松平信長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 信長(まつだいら のぶなが、文亀3年(1503年) - 天文20年6月18日1551年7月21日))は、戦国時代の武将。松平元心の子で、五井松平家3代目である。子に松平忠次

松平宗家8代で徳川家康の父である松平広忠が、天文4年(1535年)一族で桜井松平家初代の松平信定によって岡崎城を追われた際、領地を捨てて広忠と伊勢に逃れ、天文6年(1537年)広忠が再び岡崎城主として復帰するまで忠勤に励んだ。天文20年(1551年)、49歳で死去した。葬地は愛知県蒲郡市五井の長泉寺。