大河内久信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大河内久信
時代 江戸時代後期
生誕 不明
死没 弘化2年2月2日1845年3月9日
別名 銶次郎→金兵衛
戒名 洞雲院殿久嶽道永大居士
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
官位 大内記、下野守、肥後
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶
氏族 大河内家
父母 父:大河内久徴
兄弟 久信、女
献珠院(藤木保旧の娘)
久道

大河内 久信(おおこうち ひさのぶ)は、江戸時代後期の旗本大河内宗家21代。石高は715石。

生涯[編集]

大河内久徴の子として生まれる。書院番を務め、天保5年(1834年)11月23日に小納戸となる。天保7年(1836年)5月に小姓、天保8年(1837年)4月2日に西丸小姓、天保12年(1841年)3月23日に本丸小姓となるが、5月15日に御役御免となる。天保13年(1842年)6月に父が死去したため家督を相続する。弘化2年(1845年)2月2日に死去。

参考文献[編集]

  • 小川恭一編『寛政譜以降旗本家百科事典 第1巻』(東洋書林、1997年)
  • 『平林寺史』(春秋社、1988年)