平繁盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平繁盛(たいら の しげもり、生没年未詳)は、平安時代中期の武将平国香の次男で母は『尊卑分脈』では家女房とされている。兄弟に貞盛兼任らがある。妻は斎部俊成の娘で、子に兼忠維幹維茂安忠らがある。常陸大掾に任じられたため、大掾繁盛とも呼ばれ、常陸平氏大掾氏の実質的な祖となった。

兄の貞盛らと共に平将門の乱を鎮圧し、武名を挙げた。しかし繁盛に対する恩賞は少なく、繁盛は大いに不満をもった。繁盛は乱後46年経った寛和2年(986年)になってから国家守護のために大般若経600巻の書写を比叡山延暦寺へ奉納して忠誠を示そうとしたが、これを武蔵国において仇敵であった平忠頼忠光らによって妨害された。繁盛は朝廷に訴え一度は追討を出されたが、まもなくその訴えも無効になってしまった。そのため太政官に対し上申書を提出し各国の国衙を経由して奉納するという条件でやっとのことで比叡山への奉納を完遂することができた。

参考文献[編集]

  • 講座日本歴史 (歴史学研究会・日本史研究会編、1985年、東京大学出版会)
  • 人物叢書 千葉常胤 (福田豊彦著、1973年、吉川弘文館)