小田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小田氏(おだし)

1.常陸国筑波郡小田邑(現在の茨城県つくば市小田)を本拠とした大身。肥前、武蔵などに分家が存在する。

2.備中国小田郡の地を名字とした氏族。応安3年(1370年)に小松秀清地頭職を得て、小田神戸山城を本拠とした。戦国時代末に毛利氏の幕下となった。

以下に1.の氏族について記載する。

発生[編集]

小田氏は鎌倉時代源頼朝に従って功績を挙げ、常陸守護に任じられた八田知家(八田太郎、宇都宮宗綱の子)を祖とする。知家の子の八田知重(尊卑分脈では「八田五郎」、宍戸系図では八田太郎)が小田を名のる。

常陸小田氏[編集]

通字として「」または「」(いずれも読みは「とも」)、室町時代以降は「」(はる)を代々用いている。南北朝時代には南朝方の一翼として活動し、室町時代には鎌倉府により関東八屋形に列せられ、関東の支配体制の一翼を担った名家であった。しかしその後は佐竹氏ら周辺の諸氏に圧迫され、戦国時代に入ると、小田氏の力は大きく衰退し、常陸の南部をかろうじて支配する小大名にまで成り下がっていた。16世紀前半、名君・小田政治が現われて結城氏古河公方などと争い、所領を一時拡大し、最盛期を迎えたが、政治の子・小田氏治は北から佐竹氏、南から後北条氏という二大勢力に領土を侵食され、上杉謙信佐竹義重などに時に臣従し、時に翻弄されながら、領土の侵食・奪還を繰り返していた。地元民には慕われ、幾度領土を追われても、その都度地元民が支援してくれるために、すぐに旧領復帰を成せていた。

永禄12年(1569年)、氏治は佐竹氏の侵攻を受けて居城・小田城を失い、天正11年(1583年)には佐竹氏に完全に臣従した。そして天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐に参陣ぜずに所領奪還の戦を行っていたことを理由に所領は没収され、結城氏と佐竹氏に分割されてしまう。氏治は秀吉に臣従を願うが叶えられず、その後は娘が側室となっていた結城秀康の客分となり、嫡男(次男)の守治とともに越前へ下向した。人質として北条氏に仕えていた庶長子友治は小田原落城後、秀吉に仕え、先祖の「八田」姓に改称し、朝鮮出兵などで活躍するが、豊臣秀次に連座して改易。その後はやはり結城秀康、次いで松平定勝に仕えた。その子義治豊臣秀頼に仕え、大坂の役にも参戦した後、福島正則に客将として招かれたが、正則所領の広島にて死去した。

常陸小田氏一族[編集]

  1. 宇都宮宗綱
  2. 小田知家 - 名は朝家とも。文治5年(1189年)より常陸守護[1]
  3. 小田知重(ともしげ) - 八田知重ともいう。安貞2年(1228年)より常陸守護[1]
  4. 小田泰知(やすとも) - 名は小田泰朝とも。北条氏得宗家当主・北条泰時より偏諱を賜う[2]
  5. 小田時知(ときとも) - 北条氏得宗家当主(経時または時頼)より偏諱を賜う[2]
  6. 小田宗知(むねとも) - 北条氏得宗家当主・北条時宗より偏諱を賜う[2]正安3年(1301年)より常陸守護[1]
  7. 小田貞宗(さだむね) - 名は小田貞知(さだとも、または小田貞朝)とも。北条氏得宗家当主・北条貞時より偏諱を賜う[2]
  8. 小田治久 - 初め北条氏得宗家当主・北条高時より偏諱を賜い小田高知と名乗る[2]。のち治久に改名。
  9. 小田孝朝
  10. 小田治朝
  11. 小田持家
  12. 小田朝久
  13. 小田成治
  14. 小田治孝
  15. 小田政治
  16. 小田氏治
  17. 小田義治
  18. 小田友治
  19. 小田守治

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
八田宗綱(1?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知家1 宇都宮朝綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知重2 伊志良有知 茂木知基 宍戸家政 筑波為氏 浅羽知尚 田中知氏 高野時家 中条家長[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小田泰知(泰朝)3 高岡泰重 田野重継 小幡光重 上曽知賢 朝俊
 
 
 
 
 
時知4 朝時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗知5 北条道知
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直朝 貞宗(貞知/貞朝)6 手野知貞 宗寿
 
 
 
治久(高知)7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝朝8 岡見邦知 田宮知村 成井知繁 小高知秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
治朝 大島治親 小野親知 五上治季 氏知
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
持家9 小高知常 小高知興 直家 常陸治知 鶴谷知季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝久10 治光 肥前小田氏
 
 
 
成治11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
治孝12 顕家 岡見義治 政治13[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡見治資 田土部政秀 氏治14 治算 倉持治光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
友治 守治15 重治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義治 宇都宮友重 経治16 善治


脚注(常陸小田氏関連)
  1. ^ a b c 西ヶ谷恭弘『国別 守護・戦国大名事典』(東京堂出版、1998年)p.123~124。小田氏の当主が幼少の場合などには、知家の子・家政を祖とする同族の宍戸氏(同書には宍戸国家宍戸時家の名が見られる)が守護を務めることもあった。
  2. ^ a b c d e 紺戸淳 「武家社会における加冠と一字付与の政治性について」(『中央史学』二、1979年、p.15系図)より。
  3. ^ 中条兼綱の子。
  4. ^ 堀越公方足利政知の子。

肥前小田氏[編集]

小田直光九州肥前国に移り、肥前の小田氏の祖となり、この一族は肥前国蓮池城(はすのいけじょう)主を拠点とした。少弐氏の家臣となるが、主家の衰退と運命をともにし、小田政光は、龍造寺隆信に降伏したものの、のちに調略により死地に追いやられ、子達も隆信に暗殺され滅亡した。多久龍造寺家龍造寺長信の妻が政光の息女であったため、肥前小田氏は多久家の縁者により継承された。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
小田持家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝久 直家
 
 
 
直光1
 
 
 
泰光2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞光3 光宗
 
 
 
親光4
 
 
 
資光5
 
 
 
元光6
 
 
 
政光7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鎮光 賢光 増光8 徳島信安 高木信直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長昌 信光 本村光宗 執行宗良


*一部の当主は主君・少弐氏当主から偏諱の授与を受けている。直光-少弐直資(冬資頼澄の兄)、(泰光-少弐頼泰(頼尚の甥)?) 貞光-少弐満貞、(親光-少弐資親(教頼の子)?、) 資光-少弐政資、元光-少弐資元 と思われる。

武蔵小田氏[編集]

常陸小田氏の庶流で騎西城に拠った一族。小田顕家成田長泰の弟で小田顕家の跡を継いだ小田朝興などがいる。

関連諸氏[編集]

常陸小田氏関連[編集]

岡見氏

信太氏

菅谷氏

江戸崎土岐氏

龍ヶ崎土岐氏

高岡氏

参考文献[編集]

関連項目[編集]