上杉憲英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上杉憲英
時代 南北朝時代 - 室町時代
生誕 不明
死没 応永11年8月2日1404年9月6日
氏族 山内上杉家庁鼻和上杉家
父母 父:上杉憲顕
兄弟 憲将憲賢能憲憲春憲方憲英憲栄岩松直国室、上杉朝房
憲光只懸憲国只懸憲輔憲直

上杉 憲英(うえすぎ のりふさ)は、南北朝時代から室町時代にかけての武士庁鼻和上杉家初代当主。武蔵国庁鼻和城主。

略歴[編集]

上杉憲顕の六男として誕生。

康応年間、現在の深谷市近郊に庁鼻和城を築城、庁鼻和(こばなわ)上杉家を名乗る。

後に子孫の上杉房憲深谷城を立てて深谷上杉家を名乗る。戦国時代中期には後北条氏に降り、氏憲の代には所領を失う。