田中大喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 大喜(たなか ひろき、1972年 - )は、日本の日本史学者、国立歴史民俗博物館准教授。 専門分野は日本中世史で、特に武士団武家政権を研究の主な専門としている。

来歴[編集]

東京都生まれ[1]1996年学習院大学文学部史学科を卒業。2005年同大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程修了、「中世武士団の構造と展開の研究」で博士(史学)。2005年学習院大学文学部助手、2006年駒場東邦中学校高等学校教諭、2014年国立歴史民俗博物館研究部准教授。

著書[編集]

  • 『中世武士団構造の研究』(校倉書房、2011年)
  • 『新田一族の中世 「武家の棟梁」への道』吉川弘文館、2015

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『中世武士団構造の研究』著者紹介

外部リンク[編集]