松平景忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 景忠(まつだいら かげただ、天文10年(1541年) - 文禄2年6月3日1593年7月1日))は、戦国時代の武将。五井松平家第5代当主。松平忠次の子。子に松平伊昌

永禄3年(1560年)の丸根攻め以来、松平元康(徳川家康)に仕え続け、姉川の戦い三方ヶ原の戦い長篠の戦い小牧・長久手の戦いなどに参戦し、文禄元年(1592年)の肥前名護屋城出陣まで忠勤に励んだ。文禄2年(1593年)6月3日死去。享年53。葬地は愛知県蒲郡市五井の長泉寺。