松平輝高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平輝高
時代 江戸時代中期
生誕 享保10年8月29日1725年10月5日
死没 天明元年9月25日1781年11月10日
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
官位 従五位下、佐渡守、因幡守、右京亮従四位下、侍従、右京大夫
幕府 江戸幕府寺社奉行大坂城代京都所司代老中
上野高崎藩
氏族 大河内松平家
父母 父:松平輝規
正室:松平信祝の娘)
継室:(松平信祝の娘)
輝行輝和輝延、永(柳沢保光正室)

松平 輝高(まつだいら てるたか)は、江戸時代中期の上野高崎藩主。寺社奉行大坂城代京都所司代老中を歴任。高崎藩大河内松平家4代。

生涯[編集]

高崎藩初代藩主・松平輝規の長男。京都所司代在任中、竹内敬持を逮捕した(明和事件宝暦事件)。同年老中にのぼり、安永8年(1779年)、松平武元の死去に伴い老中首座となり、勝手掛も兼ねる。天明元年(1781年)、輝高が総指揮をとり、上州の特産物である絹織物や生糸に課税を試み、7月、これを発表したところ、西上州を中心とする農民が反対一揆・打ちこわしを起こし、居城高崎城を攻撃するという前代未聞の事態に発展した(絹一揆)。幕府は課税を撤回したが、輝高はこの後、気鬱の病になり、将軍家治に辞意を明言するも慰留され、結局老中在任のまま死去した。これ以降、老中首座が勝手掛を兼務するという慣例が崩れることになる。長男・輝行が早世したため、次男・輝和が家督を相続した。

官位・役職[編集]