三木松平家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三木松平家
家紋
丸に蔦[注釈 1]
本姓 称・清和源氏
家祖 松平信孝
種別 武家
出身地 三河国碧海郡三木
凡例 / Category:日本の氏族

三木松平家(みつぎまつだいらけ)は、三河国碧海郡三木郷(現在の愛知県岡崎市上三ツ木町)発祥の松平氏の庶流。徳川家康の大叔父にあたる松平信孝が始祖とされ[1]十八松平の一つとされる。嫡流は江戸開幕以前に断絶し、『寛政重修諸家譜』(以下『寛政譜』)編纂時点では庶家2家が旗本として存続している。

家康から見て最も新しく松平宗家から分かれた家であり、『寛政譜』では最初に家譜が掲げられている[注釈 2]

沿革[編集]

徳川家康の曾祖父にあたる松平信忠は、家督を清康に譲る際[1]、二男の信孝(蔵人)に械木ねむのき(合歓木、現在の岡崎市合歓木町)を[1]、三男の康孝に三木の地を分与した[2]。天文4年(1535年)、松平信定桜井松平家。信孝の叔父にあたる)が松平広忠(信孝の甥にあたる)を岡崎から逐ったが、信孝は大久保忠俊らとともに広忠の帰還を謀り、天文6年(1537年)5月1日に広忠は岡崎への帰城に成功した[1]。信孝は広忠に重く用いられたが、心驕って増長し、松平親長岩津松平家)や、弟の康孝の遺領を押領した[1]。「三木松平」という家名は信孝が三木に住したことによるとされる[1][3]が、この土地は弟から押領した土地ということになる。

天文16年(1547年)正月、信孝が今川家に年始の使者として派遣されている留守中に、妻子や家臣が岡崎から追放された[1]。『寛政譜』は「岡崎の老臣等」が信孝の増長を警戒し、第二の信定となる危惧を広忠に告げたという事情を載せる[1]。信孝は今川義元に調停を要請したが、広忠や「岡崎の老臣等」との関係修復は実現せず[1]、上和田城主松平忠倫に与して織田信秀に通じ[1]、広忠から離反した[1][3]。信孝は三木城および岡城を拠点として岡崎の広忠と戦い、天文17年(1548年)4月に菅生河原で戦死した[3]

信孝の子・松平重忠(九郎右衛門)は家康に仕えて大番頭を務め、慶長5年(1600年)致仕、慶長6年(1601年)12月2日に死去[1]。しかし、重忠の跡を継いだ子の松平忠清(与十郎)も同年12月22日に死去した。忠清には嗣子がなかったため、三木松平の本家は絶家とされる[1]

忠清の弟・松平忠利(九郎右衛門)は、これより先に[注釈 3]父の知行から500石を分与されて別家している[1]。しかし慶長14年(1609年)に伏見城番中の「落度」を咎められて改易された[1]。その後忠利は、大坂の陣に井伊直孝に属して参加し、玉造口で戦功を挙げたという[1]。寛永9年(1632年)7月17日[注釈 4]に赦が行われた際に忠利も幕府に召し返され、のちに大番に列して蔵米300俵を給された[1]。忠利の子孫は「与十郎」「九郎右衛門」などを通称として受け継ぎ、おおむね大番に列した。忠利の孫にあたる松平忠義御小納戸などを務めたのち大番に列し、下総国内で知行500石を与えられた[1]。『寛政譜』編纂時の当主は松平忠敷ただのぶで、御小納戸・御小姓を務め、寛政9年(1797年)に従五位下安房守に叙せられている[注釈 5][1]。家紋は『寛永諸家系図伝』では「沢潟」とされているが、『寛政譜』では「丸に蔦」「鬼蔦」としている[1]

このほか、松平忠義の弟の忠政(弥五左衛門、小兵衛)が別家を立てている。この家は200俵取りで歴代が大番に列しており、『寛政譜』編纂時の当主は松平忠寿(与市郎)[1]。家紋は「丸に鬼蔦」「九曜」「五三桐」[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『寛政譜』編纂時の松平安房守忠敷家の家紋の一つ。
  2. ^ 巻第三に収録。巻第一は「清和源氏総括」、巻第二は「松平庶流略図」である。
  3. ^ 慶長2年(1597年)に16歳で家康に拝謁[1]
  4. ^ 徳川秀忠の世継竹千代(徳川家光)の誕生。
  5. ^ 従五位下(武家官位)に叙せられたのはこの家で初。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『寛政重修諸家譜』巻第三「松平 三木」
  2. ^ 松平康孝”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 2021年1月18日閲覧。
  3. ^ a b c 松平信孝”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 2021年1月18日閲覧。

参考文献[編集]