標葉郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福島県標葉郡の範囲

標葉郡(しねはぐん、しめはぐん)は、福島県浜通り陸奥国磐城国)にあった

郡域[編集]

1878年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、双葉郡大熊町浪江町双葉町葛尾村にあたる。

歴史[編集]

古代
標葉氏による統治
  • 戦国時代前期までは、標葉郡は標葉氏の領土だったが、北隣の相馬氏に滅ぼされた。
相馬氏による統治
  • 戦国時代後期から明治維新までは、標葉郡は相馬氏の領土に入れられた。
  • 浜街道が「岩城相馬街道」と呼ばれたのは、この戦国時代後半である。そして、標葉郡(相馬氏の領土)と楢葉郡岩城氏の領土)の境が、夜ノ森である。戦国時代後半の標葉郡は、相馬氏が岩城氏と田村氏を牽制する為の前線地帯となっていた。
  • 江戸時代も、引き続き相馬氏が治める中村藩の領土となり、二宮尊徳の農政指導によって越中国(現在の富山県)から標葉郡に移住する人々が多く現れた。
  • 江戸時代になると、江戸以南の東海道と同じく、江戸以北の浜街道にも宿場町が整備された。
戊辰戦争と廃藩置県
戦後社会
  • 高度経済成長期になると、旧標葉郡も旧岩城領と同じように東京の電力供給源となった。これを象徴する出来事が、旧標葉郡の一角だった大熊に、東京電力福島第一原子力発電所が建設されたことである。
  • 平成以後の旧標葉郡では、旧岩城領と同じく、発電所を背景にした地域振興(大熊の「原子力もなか」など)や、話題作りによる地域振興(浪江の「DASH村」や「なみえ焼きそばなど)といった多様で独自性の濃い地域振興策が実施された。
福島第一原子力発電所事故
平成23年(2011年)3月11日の東日本大震災に誘発された福島第一原子力発電所事故により、旧標葉郡の歴史には終止符が打たれる。以後旧標葉郡は全域が警戒区域となり、住民は退去を強制されている。

近代以降の沿革[編集]

小野田村、井手村、室原村、幾世橋村、北幾世橋村、高瀬村、牛渡村、酒井村、谷津田村、苅宿村、酒田村、権現堂村、樋渡村、藤橋村、立野村、請戸村、舛倉村、棚塩村、末森村、大堀村、西台村、小丸村、川添村、加倉村、田尻村、熊川村、前田村、山田村、熊村、佐山村、上羽鳥村、新山村、下羽鳥村、渋川村、松倉村、目迫村、水沢村、郡山村、細谷村、小入野村、鴻草村、野上村、下野上村、長塚村、両竹村、中野村、中田村、寺沢村、松迫村、夫沢村、小良浜村、中浜村、大川原村、石熊村、野川村、上野川村、津島村(現・浪江町津島)、下津島村、赤宇木村、昼曽根村、落合村、羽付村、水境村、芹沢村

町村制以降の沿革[編集]

1. 浪江村 2. 熊町村 3. 大野村 4. 新山村 5. 長塚村 6. 請戸村 7. 幾世橋村 8. 大堀村 9. 苅野村 10. 津島村 11. 葛尾村(橙:大熊町 黄:双葉町 緑:浪江町 青:合併なし 21 - 29は楢葉郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(11村)
    • 浪江村 ← 権現堂村、川添村、牛渡村、樋渡村、高瀬村(現・浪江町)
    • 熊町村 ← 熊村、熊川村、夫沢村、小良浜村、小入野村(現・大熊町)
    • 大野村 ← 大川原村、野上村、下野上村(現・大熊町)
    • 新山村 ← 新山村、前田村、水沢村、目迫村、山田村、石熊村、郡山村、細谷村、松迫村(現・双葉町)
    • 長塚村 ← 長塚村、上羽鳥村、下羽鳥村、寺沢村、松倉村、鴻草村、渋川村、中田村(現・双葉町)
    • 請戸村 ← 請戸村(現・浪江町)、両竹村、中浜村(現・浪江町、双葉町)、中野村(現・双葉町)
    • 幾世橋村 ← 幾世橋村、北幾世橋村、棚塩村(現・浪江町)
    • 大堀村 ← 小野田村、大堀村、小丸村、田尻村、末森村、井手村、谷津田村、酒井村(現・浪江町)
    • 苅野村 ← 苅宿村、加倉村、室原村、立野村、酒田村、藤橋村、西台村(現・浪江町)
    • 津島村 ← 下津島村、津島村、羽付村、南津島村、赤宇木村、昼曽根村、行方郡川房村[大柿](現・浪江町)
    • 葛尾村 ← 上野川村、野川村、落合村、葛尾村(現存
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 標葉郡および楢葉郡の一部(川前村を除く)の区域をもって双葉郡が発足。同日標葉郡廃止。

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長

(楢葉標葉郡長は楢葉郡の項を参照)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
双葉郡