藤原頼経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原頼経
Kujō Yoritsune.jpg
藤原 頼経像(『集古十種』より)
時代 鎌倉時代
生誕 建保6年1月16日1218年2月12日
死没 建長8年8月11日1256年9月1日
改名 三寅(幼名) → 頼経 → 行賀(法名)
別名 九条 頼経、七条将軍
官位 正二位権大納言、鎌倉幕府第4代征夷大将軍
氏族 九条家藤原北家九条流
父母 父:九条道家、母:倫子西園寺公経の娘)
兄弟 教実二条良実頼経一条実経法助
正室竹御所源頼家の娘)、藤原親能の娘
頼嗣、道増、源恵
テンプレートを表示

藤原 頼経(ふじわら の よりつね)は、鎌倉幕府の第4代征夷大将軍摂家から迎えられた摂家将軍九条頼経とも呼ばれる。

両親ともに源頼朝の同母妹坊門姫の孫であり、前3代の源氏将軍とは遠縁ながら血縁関係にある。妻は源頼家の娘竹御所

竹御所は難産の末、母子共に亡くなり、源頼朝直系である源氏将軍の血筋は断絶した。頼経は反執権勢力に利用されるようになり、第5代執権北条時頼によって京都へ追放された(宮騒動)。

生涯[編集]

九条道家西園寺公経の娘・倫子の子として生まれる。生まれたのが年・寅月・寅刻だったので、幼名を三寅(みとら)と言った。

建保7年(1219年)に3代将軍・源実朝が暗殺された後、鎌倉幕府皇族を将軍に迎えようとして、有力御家人一同が連署した上奏文を携えた使者を京都へ送ったが、後鳥羽上皇に拒否される。そのため源頼朝の同母妹(坊門姫)の曾孫にあたる2歳の頼経が鎌倉に迎え入れられた。三寅の鎌倉下向から数年間は北条政子が尼将軍として三寅を後見して将軍の代行をしていた。その後、承久の乱をはさんで、6年後の嘉禄元年(1225年)、元服し頼経と名乗る。翌嘉禄2年(1226年)、将軍宣下により鎌倉幕府の4代将軍となる。寛喜2年(1230年)12月9日、2代将軍・源頼家の娘で16歳年上の竹御所を妻に迎える。

北条義時・政子姉弟の担ぎ挙げた傀儡将軍であり、加えて天福2年(1234年)には正室・竹御所が死去したこともあり、将軍としての実権はなかった。しかし、年齢を重ね官位を高めていくにつれ、義時の次男・朝時を筆頭とした反得宗・反執権政治勢力が頼経に接近し、幕府内での権力基盤を徐々に強めていく。また、父の道家と外祖父の西園寺公経関東申次として朝廷・幕府の双方に権力を振るい始めた事も深刻な問題と化してきた。特に北条氏との関係に配慮してきた公経が死去し、北条氏に反感を抱く道家が関東申次となると道家が幕政に介入を試みるようになってきた。そのため、頼経と執権・北条経時との関係が悪化し、寛元2年(1244年)経時により将軍職を嫡男の頼嗣に譲らされた[注釈 1]。日本史研究者の青山幹也によれば、この頃の側近は、藤原定員中原師員藤原親実後藤基綱の4人だったという[2]

翌寛元3年(1245年)鎌倉久遠寿量院で出家、行賀と号する。その後もなお鎌倉に留まり、「大殿」と称されてなおも幕府内に勢力を持ち続けるが、名越光時ら北条得宗家への反対勢力による頼経を中心にした執権排斥の動きを察知され、執権時頼により寛元4年(1246年)に京都に送還、京都六波羅の若松殿に移った。また、この事件により父道家も関東申次を罷免され籠居させられた(宮騒動)。

その後、宝治元年(1247年三浦泰村光村兄弟が頼経の鎌倉帰還を図るが失敗する(宝治合戦)。また、建長3年(1251年足利泰氏が自由出家を理由として所領を没収された事件も、道家・頼経父子が関与していたとされる。建長3年(1252年)、頼嗣が将軍職を解任され、京都へ送還された。まもなく父・道家は失意の内に没した。

4年後の康元元年8月11日1256年9月1日[注釈 2]、赤痢のため39歳で京都で薨去[4]。翌月には頼嗣も死去している。この頃、日本中で疫病が猛威を振るっており、親子共々それに罹患したものと思われるが、奥富敬之は九条家3代の短期間での相次ぐ死を不審がり、何者かの介在、関与があったのではないかと推測している[5][6]

頼経と頼嗣の2代を摂家将軍・藤原将軍・公卿将軍と呼ぶ。頼経の死に際して、中流公家の吉田経俊の日記『経俊卿記』は「将軍として長年関東に住んだが、上洛の後は人望を失い、遂には早世した。哀しむべし、哀しむべし」と記している。

官歴[編集]

※ 日付 = 旧暦

系譜[編集]

系図[編集]

源義朝
 
源頼朝
 
源頼家
 
竹御所
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
源実朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
九条良経
 
九条道家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
坊門姫
一条能保室)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤原頼経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全子
西園寺公経室)
 
倫子
 
 
 
 
 
 
 
藤原頼嗣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤原親能の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仁子
近衛兼経室)
 
 
 
 
惟康親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西園寺実氏
 
 
 
 
 
 
 
 
久明親王
 
 
守邦親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伝説[編集]

茨城県鹿嶋市宮中にある鹿島神宮の白馬祭は、頼経が関東に下向したときに神託で悪来王を退治したので、鹿島神宮の神前で禁中で行われていた白馬節絵会を執り行ったのが起源という[7]

登場作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 吾妻鏡』では頼経の意志によるものと記されるが、状況から勘案して信じるに足らないとされる[1]
  2. ^ 偶然にも北条時利(のちの時輔)が元服をした日でもある[3]
  3. ^ 嘉禄元年12月29日はユリウス暦では1226年1月28日。
  4. ^ 『尊卑分脈』では綸子、『百錬抄』では淑子とする。

出典[編集]

  1. ^ 石井進『日本の歴史 7 鎌倉幕府』〈中公文庫〉、1974年、415頁。
  2. ^ 永井晋 『金沢北条氏の研究』 八木書店、2006年、107頁。ISBN 978-4840620253 
  3. ^ 佐藤和彦; 樋口州男編 『北条時宗のすべて』 新人物往来社、2000年、272頁。 
  4. ^ 高橋慎一朗『北条時頼』吉川弘文館〈人物叢書〉、2013年、152頁。
  5. ^ 奥富敬之『鎌倉北条氏の興亡』吉川弘文館、2003年。
  6. ^ 奥富敬之 「九条頼経」、安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、2000年。 
  7. ^ 阿部幹男『東北の田村語り』三弥井書店〈三弥井民俗選書〉、2004年1月21日、76頁。