久世広明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

久世広明(くぜ ひろあきら、1732年1月20日享保16年12月23日) - 1785年3月4日天明5年1月24日))は、江戸時代中期の大名寺社奉行大坂城代京都所司代老中下総関宿藩第4代藩主。官位は従四位下、大和守。関宿藩久世家4代。

大身旗本久世広武の長男。兄弟に土井利剛(四男)、娘(巨勢利永正室)。母は松平忠根(五井松平家)の娘。正室は岡部長著の娘。子に久世広誉(長男)、久世広備(六男)、長谷川勝孚(七男)、土井利豊(八男)、久世広才(九男)、鈴木重逵(十一男)、松平広徳(十二男)、久世広侶(十三男)、娘(久世広楽正室)、娘(伊達村芳正室)、娘(久世広孝正室)。

久世重之の五男広籌を初代とする旗本久世家に生まれる。実父広武は土井利良の三男として生まれて、広籌の養子に迎えられた。広明の幼名は熊太郎。1743年寛保)3年7月9日、本家である関宿藩主久世暉之の養嗣子となった。7月28日、将軍徳川吉宗にお目見えした。1748年(寛延元年)8月22日、養父暉之が隠居し、家督を継ぐ。寺社奉行、京都所司代などを歴任後、1781年天明元年)に老中となり、天明5年に死去するまで在任した。

略歴[編集]

墓所は、東京都豊島区巣鴨5丁目の本妙寺