松平信応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信応
時代 江戸時代中期
生誕 元禄10年(1697年
死没 延享2年10月5日1745年10月29日
改名 信政→信応
別名 八十之丞→舎人
戒名 誓雲院殿鏡誉祐岳円心居士
墓所 東京都文京区小日向の深光寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
氏族 大河内松平家
父母 父:松平信定 
養父:松平信連
兄弟 長八郎、主税、斐章、求馬、信望、縫殿、内匠、数馬、外記、輝規九鬼隆直、竹之助、信応、女(秋元時朝室)、女(米津政容室)
浅野正氏の娘
信高、某、女(松平忠章室)
養子:信成関永張の娘、信成室)

松平 信応(まつだいら のぶまさ)は、江戸時代中期の旗本寄合)。堅綱系大河内松平家4代。石高は1000石。

元禄10年(1697年)に旗本・松平信定の十三男として江戸で生まれる。宝永元年(1704年)9月20日に松平信連末期養子となり、12月2日に遺領を相続する。幼少のため小普請に入り、正徳元年(1711年)10月19日に初めて将軍家宣御目見する。享保20年(1735年)11月28日に寄合に列する。延享2年(1745年)10月5日に死去した。享年49。

信応の代から、菩提寺を大河内一族の菩提寺である野火止の平林寺から、小日向の深光寺へと変更している。

参考文献[編集]