吉良満氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
吉良満氏
時代 鎌倉時代後期
生誕 不明
死没 弘安8年11月17日1285年12月14日
別名 足利上総三郎
戒名 開山檀那自省公大禅定門
官位 従五位下上総左衛門尉
幕府 鎌倉幕府 越前守護
主君 宗尊親王惟康親王
氏族 三河吉良氏
父母 父:吉良長氏、母:覚了院本成大姉
兄弟 満氏今川国氏
土御門顕方室、上野義有
足利泰氏
貞義荒川貞弘畠山時国正室

吉良 満氏/足利 満氏(きら みつうじ/あしかが みつうじ)は、鎌倉時代後期の武将御家人三河国西条領主。越前国守護

生涯[編集]

吉良長氏嫡男として誕生。『吾妻鏡』には建長4年(1252年4月1日、新将軍宗尊親王の鎌倉入りの随兵として登場するのが最初で、正嘉元年(1257年)から廂番、正元2年(1260年)には昼番衆として表れる。弘長3年(1263年)8月の記事を最後に『吾妻鏡』から名前が見えなくなるが、吉良荘へ帰ったらしい。文永8年(1271年)、吉良氏の菩提寺として実相寺(現在の愛知県西尾市)を創建、東福寺円爾を招いて開山式を行っている[1]

建治元年(1275年)頃、文永の役に動揺した幕府の日本海沿岸諸国の大規模な守護更迭策によって越前守護に任ぜられる。鎌倉時代に足利氏の庶流で守護になったのは満氏が唯一であり、異例の人事だった。弘安8年(1285年)11月17日、鎌倉で霜月騒動が起こり、平頼綱の軍勢と戦って敗れ自害して果てた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 江戸期に吉良義定が華蔵寺を菩提寺とするまで西条吉良氏の菩提寺であった。
  2. ^ 1970年代後半頃までは『今川記』の記述により、若年のうちに隠居し禅の修業に励んだと言われ、没年も元応2年(1320年)とされていた。

出典[編集]

  • 「吉良町史 原始・古代・中世前期」
  • 「吉良町史 中世後期・近世」
  • 柳史朗「吉良氏十五代記」(1977年)