松平信連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信連
時代 江戸時代中期
生誕 延宝6年(1678年
死没 宝永元年9月24日1704年10月22日
別名 内記
戒名 本性院殿通玄道融居士
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
氏族 天野家大河内松平家
父母 父:天野長顕 母:青山幸通の娘
養父:松平信義
栄光院(大河内信久の娘)
養子:信応

松平 信連(まつだいら のぶつら)は、江戸時代中期の旗本寄合)。堅綱系大河内松平家3代。石高は1000石。

延宝6年(1678年)に旗本・天野長顕の子として江戸で生まれる。元禄7年(1694年)7月7日に伯母の夫にあたる松平信義末期養子となり、12月12日に遺領を相続する。寄合に列し、宝永元年(1704年)9月24日に死去した。享年27。

参考文献[編集]