上杉憲俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上杉 憲俊(うえすぎ のりとし、 1579年天正7年) ‐ 1648年慶安元年))は、安土桃山時代から江戸時代初期の人物。深谷上杉家上杉氏憲嫡男

父は後北条氏に従っており、小田原征伐で所領を失う。はじめは父に従い信濃国で暮らすが、1617年播磨平福藩主の池田輝興に仕え始める。輝興が罪を得ると、それに従い岡山へ随行した。一説には1600年関ヶ原の戦いの直前に、上杉景勝から仕官の誘いがあったとも云われるが、定かではない。