづら』3・4号、2004年。
  22. ^ 永井晋 『金沢貞顕』吉川弘文館〈人物叢書〉、2003年。ISBN 4-642-05228-3 
  23. ^ a b 山野 2012.
  24. ^ a b 田中 2013, p. 25, 田中大喜「総論 中世前期下野足利氏論」
  25. ^ a b c d 田中 2013, p. 67, 臼井信義「尊氏の父祖 ―頼氏・家時年代考―」
  26. ^ 田中 2013, p. 68, 臼井信義「尊氏の父祖 ―頼氏・家時年代考―」.
  27. ^ 田中 2013, p. 69, 臼井信義「尊氏の父祖 ―頼氏・家時年代考―」.
  28. ^ 田中 2013.
  29. ^ 紺戸 1979, pp. 11–14.
  30. ^ a b 田中 2013, p. 131, 小谷俊彦「北条氏の専制政治と足利氏」。年代を考慮すれば北条時宗から下賜されたものと思われる。
  31. ^ 紺戸 1979, pp. 14–22.
  32. ^ a b 紺戸 1979, p. 19.
  33. ^ 山野 2012, p. 181, 脚注(6).
  34. ^ 山野 2012, p. 180.
  35. ^ a b c d e f g h 紺戸 1979, p. 23

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]