松平信道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
松平信道
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦12年1月22日1762年2月15日
死没 寛政3年8月18日1791年9月15日
改名 又七郎(幼名)、信道
戒名 天誉性山誠敬院
墓所 京都府亀岡市光忠寺
官位 従五位下、采女正、若狭守、紀伊守
幕府 江戸幕府 寺社奉行奏者番
丹波亀山藩
氏族 形原松平家
父母 父:松平信直、母:戸田光雄の娘
正室:松平定静の娘
信彰

松平 信道(まつだいら のぶみち)は、丹波亀山藩の第3代藩主。丹波亀山藩形原松平家8代。

生涯[編集]

宝暦12年(1762年)1月22日、第2代藩主・松平信直の長男として生まれる。安永7年(1778年)12月、従五位下・采女正に叙任される。安永8年(1779年)に若狭守に遷任する。天明元年(1781年)閏5月27日、父の隠居により家督を継いだ。このとき、紀伊守に遷任する。

幕命により禁裏警護や京都警護を務め、天明8年(1788年)3月の天明の大火の際には自ら藩士を率いて火消しに出動した[1]。4月に奏者番寺社奉行見習いを兼任する。6月には正式に寺社奉行になった。寛政の改革では松平定信の側近として幕政に参与している。藩政においては、寛政元年(1789年)に「領中刑律89条」という法令を制定している。

寛政3年(1791年)8月18日に死去した。享年30。跡を長男の信彰が継いだ。

出典[編集]