松平輝規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平輝規
時代 江戸時代中期
生誕 天和2年6月12日1682年7月16日
死没 宝暦6年2月29日1756年3月29日
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
官位 従四位下右京大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重
上野高崎藩
氏族 大河内松平家
父母 松平信定松平輝貞
兄弟 長八郎、主税、斐章、求馬、信望、縫殿、内匠、数馬、外記、輝規九鬼隆直
竹之助、信応秋元時朝室、米津政容
輝高三浦明次正室ら
テンプレートを表示

松平 輝規(まつだいら てるのり)は、江戸時代中期の大名上野国高崎藩主。高崎藩大河内松平家3代。

生涯[編集]

5000石を領した大身旗本松平信定の十男。従兄である高崎藩主・松平輝貞の養子となる。

元文4年(1739年)、教訓書『見聞相染集(けんもんそうぜんしゅう)』を著わした。書名は実父信定が詠んだ歌「見つ聞きつ いにしへ今の かずかずに 思を染むる 言の葉の道」に由来する。別名を『愼怖記(しんふき)』ともいう。

年譜[編集]

  • 天和2年(1682年)6月12日、江戸に生まれる。
  • 正徳5年(1715年)2月3日、従兄である松平輝貞の養子となる。
  • 正徳5年(1715年)12月25日、従五位下摂津守に任ぜられる。
  • 享保3年(1718年)9月17日、因幡守に改める。
  • 延享2年(1745年)12月11日、家督を相続。閏12月16日、従四位下に任ぜられる。
  • 延享4年(1747年)11月15日、右京大夫と改める。
  • 寛延2年(1749年)2月9日、致仕。
  • 宝暦6年(1756年)2月29日、卒。なお、『寛政重修諸家譜』等は、死去の日を3月11日とする。

系譜[編集]