松平斐章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 斐章(まつだいら あやあき、寛文6年(1666年) - ?)は、常陸国土浦藩の嫡子。5000石を領した大身旗本・大河内松平信定の三男。官位は従五位下、能登守。

叔父・松平信興の養子となり、延宝6年(1678年)に徳川家綱に拝謁する。天和3年(1683年)に叙任し、貞享4年(1687年)には雁間詰となった。しかし、元禄2年(1689年)に廃嫡された。代わって、従兄弟の輝貞が嫡子となった。