松平忠重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠重
時代 江戸時代前期
生誕 慶長6年(1601年
死没 寛永16年2月12日1639年3月16日
戒名 観誉春翁道喜正覚院
墓所 東京都江東区白河霊巌寺
官位 従五位下大膳亮
幕府 江戸幕府奏者番
主君 徳川秀忠家光
上総佐貫藩主→駿河田中藩主→遠江掛川藩
氏族 桜井松平家
父母 父:松平忠頼、母:織田長益
兄弟 忠重[1]忠直忠勝忠久忠好忠利
正室:木下延俊長女
忠倶織田信勝正室

松平 忠重(まつだいら ただしげ)は、江戸時代前期の旗本大名上総国佐貫藩主、駿河国田中藩主を経て、遠江国掛川藩初代藩主。尼崎藩桜井松平家2代。官位従五位下大膳亮

略歴[編集]

慶長6年(1601年)、遠江浜松藩主・松平忠頼の長男として誕生。慶長14年(1609年)9月29日、父が従弟の水野忠胤江戸藩邸に招かれて茶会に参加していた際、同席していた久米左平次と服部半八郎の両名が囲碁の勝敗をめぐって口論、刃傷に及び、この争いを観た忠頼が仲裁に入ったが、逆上した左平次によって刺殺された。この経緯により、忠重は幼少のためもあって末期養子による家督相続は許されず、改易となった。

慶長15年(1610年)7月、武蔵国深谷で8000石を与えられ旗本となる。元和8年(1622年)10月、上総佐貫1万5000石の所領を与えられて大名として返り咲いた。寛永10年(1633年)、1万石加増の2万5000石で駿河田中に加増移封され、寛永11年(1634年)には5000石を加増されて3万石の藩主となる。

寛永12年(1635年)8月4日、1万石加増の4万石で遠江掛川藩主となる。寛永15年(1638年)6月9日、駿府城普請を務め、11月18日には奏者番に任じられたが、寛永16年(1639年)2月12日に死去した。享年39。

跡を長男・忠倶が継いだ。

脚注[編集]