上杉頼重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上杉 頼重(うえすぎ よりしげ 生没年未詳)は、鎌倉時代の人物。上杉氏二代当主。通称三郎、のち出家して三郎入道。大膳大夫掃部頭、承安門院蔵人上杉重房嫡子で、足利尊氏外祖父にあたる。

人物[編集]

上杉重房の子として生まれる。同じく重房の子(頼重の妹または姉)に山名政氏の妻(山名時氏の母)と足利頼氏の側室がいる。後者は頼氏との間に足利家時を生み[1]、その兄弟である頼重も頼氏より偏諱(「頼」の1字)を受けてそのを名乗ったとされている[1]。その後も足利氏との関係を深め、娘の清子を甥・家時の子である足利貞氏に嫁がせ、その子である尊氏・直義の兄弟が鎌倉幕府を滅ぼし天下を統べる立場となると、足利氏の家宰として高氏(娘婿の高師直ほか)などと共に政務の中心になった。祖父・清房の代(正確には父の若い頃)まで藤原氏として在京しており、血縁を活かした中央工作で、足利氏の影響力を高めることに成功した。

子に重顕(しげあき、扇谷上杉家祖)、頼成(頼明、顕成とも)、憲房、加賀局(勧修寺道宏正室、子に上杉重能(重顕・憲房の養子))、上杉清子(足利貞氏側室)、日静、女子(高師直正室)らがいる。

脚注[編集]