平維将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
平維将
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明[注 1]
氏族 桓武平氏国香流
父母 父:平貞盛
兄弟 維叙[1]維将維敏維衡[2]
藤原雅正[3][4][注 2]
維時[5]
テンプレートを表示

平 維将(たいら の これまさ/これゆき[4])は、平安時代中期の武将

経歴[編集]

北条氏の遠祖に当たる人物。天延元年(973年)右衛門尉から左衛門尉に転じ、相模介となり、正暦5年(994年)盗賊捜索の功により翌年肥後守に任じた[4]。居宅は左京二条万里小路にあった[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』には天元4年(981年)卒とあるが誤りか。
  2. ^ 紫式部の父方の伯母。

出典[編集]

  1. ^ 藤原 1904, 平氏15頁.
  2. ^ 藤原 1904, 平氏22頁.
  3. ^ 上田ほか 2001, 1083頁.
  4. ^ a b c d 阿部 2009, 409頁.
  5. ^ 藤原 1904, 平氏16頁.

参考文献[編集]

  • 藤原公定 撰 『新編纂図本朝尊卑分脈系譜雑類要集 11』 吉川弘文館〈故実叢書 第3輯〉、1904年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991593 
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年。ISBN 4062108496 
  • 阿部猛 『日本古代人名辞典』 東京堂出版、2009年。ISBN 4490107617