大河内正陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大河内正陽(おおこうち まさはる、1916年3月30日 - 2003年6月1日)は、日本の工学者(電気工学、計算機工学)。神奈川大学教授、専修大学教授を歴任した。戦前から戦後にかけて、日本のアマチュア無線の振興に貢献した[1]日本アマチュア無線連盟(JARL)名誉会員。理化学研究所第3代所長大河内正敏の甥。子爵大河内正倫の子。大河内正樹の父。元華族大河内松平宗家第13代。従五位。

経歴[編集]

専修大学における活動[編集]

[3]

業績[編集]

  • 著書
    • 『アマチュア無線入門』、オーム社、1952年
    • 『マイクロ波測定』、オーム社、1959年
    • 『電子回路演習』、学献社、1962年
    • 『基礎電子計算機』、実教出版、1974年
    • 『電子計算機演習 FORTRAN』、実教出版、1975年
    • 『経済・経営系のための電子計算機入門』、1980年
    • 『BASIC活用辞典』、誠文堂新光社、1984年
  • 訳書
    • W・R・マクローリン『電子工業史』、白揚社、1962年
    • サミュエル・J・メーソン、ヘンリー・J・ツィンマーマン『電子回路と信号伝送』、近代科学社、1966年
    • L・P・ヒュールスマン『工学者のための計算機プログラミング演習』、丸善、1972年
    • C・C・ペゲルス、R・C・バークラ『経営ビジネスのためのBASIC入門』、マグロウヒル好学社、1980年

脚注および参考文献[編集]

  1. ^ 原昌三、「JP1BJR大河内OMのご逝去を悼んで」、JARL NEWS、p.31、2003年7・8月
  2. ^ 専修大学経営学部に情報管理学科が設置され、情報教育を開始する際に、日本初の計算機FUJICの開発者岡崎文次とともに招聘されて教授に就任した。
  3. ^ 専修経営学論集【大河内正陽教授退職記念号、第41号、1986年2月発行】