五井松平家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

五井松平家(ごいまつだいらけ)は、松平信光の七男・松平忠景を祖とする松平氏の庶流。三河国宝飯郡五井(御油とも、現在の愛知県蒲郡市五井町)を領したことから五井松平家と称した。

代々松平宗家(徳川氏)に仕え、5代・松平景忠は武功を立て、生涯徳川家康に忠誠を尽くした。7代・松平忠実の時に2代将軍・徳川秀忠から下総国海上郡に6千石を与えられた。大名に取り立てられなかったが、上級旗本であった。その後は、代々寄合で、御家断絶の危機も訪れず、幕末まで存続した。

系図[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 子孫は鵜殿氏を称す。
  2. ^ 旗本・川勝広有四男
  3. ^ 三河吉田藩主・(大河内)松平信明十一男