足利泰氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
足利泰氏
時代 鎌倉時代前期
生誕 建保4年(1216年
死没 文永7年5月10日1270年5月31日
改名 泰氏、證阿(法名)
別名 足利三郎(通称)[1]、平石殿
官位 丹後左衛門佐右馬助宮内少輔正五位下
幕府 鎌倉幕府
主君 将軍藤原頼経頼嗣
得宗北条泰時時氏経時時頼
氏族 足利氏
父母 父:足利義氏、母:北条泰時の娘[1]
兄弟 吉良長氏泰氏吉良義継新田政義
正室:北条時氏の娘
側室:北条朝時の娘
斯波家氏渋川義顕頼氏石塔頼茂
一色公深上野義弁小俣賢宝加古基氏、覚海、麻植氏継

足利 泰氏(あしかが やすうじ)は、鎌倉時代前期の鎌倉幕府御家人。足利家3代目当主足利義氏の嫡男。足利宗家4代当主[2][3]室町幕府初代征夷大将軍足利尊氏高祖父

略歴[編集]

元服に際して、外祖父(母方の父)にあたる、鎌倉幕府第3代執権北条泰時から偏諱を賜わり[4][注釈 1]泰氏と名乗った。

嘉禎2年(1236年丹後、嘉禎3年(1237年)に宮内少輔になり、鎌倉幕府4代将軍藤原頼経に近仕した[2]宝治合戦の直前、宝治元年(1247年)3月2日に、時頼の姉妹である泰氏の正室が死去。宮騒動、宝治合戦に続く執権北条時頼による得宗専制体制強化の過程で、有力御家人の勢力が削がれていく中でも、父の義氏は幕府宿老として重んじられていたが、建長3年(1251年)12月、泰氏は36歳で無断出家してしまい、幕府の許可無く出家したことを咎められ、自身が拝領した下総埴生荘を没収されて足利の本領に閉居した[2][3]。以降、政治の舞台に出ることはなくなったとされる。泰氏の出家の翌年3月には5代将軍藤原頼嗣が京へ強制送還されていることから、何らかの関連性があったと考えられているが、無断出家をした原因は不明である[2]。なお義氏は、泰氏出家後も地位や所領を保ち、頼氏には義氏の所領が相続されている[3]

家内にあっては、はじめ名越流北条氏北条朝時の娘を正室に迎え、斯波家氏渋川義顕を儲けるが、後に得宗家の北条時氏の娘と婚姻することになり、これを正室として足利頼氏を儲けた。得宗家との婚姻により、朝時の娘は側室に移され、後継者と目されていた家氏は廃嫡、尾張足利家として後の斯波氏の祖となり、足利宗家嫡男も正室の子である頼氏となった[2][3]。このような経緯もあり、足利一門の中でも斯波氏と渋川氏格別の家格を誇ることとなる[2]。六男の基氏は下野の足利荘のうち加古郷を分領され加古氏の祖となった。さらに後には桜井判官代俊光の娘との間に、一色公深を儲ける。公深は桜井判官代俊光より三河国幡豆郡吉良荘の地頭の身分を譲り受け、吉良荘一色郷(愛知県西尾市一色町)に住み、足利家の四職のひとつの家となる一色氏の祖となる。

文永2年(1265年)に智光寺を建立した。室町幕府を開府する前の足利氏の勢力は、父・義氏と泰氏の頃が最大だった。その頃を偲ばせる、泰氏が足利氏の氏寺・鑁阿寺南大門に足利一党の武者500騎を勢揃いさせた故事に因んだ節分鎧年越という行事が今も足利市で行われている[6]

子女[編集]

泰氏は数多くの子女を儲け、その多くが後の有力な足利一門の祖となる。

家臣[編集]

登場する作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鎌倉期の足利嫡流家の歴代当主のは「得宗の当主の偏諱通字の「氏」」で構成されていた[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 尊卑分脈』による(前田治幸 「鎌倉幕府家格秩序における足利氏」(田中、2013年、p.184))。
  2. ^ a b c d e f 奥富、2008年、p.92-111。
  3. ^ a b c d 小谷、1980年。
  4. ^ 臼井信義 「尊氏の父祖 -頼氏・家時年代考-」(田中、2013年、p.67)
  5. ^ 田中大喜「中世前期下野足利氏論」(田中、2013年、p.25)
  6. ^ 節分 鎧年越(せつぶん よろいとしこし)のお知らせ 2012年4月19日閲覧。足利市公式topページ→組織でさがす→観光交流課→節分鎧年越

参考文献[編集]