岩城隆恕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
岩城隆恕
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和2年3月18日1765年5月7日[1]
死没 文化14年5月21日1817年7月5日[1]
別名 熊吉→采女[1]
戒名 徳臣院義嶽有勝[1]
墓所 東京都板橋区小豆沢の総泉寺[1]
官位 従五位下伊予守[1]
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
出羽亀田藩
氏族 岩城氏
父母 父:岩城隆恭、母:妾[1]
兄弟 隆恕、八千姫、信ら
正室:松平乗祐
隆喜前田長粲山本茂高隆謨
恵照院ら5男12女
テンプレートを表示

岩城 隆恕(いわき たかのり)は、江戸時代中期から後期にかけての大名出羽国亀田藩7代藩主。官位従五位下伊予守

略歴[編集]

明和4年(1767年)、6代藩主・岩城隆恭の次男として誕生。天明元年(1781年)閏5月1日、江戸幕府10代将軍徳川家治御目見する[1]。天明2年(1782年)12月29日、隆恭の死去により家督を継いだ[1]。天明4年(1784年)12月16日、従五位下・伊予守に叙位・任官する。天明6年(1786年)、駿府加番に任じられる。

文化14年(1817年)5月21日、死去。享年53。長男・隆喜が跡を継いだ。

系譜[編集]

子女は5男12女

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『亀田岩城家譜』

出典[編集]

  • 『亀田岩城家譜』