上杉吉憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上杉吉憲
Uesugi Yoshinori.jpg
上杉吉憲像(上杉家歴代藩主像より、上杉博物館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 貞享元年11月8日1684年12月14日
死没 享保7年5月1日1722年6月14日
改名 勝千代(幼名)→吉憲
別名 通称:喜平次
戒名 樹徳院殿法印権大僧都泰心
官位 従四位下侍従民部大輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
出羽米沢藩藩主
氏族 上杉氏
父母 父:上杉綱憲、母:茨木氏(清寿院)
養母:徳川光貞娘・栄姫
兄弟 吉憲吉良義周憲孝勝周勝延
豊姫黒田長貞正室)
養兄弟[1]鶴姫(島津綱貴継室)
阿久理(津軽政兕室)
酒井忠平室(後大炊御門経音室)
正室:黒田綱政
継室として婚約:鍋島吉茂養女[2]
側室:山中氏(祥寿院)、山本氏
宗憲宗房畠山義紀重定

上杉 吉憲(うえすぎ よしのり)は、江戸時代中期の大名出羽国米沢藩5代藩主。吉良義央の孫にあたる。

経歴[編集]

貞享元年(1684年)、4代藩主・上杉綱憲の庶長子として誕生。庶子ではあったが、父と正室・栄姫に間に嫡子がなかったので、栄姫を養母として正式に世子となり喜平次と改名。元禄11年(1698年)11月28日、元服し、従四位下民部大輔に叙任。5代将軍徳川綱吉偏諱を受け吉憲を名乗る。元禄16年(1703年)8月21日、父の隠居により家督を継ぐ。同日、侍従兼任。

宝永元年9月(1704年9月)、家督相続早々に江戸幕府より江戸城半蔵門・清水門の石垣普請を命じられた。宝永2年(1705年)に米沢に初入部、またこの年に片山元僑を藩に招く。享保4年(1719年)には弟・勝周に1万石を分与して支藩である米沢新田藩を立藩させた。先述の普請などもあって藩財政の窮乏が進み、参勤交代の費用にすら事欠く有様で、享保5年(1720年)の参勤交代の際には藩士の俸禄100石中の300文、人別銭100文を徴収して江戸への路費にあてる始末であった。また藩士も窮乏し、正徳年間には既に中級武士の馬廻組の中に家財を売って、細工物をして生計を立てる者も多くなる。

享保7年(1722年)、死去。享年39。墓所は米沢市。跡を長男・宗憲が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ いずれも吉良義央の娘。
  2. ^ 婚約中に死去。

演じた俳優[編集]