長沢松平家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長沢松平家
No image available.svg
はなちょうじ
花丁字
本姓 称・清和源氏
家祖 松平親則
種別 武家
出身地 三河国宝飯郡長沢
主な根拠地 三河国宝飯郡長沢
著名な人物 松平康忠
松平忠輝
松平忠敏
支流、分家 大河内松平家
凡例 / Category:日本の氏族

長沢松平家(ながさわまつだいらけ)は、松平氏の庶流。十八松平のひとつ。

長沢城(三河国宝飯郡長沢)を本拠地としたため、長沢松平家と呼ばれた。なお、摂津源氏とされる大河内氏から分家に養子として入った松平正綱大名として取り立てられただけでなく、正綱の後継として入嗣した甥の信綱松平伊豆守として大成させて本家より栄えたため、江戸時代の長沢松平家は傍流の大河内松平家を指す場合が多いようである。

ただし、正綱にせよ信綱にせよ長沢松平家の傍系へ入嗣したに過ぎず、大河内氏の流れではない長沢松平家の直系は存続している。


概要[編集]

長沢松平家は松平宗家三代・松平信光の十一男(異説あり)親則を祖とする。本拠地は長沢城であった。この長沢城は現在の豊川市立長沢小学校愛知県豊川市長沢町字午新)周辺。今では旧東海道拡張のための国道1号建設により、城の丘は南北に分断されている。

著名な人物には、徳川家康の従弟・松平康忠がある。康忠は戦功多く、徳川十六神将の一人にかぞえられている。

文禄2年(1593年)、康忠の子・松平康直が嗣子無きまま病没したため、家康の七男・松千代を養子に迎えて家名存続を図った。その松千代が夭折すると、今度は家康六男(松千代の同母兄)を新たな養子とした。これが松平忠輝である。

忠輝を養子に迎えて繁栄を見込めたのは、ほんの僅かな期間に過ぎず、元和2年(1616年)、忠輝は異母兄の将軍・徳川秀忠により改易。長沢松平家の家名は断絶してしまう。

ただし、忠輝の改易後も長沢松平家の血統は残っていた。それでも江戸幕府はなかなかこの家を認めず、享保4年(1719年)にようやく長沢松平家と認知した。天保5年(1834年)に十人扶持になり、やっと幕臣として禄が下された。幕末期当主松平忠敏(主税助)は新選組の前身である浪士組の取締役になった。

その他の長沢松平家[編集]

系図[編集]

凡例
1) 実線は実子、点線は養子
2) 太字当主。数字は家督継承順。

松平信重の子孫[編集]

松平信重は、『寛政重修諸家譜』及び家伝の系譜と系図によると松平親清の二男とされるが、中嶋次太郎著『松平忠輝と家臣団』では、松平康忠の近親者の可能性も指摘されている。なお、政信以降、姓は長澤となる。酒井忠恭の代に厩橋(前橋)藩が姫路へ転封されたため、その後の系図は姫路市城郭研究室所蔵の資料及び善導寺姫路市)の過去帳によった。また、明治以降は戸籍簿による。

松平主馬家[編集]

六代当主・松平親広の孫・松平正世を祖とする。越前松平家・高知席6,000 → 3,000石。

大河内松平家[編集]

松平康直病没前の天正15年(1587年)、徳川家康の命で摂津源氏末裔大河内正綱が長沢松平家分家の松平正次の養子となる。この後は大河内松平家とも呼ぶ。この松平正綱の甥が正綱の養子となり、知恵伊豆と謳われる老中松平伊豆守信綱武蔵国忍藩、そして川越藩主)となる。またその末裔から小知恵伊豆と言われる老中松平伊豆守信明(三河吉田藩主)も出す。大名を三家出し、旗本の家もあった。明治維新後、大河内松平家は全家が大河内姓に復している。

長沢松平家の大名[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 子孫、幕臣500石。
  2. ^ 徳川家康七男。
  3. ^ 徳川家康六男。
  4. ^ 大河内秀綱次男。
  5. ^ 交代寄合松平郷松平家松平尚澄三男。
  6. ^ 通称は平右衛門。文禄4年(1595年6月18日卒。墓は岡崎市岩津町妙心寺
  7. ^ 通称は八兵衛。文禄2年(1593年4月17日卒。墓は妙心寺。
  8. ^ 通称は甚兵衛(以降三代にわたり甚兵衛を称す)。寛永5年(1628年5月17日卒。墓は新宿区四谷の西迎寺。
  9. ^ 正保2年(1645年)11月15日卒。
  10. ^ 通称は平右衛門。
  11. ^ 寛文11年(1671年3月17日卒。
  12. ^ 通称は五郎左衛門。貞享4年(1685年6月25日卒。墓は前橋市の大連寺
  13. ^ 通称・孫三郎。元禄8年(1695年8月11日卒。
  14. ^ 元禄元年(1688年9月29日卒。
  15. ^ 通称・小大夫(以降、子孫も小大夫を称す)。寛保2年(1742年11月5日卒。墓所:姫路市善導寺
  16. ^ 元禄14年(1701年8月10日卒。
  17. ^ 享保10年(1725年1月26日卒。
  18. ^ 通称・平一郎。
  19. ^ 安永9年(1780年9月10日卒。墓所・善導寺
  20. ^ 安永5年(1776年7月17日卒)。
  21. ^ 天明6年(1785年10月28日卒。墓所・善導寺。
  22. ^ 根岸五衛門成巴二男。文化14年(1817年3月8日卒。墓所・善導寺。
  23. ^ 鳥山大七郎允陳二男。元治元年(1864年4月6日卒。墓所・善導寺。
  24. ^ 天保14年(1843年6月28日卒。墓所・善導寺。