深谷城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
深谷城
埼玉県
深谷城址公園
深谷城址公園
別名 木瓜城
城郭構造 平城
天守構造 不明
築城主 上杉房顕 [1]
築城年 康正2年(1456年[1]
主な城主 深谷上杉氏松平氏酒井氏
廃城年 寛永11年(1634年
遺構 堀、模擬(石垣、塀、堀)、石碑、説明板
指定文化財 なし
位置 北緯36度11分57.3秒
東経139度17分10.7秒

深谷城(ふかやじょう)とは、現在の埼玉県深谷市本住町にあった日本の城である。

城の形態としては、平城であった[2]

概要[編集]

康正2年(1456年)に深谷上杉氏上杉房顕が台地の北端部付近に築いたものである[1]天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐で開城するまで、深谷上杉氏の居城であったが、徳川家康の関東入部に伴い、長沢松平家松平康直が1万石で入城した。

その後、家康の七男松千代、兄の六男忠輝が継いだ。しかし、忠輝は慶長7年(1602年)に下総佐倉へ転封となり、慶長15年(1610年)に桜井松平氏の松平忠重が入封したが、元和8年(1622年上総国佐貫へ移封された。

その後酒井忠勝が1万石を領有して入封したが、寛永4年(1627年)に武蔵国川越へ移封となり、深谷藩は廃藩となり、寛永11年(1634年)に廃城となった。

現況[編集]

現在は、城址公園として整備されているが、遺構は残っていない。模擬石垣・塀・堀が造られている。ただし、隣接する富士浅間神社の周囲に外堀跡が残っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山口恵一郎 『日本地名辞典 市町村編』 東京堂出版、1980年10月。ISBN 978-4490101355
  2. ^ 澤出 晃越 編著「深谷城跡」『埼玉県深谷市埋蔵文化財発掘調査報告書』17、深谷市教育委員会、1987年。

参考文献[編集]

深谷市教育委員会 埼玉県深谷市埋蔵文化財発掘調査報告書 深谷城跡 第1~14次 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]