松平乗祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平乗祐
時代 江戸時代中期
生誕 正徳5年9月29日1715年10月26日
死没 明和6年9月4日1769年10月3日
改名 源二郎(幼名)→乗祐
官位 従五位下主水正和泉守従四位下
幕府 江戸幕府雁間詰帝鑑間詰奏者番寺社奉行大坂城代
主君 徳川家重家治
下総佐倉藩主→出羽山形藩主→三河西尾藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平乗邑、母:柳瀬氏
兄弟 意乗乗祐乗薀乗富乗溥、ヒサ、岡部長著正室
正室:土屋陳直
堀口氏
乗孝乗用乗房乗完西郷員相
堀直起守惇土井利見忠順乗峰、里姫、牧野貞長正室、三浦矩次正室、
松平近儔正室、岩城隆恕正室、
永井尚志正室、岡部盛真
養子:井上正定正室

松平 乗祐(まつだいら のりすけ)は、江戸時代中期の大名下総国佐倉藩2代藩主、出羽国山形藩主、三河国西尾藩初代藩主。大坂城代などを歴任した。大給松平家宗家11代。官位従四位下和泉守

生涯[編集]

正徳5年(1715年)9月29日、松平乗邑の次男として誕生。兄・意乗は早世したため嫡男となる。父・乗邑が老中を罷免され隠居謹慎を命じられたため、大給松平家6万石の家督を相続したが、追罰を受け、直後に山形に懲罰的国替を命じられた。

その後、寺社奉行を経て大坂城代となり、西尾に転封となるが、同地は2万7000石しかないため、飛地という形で差分は越前国内に与えられた。

明和6年(1769年)9月4日、死去。享年55(満53歳没)。長男は早世していたため、五男の乗完が跡を継いだ。

経歴[編集]

官位位階[編集]

系譜[編集]