岩城氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩城氏
家紋
連子に月
本姓 桓武平氏繁盛流
・桓武平氏維茂流
石城国造後裔?
家祖 岩城則道
種別 武家
華族子爵
出身地 陸奥国
主な根拠地 陸奥国磐前郡飯野平
出羽国由利郡亀田
著名な人物 岩城親隆
岩城常隆
岩城重隆
支流、分家 白土氏(武家
鯨岡氏(武家)
大館氏[1](武家)
車氏(武家)
駒木根氏(武家)
陸奥長山氏(武家)
國魂氏(武家)
その他
凡例 / Category:日本の氏族

岩城氏(いわきし)は、日本氏族常陸平氏の庶流と称した「海道平氏」の嫡流ともいわれる。

出自[編集]

その起源は平安時代末期に、陸奥国南部(現在の浜通り夜ノ森以南、いわき市)とされ、常陸平氏の一族と称した岩城則道を祖とする。奥州藤原氏とも関係が深く、岩城則道の正室が徳姫(藤原清衡の養娘、血統は源頼義の流れの娘とされるが不詳)といわれる(国宝白水阿弥陀堂)。また、石城国造建許侶命)の末裔であるともいわれる(『国魂文書』、大國魂神社)。標葉氏楢葉氏陸奥岩崎氏陸奥行方氏が同族といわれる。岩城成衡出羽清原氏に養子に入ったとされ(『清原氏系図』)、出羽清原氏との関係も深い。

概要[編集]

鎌倉時代から戦国時代初期[編集]

鎌倉幕府地頭であった岩城氏は好嶋庄預所伊賀氏と度々訴訟で争った記録が残されている。伊賀氏備前国美濃国にも所領を持つ有力御家人であったが、南北朝時代に海道検断職まで務めた伊賀盛光の輩出後は衰退を始める。代わって岩城隆泰が台頭し、衰退した伊賀氏(飯野氏)などを支配下に置き、磐城一帯の領国支配に成功した。隆泰以降岩城氏は暫く動静が不明瞭になるが、嘉吉2年(1442年)から嘉吉3年(1443年)にかけて勃発した岩城氏の内訌・嘉吉の内紛(岩城左馬助の乱)を、岩城氏の庶流である白土系の岩城隆忠が鎮圧して以降は隆忠の系統が当主になったとみられている。隆忠の子で10代当主・岩城親隆やその子・常隆白河結城氏常陸国佐竹氏の内紛に介入し、軍事的にも外交的にも成果を収め、大館城(飯野平城)を居城とし、常陸から南東北にかけて勢力を伸ばした。

戦国時代中期から安土桃山時代[編集]

岩城氏15代当主・岩城重隆の代になると、近隣の相馬氏田村氏との抗争が激化し、さらに伊達氏蘆名氏などの新興勢力が多数乱立した上、佐竹氏との同族化のため、岩城氏の影響力は相対的に目立たなくなった。重隆は陸奥守護伊達稙宗と稙宗の婿・相馬顕胤の圧力を受けて、娘である久保姫伊達晴宗に嫁がせ、その嫡男である親隆を養嗣子として迎えた。天文11年(1542年)からの伊達氏の内訌・天文の乱に際しては遠交近攻の策をとり、稙宗派の田村氏や相馬氏と争う形になった。親隆の時代には勢力を強めた佐竹義昭義重父子との抗争に苦しめられ、佐竹氏から室を迎えたものの親隆治世の末期と子・常隆の代には一時佐竹氏に家中の主導権を握られる状況になった。 常隆の代は父・親隆の実弟である伊達輝宗とその子・政宗が南奥で勢力を増したため、岩城氏もその圧迫に悩まされることになった。政宗の正室・愛姫は岩城氏の宿敵である田村氏の娘であったため、常隆は伊達氏より離反し佐竹氏との関係を強めるが、政宗が蘆名氏を破って南奥を制覇すると、再び伊達氏と接近した。 天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐が勃発すると、岩城常隆は小田原に参陣することで、所領を安堵された。常隆は小田原征伐直後に病死し、子・政隆も幼少であったため、佐竹義重の三男・岩城貞隆が岩城氏を継いだ。

貞隆は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで当初は東軍方になったが、実兄・佐竹義宣の命に従って、徳川家康上杉景勝征伐に参加しなかったため、所領(現在の浜通り夜ノ森以南)12万石を没収される。この頃、岩城氏の一部が、紀伊半島白浜へ移住し、現在の南紀白浜地区を最初に開拓した。白浜の岩城氏の地位は定かではないが、士族として明治維新を迎えている。維新後、白浜岩城氏の数家が、屯田兵として北海道へ渡り、愛別町白滝村を開拓した。

江戸時代[編集]

慶長20年(1615年)、貞隆は信濃国中村1万石を与えられる。貞隆の子・吉隆は出羽国亀田藩主であったが、子のなかった伯父・佐竹義宣の養子に迎えられて秋田藩2代藩主・「佐竹義隆」となる。このため、今度は義宣や貞隆の弟・多賀谷宣家が岩城氏に迎えられて「岩城宣隆」と名乗った。

岩城貞隆が岩城氏を継いだ際、先代・常隆には政隆という実子がいたが、幼少であったため、秀吉の意向で佐竹氏より貞隆を養子に迎えることになり、政隆は伊達氏の家臣となった(岩谷堂伊達家)。ところが、後に貞隆・宣隆の系統が断絶した結果、伊達氏から急遽迎えることになった養子は政隆の直系の子孫である岩城隆恭であった。このため、親隆-常隆の系統が150年ぶりに岩城氏当主に返り咲くことになった(隆恭は岩谷堂伊達家の養子相続により三沢氏の血統であり、岩城氏との血縁上のつながりはない)。

このことが宗家である秋田藩との関係に亀裂を生むことになり、幕末には奥羽越列藩同盟に参加して官軍側に付いた秋田藩と対立するなど苦難の歴史を歩むことになった。

当主[編集]

※ 室町以前の系譜は判然としてはいないが、元々の惣領であった好島氏の系統が衰退し、庶流の白土氏の系統が当主になったと考えられている。

以降は亀田藩も参照

脚注[編集]

  1. ^ 『岩城家譜』

系図[編集]

城郭[編集]

関連氏族[編集]

支族[編集]

白土氏
駒木根氏
車氏
鯨岡氏

家臣[編集]

猪狩氏
大塚氏
上遠野氏
田中氏
船尾氏
富岡氏
竹貫氏
志賀氏
その他

近隣や遠隔の氏族[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]