北条時茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
北条時茂
時代 鎌倉幕府
生誕 仁治元年(1240年
死没 文永7年1月27日1270年2月18日
別名 陸奥弥四郎(通称)
官位 従五位下左近将監陸奥守
幕府 鎌倉幕府 小侍所別当、六波羅探題北方、
摂津若狭国守護
主君 宗尊親王
氏族 北条氏極楽寺流
父母 父:北条重時、母:平基親の娘
兄弟 為時長時時茂業時義政忠時
葛西殿北条時頼室)、安達泰盛室、
宇都宮経綱
時範北条宗宣室、足利家時

北条 時茂(ほうじょう ときしげ/ときもち)は、鎌倉時代中期の武将。北条氏一門北条重時の三男で母は正室平基親の娘。常盤流の祖。六波羅探題北方。

略歴[編集]

執権北条時頼の命を受けて摂津若狭守護職を務めた。建長6年(1254年)3月、北条実時に代わって小侍所別当に任じられた。建長8年(1256年)6月からは同母兄北条長時評定衆に任じられたため、兄に代わり六波羅探題北方に任じられて上洛し、文永7年(1270年)1月27日に31歳で死去するまで14年間に渡って探題職を務めた。

後に六波羅を滅ぼす足利尊氏は曾孫にあたる。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]