酒井家次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
酒井家次
Sakai Ietsugu.jpg
酒井家次(関ヶ原合戦図屏風)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄7年(1564年
死没 元和4年3月15日1618年4月10日
別名 小五郎(仮名)、左衛門尉
戒名 梅林院殿円誉宗慶大居士
官位 従四位下、宮内大輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠
下総臼井藩主→上野高崎藩主→越後高田藩
氏族 酒井氏(左衛門尉系)
父母 父:酒井忠次
母:碓井姫松平清康の娘)
兄弟 家次本多康俊小笠原信之
正室:榊原政吉の娘
忠勝直次忠重勝吉了次忠時
政時、娘(松平忠良正室)、
娘(水谷勝隆正室)、娘(内藤忠興正室)、
娘(里見義高室)、娘(島田重利室)、
娘(高力一成室)、娘(菅沼忠隆正室)

酒井 家次(さかい いえつぐ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名徳川氏の家臣。

生涯[編集]

酒井忠次の長男として生まれる。母は徳川家康の叔母碓井姫であり、家次は家康の従弟にあたる。

幼少より家康の家臣として仕え、天正16年(1588年)、父忠次の隠居に伴って家督を継いだ。天正18年(1590年)の小田原征伐後、関東に移封された家康からは下総国臼井に3万7,000石を与えられている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、徳川秀忠に従って中山道を行軍したため、本戦には間に合わず、参加していない。慶長9年(1604年)に上野国高崎5万石に移封されている。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、大坂城の東側の黒門口を持ち場として戦ったが、大坂城の堅い守りに阻まれてはかばかしい武功を挙げることは出来なかった。大坂夏の陣では激戦となった天王寺・岡山の戦いにおいて、天王寺口第三陣の大将を任されている。しかし、豊臣軍の猛攻により、天王寺口の味方は散々に崩され、家次も敗走している。これに関連したのか戦後に家康より譴責があったが、閏6月に許されている。

元和2年(1616年)に越後高田藩10万石に移封された。その2年後の元和4年(1618年)に死去した。家督は長男の忠勝が継いでいる。

登場する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]