松平尚栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 尚栄(まつだいら なおよし、元亀2年(1571年) - 承応3年3月24日1654年5月10日))は、安土桃山時代江戸時代旗本松平郷松平(太郎左衛門)家9代当主。松平由重の長男。通称は藤之助。妻は成瀬重正養女。子に松平信正(養子)、松平重和

生涯[編集]

無位無禄だった幼少期のことは詳細は不明だが、弟・信晴とともに、関ヶ原の戦い徳川家康に従軍し、戦功を挙げ、慶長18年(1613年)、家康から恩賞を受け、松平郷に旧領220石が与えられた。大坂の陣では本多正純の隊に属して参戦し、真田信繁の家康本陣への侵攻を防いだ。その後、更に230石を加増され、松平氏館を増築した。 元和5年(1619年)、家康を祀る松平東照宮を松平郷に創建した。正保2年(1645年)頃に剃髪し、晴暗と号した。承応3年(1654年)死去、享年84。